毎月「ムビチケ」プレゼント企画実施中!

心がどんどんポカポカしてくる。オギーと家族、クラスメイトたちの成長物語『ワンダー 君は太陽』

世界中で大絶賛された『ワンダー 君は太陽』が、いよいよ日本でも公開されました!
感動系のようなので、タオル必須ですね。すぐ泣いちゃうんですよ〜(笑)
ちょっと心あわられてこようと思います。

しかも、主役の男の子を演じるのはあの『ルーム ROOM』で天才的な演技をみせてくれた、ジェイコブ・トレンブレイくんだと知り、注目度マシマシで待機していました。

ワンダー 君は太陽(wonder)

監督 スティーブン・チョボスキー
脚本 ジャック・ソーン
スティーヴン・コンラッド
出演者 ジュリア・ロバーツ
オーウェン・ウィルソン
ジェイコブ・トレンブレイ
マンディ・パティンキン
ノア・ジュプ
ブライス・カイザー
公開 2017年
製作国 アメリカ合衆国

あらすじ

10歳のオギー・プルマン(ジェイコブ・トレンブレイ)は、普通の子には見えない。
遺伝子の疾患で、人とは違う顔で生まれてきたのだ。
27回もの手術を受けたせいで、一度も学校へ通わずに自宅学習を続けてきたオギーだが、母親のイザベル(ジュリア・ロバーツ)は夫のネート(オーウェン・ウィルソン)の「まだ早い」という反対を押し切って、オギーを5年生の初日から学校に行かせようと決意する。

夏休みの間に、オギーはイザベルに連れられて、校長先生に会いに行く。
先生の名前はトゥシュマン(マンディ・パティンキン)、「おケツ校長だ」と自己紹介されて、少し緊張がほぐれるオギー。
だが、「生徒が学校を案内するよ」と言われたオギーは動揺する。

紹介されたのは、ジャック・ウィル(ノア・ジュプ)、ジュリアン(ブライス・カイザー)、シャーロット(エル・マッキノン)の3人。
いかにもお金持ちの子のジュリアンはオギーに、「その顔は?」と聞いてきた。
オギーは毅然とした態度をとるが、帰宅してからは元気がなかった。
だが、イヤならやめてもいいと言いかけるイザベルに、「大丈夫、僕は行きたい」と答えるのだった。(公式サイトより)

2013年に刊行された小説、『ワンダー』を実写化。
著者はR・J・パラシオという新人作家。
『ワンダー』は発売後瞬く間に世界中で話題になり、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリスト1位の快挙を成し遂げています。

監督は『ウォールフラワー』『RENT/レント』などのスティーヴン・チョボスキー
主演には『ルーム ROOM』で話題になったジェイコブ・トレンブレイ
共演にジュリア・ロバーツオーウェン・ウィルソンが名を連ねています。

心がポッカポカする・・・

ああ心がジャブジャブ洗われていく・・・
素敵なお話でしたね。

感動系のハートフルな作品ですが、思わず涙が出てしまう感動というよりは、心が温かくなる感動の方が多かったかも。
悲しい気持ちよりも、前向きな気持ちにさせられるシーンが多く、露骨なお涙頂戴も感じなかったのがよかったです。
観終わった後もニコニコしながら劇場を出ました。元気をもらえる作品ですね。

にも

笑えるシーンも結構多かったな。

また、オギーだけのお話じゃないのもおもしろかったですね。
オギーを中心に、オギーの家族、オギーが通う学校の子どもたち、それぞれの人生が描かれているので、彼らの気持ちにも共感しながら作品を楽しめました。

オギーを中心に、家族と友人たちの姿を描く

オギーは運動も勉強もごく普通の子どもと変わらないけど、遺伝子の問題で顔の形が変わってしまった男の子
そんなオギーが、新しい学年になったタイミングで学校に通うことになります。
他の子どもたちと学校生活をする中で、オギーはいじめや差別を受けるも、周囲の支えと自身の勇気と持ち前の性格が、徐々に環境を変えていきます

中身が魅力的なら、見た目なんてどうでもよくなる、この作品にはそんなメッセージが込められていました。
オギーの親友になるクラスメイトのジャック・ウィルが「見た目は慣れる」と言っていたセリフに、確かにその通りだなあと心に残りました。

逆に考えれば、見た目に問題があるなら、中身を磨け、ということなんですよね。
オギーのいいところって、自分の現状をきちんと理解していて、それでも前向きに生きている姿ではないでしょうか。

卑屈にならないし、辛い気持ちになって心が乱れてもきちんとそれを乗り越えるし、学校生活そのものは楽しんでいるし、自分の考えも持っている。
オギーのそんなプラスな部分に、そのうちクラスメイトたちは気づき、惹かれていくわけです。

にも

観ている私もオギーの素直で一生懸命な姿にどんどん惹かれていきました。

そしてそんなオギーを支える家族の努力はきっと計り知れないものだったでしょう。
本作では描かれていませんが、オリヴィアの話から両親は人一倍オギーに手をかけていたんだろうなあと感じます。
オギーの性格をみていると、いかに家族が正しい接し方・育て方をしていたのかわかりますよね

オギーの強さだけでなく、周囲の人々の強く正しい心にもグッときました。
現実はあそこまでうまくいくかわかりませんが、劇中のような優しい世界でありたいですね。

子どもの青春っていいよね

家族の支え方も勉強になります。
オギーを学校に通わせるタイミングなんか、まさに正しい選択でしたね。

子どもって正直な反応をするので攻撃的な態度が目立つこともありますが、一方で適応能力が高いので慣れるというメリットもありますよね。
それこそ中学に上がるタイミングで学校へ通い始めようとすると、また違った反応をされてしまうだろうし、それこそ大人になってから社会に出ようってなるとかなり厳しい現実が待っているでしょうしね。

にも

今までもどうやってオギーを育ててきたのかな?と気になったので、過去の話も知りたいですね。

本作では、オギーの物語だけでなく、オギーの家族や学校のクラスメイトの物語も展開されます
オギーのクラスメイトジャック・ウィル、オギーの姉オリヴィア、オリヴィアの親友ミランダの三人。

やっぱりジャック・ウィルのお話がよかったな〜!
彼は、最初は親に頼まれてオギーの面倒をみるのですが、オギーの賢くて面白いキャラクターにどんどん惹かれていきます。
いつの間にかオギーのことが大好きになるけれど、ちょっとした一言でオギーと仲違いしてしまいます

子どもは正直だし、その時の気分で流されることもよくありますからね。
最初はジャックまじかよ・・・とがっかりしていましたが、そのあとの彼のとった行動がかっこよかったな〜

ジャックは自分のしてしまったことを反省して、オギーと仲直りしようとします。
それがジュリアンは気に食わなくて、ジュリアンはオギーの悪口をジャックにいうんですね。
すると、ジャックは我慢できずジュリアンを殴ってしまうんです

そのまま二人はもみくちゃになって殴り合いの喧嘩となった結果、ジャックは自宅謹慎に。
ジャックは校長先生に反省の手紙を送るのですが、その内容がまたいいんですよ・・・
「退学になっても構いません。でもどうしても理由は言いたくありません。」

にも

かっこいいじゃん・・・

そしてオギーとも無事仲直り。
二人はまた友達になるのです。

この物語はオギーの成長だけでなく、オギーの周りの人間たちも成長していくのがいいんですよね。
オギーの姉のオリヴィアは、両親がオギーに構いっきりなのを気にしていたけど、長女だからか我慢しようとしている。
そんなオリヴィアが演劇と出会って、恋人と出会って、少しずつ変わっていく。
オリヴィアの友達のミランダは、ちょっとした嘘でオリヴィアとすれ違ってしまう。

それぞれにこんがらがった糸が少しずつほどけていって、最後にはオギーにつながっていく、そのストーリーの流れが心地よい気持ちにさせてくれました。

せっかくならジュリアンのサイドストーリーもみたかったな〜
最後は反省していたし、笑顔でオギーを祝福していたし、校長先生に叱られたあたりで心変わりしたんだと思うんだけど、その辺の話も掘り下げて欲しかったな。
それにしてもジュリアンの親が典型的なモンペでびっくり(笑)
モンペのイメージって世界共通なのかな。

ジュリアンが退場してからの野外学習のシーンも良かったですね!
ちょっと『スタンド・バイ・ミー』みたいな感じでグッときました。

天才揃いの子役たち

母親役のジュリア・ロバーツと父親役のオーウェン・ウィルソン以外は、ほとんど子役。
その子役たちがみんないい演技するんですわ〜!

にも

あんなに有能な子役がそろっちゃって、将来が楽しみだな〜

ジェイコブ・トレンブレイは、『ルーム ROOM』での演技力の高さに度肝を抜かされたのですが、またしても高い演技力で私の心を鷲掴みにしてくれました。

素直でむじゃきな子どもを「自然に」演じられる役者は彼以上の子役って今のところいないような気がしますね。
そうそうそうジェイコブくんは自然なんですよね。
やり過ぎる感じもなく、喜怒哀楽の感情の起伏を自然に演じているからこそ、観ている側がすんなり物語に入れる
どうやってあの演技力を身につけたのだろうか。今後も楽しみですね。

クラスメイト役の子たちもみんなかわいいし演技が上手だし、びっくりです。
ジャック・ウィル役のノア・ジュプくんの校長先生への手紙を読むシーンの話し方がすごくよかったな〜

ジュリアン役のブライス・ガイザーくんも、外面はいいけど嫌〜なヤツを完璧に演じてたし、サマー役のミリー・デイビスちゃんもかわいいし・・・

子役はみんなかわいいなあ!!!
あとすごく見た目と役がぴったり合っていて驚きました
キャスティングする時点でスタッフ側が見た目も考慮して選んでいるのかな。
それとも子役の子たちが合わせにいってるのかな?
なんにせよキャラクターと子役のシンクロ率が高くて感心しました。

女の子たちもかわいかったな〜
イザベラ・ヴィドヴィッチは最初地味な感じの女の子だったのに、最後の舞台でびっくりするくらい美人になって!
ああいうのずるいでしょ!普段も可愛いけど、綺麗にメイクしたらめちゃかわいいじゃん!
ダニエル・ローズ・ラッセルは、逆にメイク落としたときがめちゃくちゃかわいくて、今すぐ派手なメイクをやめるべきだと思いました。

見た目の話になっちゃったけど・・・ほんとその人にあったメイクをするって大事ですわ・・・

にも

かわいかったしか言ってないな私・・・でも本当にみんなかわいかったんですよ〜

アメリカの学校風景も楽しめます

色々な映画でアメリカの学校風景は描かれますが、本作でも学校で過ごすシーンが多く描かれています。
日本人としては、こんな風に過ごしているんだ、小学校ってこういう感じなんだ、とアメリカの学校を体験できて楽しかったです

アメリカの小学校は小さい頃から大学みたいなスタイルなんですね。
移動教室したり、好きな席に座ったり、食堂でご飯を食べたり。

にも

ロッカーに貼り紙されたり、廊下で喧嘩したりってのも、アメリカのドラマとかでよくみかけますね(笑)

放課後もスクールバスがきたり、両親が送り迎えしていたり、土地の広いアメリカならではですね。

オギーが学校に通い始めてから一年間を描いているので、アメリカの家庭の一年の過ごし方もちらほらみれて面白かったです
特にハロウィーンなんかは大々的にイベントやっていて楽しそうでしたね〜
日本のコスプレ大会とは大違いだったな!(笑)

総評

評価

ストーリー
(4.0)
キャラクター
(5.0)
キャスト
(5.0)
演出
(5.0)
映像・音響
(4.0)
総合評価
(4.5)

良かった点

  • 明るいストーリー
  • 子役の演技

テンポよく進むストーリーは心地よく、前向きな気持ちになれます。
子役はみんなビッグになれよ・・・

悪かった点

  • ジュリアンのこともクローズアップして欲しかった

オギー以外の子どもたちのお話も描くなら、いじめる側のジュリアンの気持ちや考えも知りたかったですね。

まとめ

観るだけで元気と前向きな気持ちをもらえる素敵な映画。

オギーだけでなくほかの子どもたちの物語も描かれているので、いろいろな視点からオギーたちの成長物語が楽しめます。
ちょっとしたオムニバス形式でストーリー展開されますが、話がこんがらがることもないし、テンポもいいし、うまく作られていました。

月並みな表現ですが、観終わった後は心がぽかぽかするんですよ。心がゆるっとして、気持ちが前向きになります。
ぜひみなさんも、オギーたちからパワーをもらってほしいですね。

ワンダー Wonder
ワンダー Wonder

posted with amazlet at 18.06.20
R・J・パラシオ
ほるぷ出版
売り上げランキング: 150

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です