毎月「ムビチケ」プレゼント企画実施中!

もしもビートルズを知っているのが自分だけだったら・・・?ビートルズの名曲が現代で旋風を巻き起こす!『イエスタデイ』

もしもビートルズの存在を、彼らの楽曲を、自分しか知らなかったら・・・?
そんな「もしも」の世界を描いた『イエスタデイ』が公開されました!

本作を知ったきっかけは、エド・シーラン。彼が映画に本人役として出演するということで、どのくらい出番があるのか、楽しみにしていました。

イエスタデイ



監督 ダニー・ボイル
脚本 リチャード・カーティス
出演者 ヒメーシュ・パテル
リリー・ジェームズ
ジョエル・フライ
ケイト・マッキノン
エド・シーラン
ラモーネ・モリス
ジェームズ・コーデン
ロバート・カーライル
公開 2019年
製作国 イギリス

あらすじ

売れないシンガーソングライターのジャックが音楽で有名になるという夢をあきらめた日、12秒間、世界規模で謎の大停電が発生─。
真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目を覚ますと…

あのビートルズが世の中に存在していない!
世界中で彼らを知っているのはジャックひとりだけ!?

ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況、SNSで大反響、マスコミも大注目!
すると、その曲に魅了された超人気ミュージシャン、エド・シーランが突然やって来て、彼のツアーのオープニングアクトを任されることに。
エドも嫉妬するほどのパフォーマンスを披露すると、ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。
思いがけず夢を叶えたかに見えたジャックだったが─。(公式サイトより)

『トレイン・スポッティング』、『28日後…』、『スラムドッグ$ミリオネア』などを手がけてきた、ダニー・ボイル最新作。
主役には、新星のヒメーシュ・パテルを迎え、リリー・ジェームズ、エド・シーラン、ケイト・マッキノンとフレッシュかつ個性的なメンバーが出演。

とてもやさしい世界だった

やさしい世界だな〜
そんな感想が最初に出てくる場合、私的にはやや刺激が足りない(笑)
でもたまにはいいですよね。ずっとジェットコースターみたいな映画ばかり観ていると疲れますからね。ハートフルで心温まる映画です。そんでもって、ビートルズの曲ってやっぱいいな!

設定はおもしろい。日本人的に言えばもしもボックスのような感じですよね。自分からビートルズを消したわけじゃないけど。
ただ、ふくらましすぎてて気になるところが多かったのもありますね

さて、密かに楽しみにしていたエド・シーラン。意外と出番あるじゃん!というか、めっちゃメインキャストじゃん!
ほんとちょい役で出るんじゃないかと思っていたけど、物語を回す重要な役柄を演じていました。ちょっとしぼったのかな?(笑)

ハッピーエンドでハートフルなお話

ストーリーは、大きな波風も立たず、終始安心して観られます。それがいいという人もいれば、物足りないという人もいんだろうな〜
私は物足りなさがありましたが、まあこれはこれで、コアな映画ファンだけじゃなく、ライトな映画ファンも楽しめていいかなと思います

主人公は歌手を夢見るジャック。
ある日ビートルズの歌を誰も知らない(覚えていない)ということを知り、もしかしたら自分はすごい歌手になれるのかもしれないと、ビートルズの曲を自分の曲と偽って発信していきます。

思わぬチャンスに恵まれたジャックは、ビートルズの曲の力によって、あれよあれよという間にトップシンガーに躍り出ます。ついにはエド・シーランから連絡がくるまでに!
しかしジャックはだんだんと罪悪感に苛まれていきます。友達以上恋人未満のエリーとも微妙な関係に・・・

ジャックが葛藤と罪悪感でつらくなっていく描写が印象的でした。曲のコンセプトを聞かれてもうまく答えられないわけですよ。そりゃそうだ、曲を作ったのはビートルズですから。曲に対する思いを語れるのはビートルズのみ。
この辺りの描写はよかったですね。いいものでも悪いものでも、人のものを自分のものだ、と言うことには、それなりのリスクがあるわけです。というか普通はダメだよ!
ジャックは人がよくてそこまで成り上がり精神がないし、愛すべきアホって感じのキャラクターだったから、なんとなく怒れないというか許したくなるというかね。

リサ

もし、もっと野心のある人が主人公だったら、また別のお話になったろうな。私が好きな波乱万丈ものになったかも(笑)

さて、ジャックの気持ちをよそに、周囲はどんどんジャックを神格化していきます。そんな折、ついにビートルズを知っている2人組と出会うことに!
ここからどんなどんでん返しの展開が待っているのか・・・と思っていたら、なんと2人からは「彼ら(ビートルズ)の歌をこの世に残してくれてありがとう。」と。ま、まじ!?
ジャックの転落を予想していたので、思わぬ言葉にジャックと同じ顔をしてしまいました。なるほど、そういう考え方もあったか・・・

私的には一気に気が抜けたといいますか、若干萎えてしまったのですが(なんて心の擦れたやつ!(笑))、ジャックとしては、この人たちの言葉によって心が救われたわけです。
「消えてなくなってしまったビートルズの歌を、この世に残す」という新しい、正しい目的のために、ジャックは世界中の人にすべてを話し、自分が歌ってきた歌を無料提供することを決めます。
その後ジャックは歌手ではなく、ビートルズの曲を人々に伝える「伝道師」となったのでした。ハッピーエンド。ラストは、絶対『オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ』が流れると思ってましたよ!

ただ、個人的にはクライマックスのジャックの行動だけはいただけなかったな〜
あんなんずるいよな、そもそもジャックがうじうじしていたせいで、エリーは離れていって、彼女はふっきって新しい道を進んでいくことを決めたのに、それをあとになってやっぱり君がいないとダメ!って・・・
男ってそういうもんですかね、エリーもいいんですかね、それで。まあ10年も待ってたからいいのか・・・
当て馬の男のが気の毒だったな。まあそのあとすぐに別の女の子といい感じになってたけど(笑)

リサ

あの人の登場は嬉しいサプライズでしたね!なるほどね、確かにああいう展開はあり得ますね。ファンではありませんが、じーんときてしまいました。

些細な問題なんだけど、どうしても気になる・・・

終始いいお話〜ですが、どうしてもこれだけは突っ込みたい。設定をふくらませるだけふくらませてそのままってどういうこと??
本作の世界では、世界規模の停電が発生したあと、なぜかビートルズの存在がこの世からなくなってしまうのですが、実は、なくなってしまったものはビートルズだけではなかったのです。
どうやら、オアシズなど、ビートルズの系統を受けて生まれたアーティストはみなその存在が消えてしまっているよう。さらに、タバコやコーラといった嗜好品や飲料、『ハリー・ポッターシリーズ』も消えてしまっているんです。

ファンタジーですから、なぜそんなことになったのかは解明されなくても許せるんですよ。ゾンビ映画だって、パンデミックが起きた原因がわからないことも多いし。
ただ、タバコがなくなったことやコーラがなくなったことは、結構ヤバいんじゃないのか?それに気づけない人ってそんなに少ないのかな?
ビートルズのことを覚えていた人が他にもいるわけだから、タバコやコーラのことを覚えている人もいるんじゃないのかな?この世から消えたものに対して、あまり騒ぎになっていなくて不思議。

今まであったものの存在が消えたことに話をフォーカスしないのであれば、わざわざビートルズ以外の人や物が消えたって話をする必要はなかったいんじゃないのかな?
ちょっとしたコミカルなシーンの演出にはすごくよかったけど(コーラがなくて諦めてペプシを飲むとか)、私としてはそれがなくなったのは結構でかいんじゃないの!?と気になってしまいました(笑)

リサ

まあタバコがなくなったおかげで、ジャックの付き人となるロッキーはまともになれたのかもしれない・・・

ちなみに、個人的に楽しみにしていたエド・シーランですが、意外としっかりと出番があっておもしろかった〜!
表情は全く動きがなかったけど(笑)、演技も頑張ってましたね。相手に対して嫉妬している表情とかかわいかった。
エドは自身のライブシーンがあるのですが、そのときが一番生き生きしていた気がしますね

リサ

本人の携帯の着信音が『Shape of you』だったのには笑ってしまった(笑)絶対違うだろう(笑)

ビートルズの曲はビートルズが歌うからいいんだなあ・・・

設定の通り、劇中はビートルズの楽曲が次々に登場。『YESTERDAY』はもちろん、『I Want To Hold Your Hand』、『バック・イン・ザ・U.S.S.R.』も『Hey Jude』、『ア・ハード・デイズ・ナイト』など、有名な曲ばかり。普段ビートルズを聞かない人でも、あ、これ知ってる、と楽しめるのではないでしょうか。
あらためて聞くと、どれもいいな〜

そんな名曲を数々を歌うのは、ジャック役のヒメーシュ・パテル。正直めちゃくちゃ歌がうまいわけじゃないんだけど、素朴な歌声がかえってシンプルに曲の良さを引き立てていましたね。上手すぎず下手すぎないのが、まさに売れないシンガーを何年もやり続けている歌手の歌声で、すごくよかった。ナイスキャスティング。

ヒメーシュ・パテルがビートルズの楽曲を歌っているのを聞いて、やっぱりビートルズの曲はビートルズが歌って演奏しているのが一番だなと思いつつも、ふと気になったのですが、ビートルズの楽曲が果たして今の時代にはじめて登場したところで、世間の反応ってもっとものすごい衝撃を受けたような反応をするのではないのでしょうか

音楽史さっぱりなので疑問に思ったことだけをつらつらと書きますが、ビートルズってそれまでの音楽業界の常識を打ち破ったような存在なんですよね?日本の音楽シーンででいうとサザンみたいな?そんなビートルズが、彼らの音楽が、そこだけスポっと抜けてしまうって、どうしても少し辻褄が合わないんですよね〜
ビートルズがいないと思うと、エド・シーランの存在なんかはもっと神様のように崇め奉られてもいいような気がしますし。(それは劇中の本人の、「いつか僕を追い越す人が現れると思ったけど・・・」というセリフで消化しているのであれば納得できますが。)

ファンタジーといってしまえはそれまでですが、少し突っ走りすぎというか、想像力が足りない感じがモヤッとする・・・
エド・シーランがするどく「これ、本当は君が作っている曲じゃないんじゃないの?」とかつっこんでくれたらおもしろかったかも(笑)

リサ

なんにせよ、しばらくは作業BGMがビートルズになりそうです。

総評

評価

ストーリー
(3.0)
キャラクター
(3.0)
キャスト
(4.0)
演出
(3.0)
映像・音響
(3.0)
総合評価
(3.0)

良かった点

  • ビートルズの曲のよさをあらためて実感
  • エド・シーランの頑張り

悪かった点

  • 設定を膨らませすぎ
  • やさしい世界すぎ?

まとめ

ほっこりと心が温まるいい映画ですが、私としてはもうすこし刺激があった方がおもしろかったかな。これは好みのような気もしますが・・・
設定がいろいろと膨らみすぎていて、拾い切れていないものもあったので、そこは残念。元の世界に戻らなくてもいいけど、コーラは戻してあげて欲しかったですね!(笑)
そういや序盤の世界規模の停電が起こるシーンで、日本のお天気予報の映像が映るシーンがあったのですが、あれはなんだったんだろう。ダニー・ボイルが日本に来たときにテレビで観たとかそんなんで影響を受けたのかな。

一番印象に残っている「彼ら(ビートルズ)の曲をこの世に残してくれてありがとう」というセリフを聞いた瞬間、自分がいかに心の擦れた人間か知ることができました。
これからジャックの転落人生が始まるか!?どうやって終わるんだ!?とニヤニヤしていた自分を恥じたいです(笑)
コアなビートルズファンは、設定の時点で拒絶反応が出てしまいますかね。でも後半で嬉しいサプライズが待っているのでぜひ観ていただきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です