毎月「ムビチケ」プレゼント企画実施中!

ゲイリー・オールドマンの役作りに圧倒される!波乱に満ちた時代を生きたイギリスの政治家の物語『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

主演のゲイリー・オールドマン、そして特殊メイクの辻一弘がアカデミー賞を受賞したことでも注目された『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
ぜひともゲイリーの演技と辻さんの技術をみてみたいと、日本公開を楽しみにしていました。

さらに時代背景がちょうど2017年公開の『ダンケルク』と同じというのも興味を引きました。

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(Darkest Hour)

監督 ジョー・ライト
脚本 アンソニー・マクカーテン
出演者 ゲイリー・オールドマン
ベン・メンデルソーン
クリスティン・スコット・トーマス
リリー・ジェームズ
スティーヴン・ディレイン
ロナルド・ピックアップ
公開 2017年
製作国 イギリス

あらすじ

1940年5月、第二次世界大戦初期。
ヒトラー率いるナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。
内閣不信任決議が出されたチェンバレン首相の後任として、外相のハリファックスが最適任者だという声があがるが、本人はこれを固辞。
そこで、国民からの人気は高いが、たび重なる失策から政党内の “嫌われ者”であったウィンストン・チャーチルに白羽の矢が立つ。

朝から酒をたしなむ変わり者の夫を叱咤激励する妻クレメンティーンや、気難しくもウィットとユーモアに富んだチャーチルの言葉をタイピングする秘書エリザベスのサポートを受けながら、国難に陥ったイギリスの新首相に就任したチャーチルは、ドイツとの和平交渉をすすめるチェンバレンとハリファックスらに陰口を叩かれながらも、「決して屈しない」と徹底抗戦を誓う。

そんななか、ドイツ軍に追い込まれた英国軍は、フランス・ダンケルクの海岸まで撤退し孤立状態となっていた。30万人もの兵士が包囲され、救出するすべがない。
ならば彼ら兵士を救うべく船をダンケルクへ向かわせるのだ、大型船はもちろん、ボートや小型船など民間の船もすべて召集して。
こうしてダイナモ作戦が実行された。

日に日にナチス・ドイツの勢いは増す一方で、英国にも上陸の危機が迫る。
ヒトラーに屈するのか、それとも戦うのか。
ヨーロッパのみならず世界の運命がチャーチルの手に委ねられた。
日々悩み、葛藤するチャーチル。そんな彼の姿に、就任当初はチャーチルに対して懐疑的だった英国王ジョージ6世も心を開き、二人は絆を育む。
そしてついに、チャーチルは歴史的決断を下す。(公式サイトより)

2017年に公開された本作は、第二次世界大戦の末期にイギリスの首相として選ばれ、イギリスを勝利へと導いたウィンストン・チャーチルの半生を描いた実録歴史ドラマ。

監督には『プライドと偏見』『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』などのジョー・ライト
主演には『レオン』『裏切りのサーカス』など長らくハリウッドで活躍し続けるゲイリー・オールドマンが務めました。

本作は第90回アカデミー賞において、主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)メイクアップ&ヘアスタイリング賞(辻一弘)の2部門を受賞しています。

チャーチルのカリスマ性に惹かれる

社会科の教科書でサラっとみたくらいの認知度だったチャーチル。
なんでイギリス人に人気なのか、その理由が少しわかったような気がします。

クライマックスで「彼は言葉を武器にして戦地に出た」と、ハリファックスが言っていましたが、まさにその通り、チャーチルは言葉を武器に変えることができる才能のある人。
彼のキャラクターと演説力から生まれるカリスマ性には、たった2時間みた私でも引き込まれました。

クセのある役を見事に演じきったゲイリー・オールドマンにも惜しみない拍手を送りたいです。
いつもクセのある役をなんなくこなすゲイリーですが、本作もチャーチルになりきっていましたね
そして、ゲイリーのチャーチルを作り出した辻さんの技術にも感動
どこからどこまでが特殊メイクなのかわからないですよ、本当に。
2人の受賞にも納得のクオリティでした。

リサ

ゲイリー、辻さん、おめでとうございます!!

首相として選出されたチャーチルの苦悩の日々をたどる

チャーチルについて調べてみると、彼の人生はとても2時間では描ききれないほど波乱に満ちた濃密な人生を歩んでいるんですよね。
そんなわけで本作では、チャーチルが首相に選ばれれから直後、ダンケルクの撤退を成功させ、首相としての頭角を現していくまでが描かれます。

第二次世界大戦、ナチスの勢いは衰えず、イギリスをはじめとしたヨーロッパは危機的状況にある中、白羽の矢が立ったのがチャーチルでした。
チャーチルは政党内では嫌われていたけれども、彼の持つカリスマ性から国民には人気の人物
どんな状況になったとしても、勝利するまで決して屈さない、そんな激しい闘志をもったチャーチルに、党内では反対の声もありました。

状況はどんどん悪化し、チャーチルもいよいよ追い込まれるのですが、当時のイギリス国王であるジョージ6世とのやりとりや、国民の声を聞くことによって、チャーチルはイギリスの危機的な状況に対して一つの答えを出します。

歴史ドラマなので、やはりある程度の歴史背景は把握しておいた方が作品を楽しめますね
といっても第二次世界大戦の話だし、他の歴史映画よりは日本人の我々もわかりやすかったのではないでしょうか。

私も、もともと第二次世界大戦下の歴史は興味があり多少勉強していたのと、昨年2017年に公開された『ダンケルク』、2011年公開の『英国王のスピーチ』を鑑賞していたおかげで、ストーリーはわりとすんなり飲み込めました。

特に『ダンケルク』を観ていたのは、本作の理解を深めるのに助かったな〜
チャーチルはダンケルクで決行された奇跡の撤退「ダイナモ作戦」に関わっていて、指揮をとっています。
『ダンケルク』で、現場がどんな状況だったのか、どのように兵士が撤退したのかを知ることができ、本作ではイギリス本側ではどのような状況だったのかを知ることができました。

リサ

『ダンケルク』もよくできた作品なので、観たことない方はぜひ!

ダンケルクの作戦をなんとしても成功させたいチャーチルと、これ以上の被害を出したくない保守党のハリファックス卿チェンバレンとの火花散る攻防戦も見所。

チャーチルの長い人生のほんの一部を切り取り、その部分だけをていねいに描いているおかげで最後まで疲れることなく、夢中になって見入ってしまいました。
見入ったのはゲイリー・オールドマンの演技のおかげでもあるかな?

歴史ドラマがダラダラと展開されるのではなく、チャーチルという人間に迫るドラマ部分がよくできているので、歴史映画苦手だなと感じる方でも楽しめるのではないでしょうか

ただ後半の国民の声を直接聞きにいくってのは、映画とはいえちょっとドラマティックすぎるかなって思っちゃいました(笑)
チャーチルは茶目っ気で気さくなところがあるようですが、ああいうこと本当にしていたのかな?

リサ

鑑賞後にチャーチルのことを調べてみたら、あまりにも資料が多すぎてびっくりしました・・・

決して諦めない、不屈の心を持つ男

もちろん本作ではチャーチルの人生を追うだけでなく、彼の人間性や考え方、彼の周りにいる人々などの人間ドラマの部分にもフォーカスを当て、ていねいに描いています。

酒と葉巻が大好きで、いつも尊大で強気な態度が印象的なチャーチル。
首相に選ばれたものの、彼は過去の政策の失敗により、政党からは嫌われものの存在でした。
それでも周りの意見に流されない、他人の顔色を伺わず我が道をゆくチャーチルには感心しますね。
閣僚会議でがんがんチャーチルを非難するハリファックス卿にも、毎回負けじと噛み付く彼の強さにその度に圧倒されました。

リサ

私もチャーチルくらいメンタル強くなりたいぞ!

そんなチャーチルも、さすがにダンケルクでの危機的状況には耐えられず、苦悩する一面もみれます。
徐々にろれつが回らなくなっていったり、ぶつぶつつぶやいたり、疲れているのが目にみえてわかるんですよね。
それまで強さの一面だけをみせていたチャーチルが弱っていく姿には、思わずこちらも動揺してしまいました

秘書のエリザベスのお兄さんの話を聞いて、彼女の顔をみつめているときの素のような表情がまたつらさを掻き立てられるんですよ。
この人死んじゃうんじゃないの・・・と心配に思い始めたところで、ようやくジョージ6世が彼に心を開き(!)、ジョージ6世のアドバイスでチャーチルは実際に現場に行って国民の声を聞きにいきます。

地下鉄に一回しか乗ったことのなかったチャーチルがまた地下鉄に乗るわけです。
このさりげない伏線回収もよかったですね。
国民の声を聞いたことで、チャーチルは不屈の精神を思い出します。

そこからのクライマックスですよ!
「ネバー!サレンダー!」
やっぱりあの演説シーンは最高にボルテージが上がりましたね!
ゲイリーの演技も素晴らしいですし、まさに言葉の魔術師であるチャーチルの本領発揮というシーンでしたね。

リサ

ちょっとお茶目なところがあるチャーチルも印象的でした。「Vサイン」の下りなんかかわいく思えちゃいました(笑)

ゲイリー・オールドマンがゲイリー・オールドマンじゃない

チャーチルを演じたゲイリー・オールドマン、素晴らしかった!さすがでした。
画面の中にいたのはチャーチルそのもので、もはやゲイリーはどこにもいませんでした

立ち姿や歩き方、喋り方など、チャーチルを演じるにあたってのゲイリーの作り込みが素晴らしかったです。
特に喋り方の役作りがすごい!
チャーチル本人がどんな風な話し方なのかよく知らないのですが、普段のゲイリーの話し方を思うとあまりにも違いすぎて相当役作りしたんだろうな〜と感心してしまいました。

チャーチルが内面をみせるシーンは、表情にゲイリーだなと思うことがあるのですが、普段の姿はどこからどうみてもチャーチルそのものでした。
クライマックスの演説は一瞬たりとも目が離せません
本当にあの演説はいいシーンだったなあ。
私は国会での演説の前に、大臣たちにした演説も結構気に入ってます。

受賞も納得の特殊メイク

さてやはり本作で忘れてはいけないのが、チャーチルを作り出した「特殊メイク」
ひょろっとしたゲイリーを、どこからどうみてもチャーチルにさせたのが、メイクアップアーティストの辻一弘さんでした。
辻さんは『メン・イン・ブラック』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』、そして同じ2017年に公開した『シェイプ・オブ・ウォーター』などの特殊メイクの制作に携わっています。

リサ

こうして日本人の方が海外で評価されるのって嬉しいですね!ゲイリーが直接辻さんに交渉して今回の制作が実現したんだとか。

本当に細かい部分までよくできていて、どこからどこまでが特殊メイクなのかわからないんですよ。
皮膚の質感やシワもリアルで、作った感がゼロ
最初のうちは特殊メイクというのがすごく頭にあったのですが、そのうち全く気にならなくなってしまいました。

特殊メイクだけでなく、衣装や舞台セットもこだわりがあって素敵
チャーチルの着ていたスーツは、実際に本人がオーダーしていたお店で作ったものなんだそうですよ。
やっぱりイギリスってスーツがオシャレなんだよな〜
エリザベスが着ていたワンピースもかわいかったな。

時々演出される流れるようなカメラワークも印象的でした。
序盤のシーンで、チャーチルを追いかけてきた秘書たちに「出てけ!」とチャーチルが怒鳴ったら、リズミカルに彼らが扉を閉めていくシーンが地味にお気に入りです(笑)

総評

評価

ストーリー
(4.0)
キャラクター
(3.0)
キャスト
(5.0)
演出
(3.5)
映像・音響
(3.5)
総合評価
(4.0)

良かった点

  • ゲイリー・オールドマンの演技
  • 演説シーン

2時間、ゲイリー・オールドマンの演技に引き込まれます。

悪かった点

  • ややドラマチック

感動的だけど、史実ものとしてはドラマチックな演出が多買ったのが気になりました。

まとめ

チャーチルの波乱万丈な人生の一部をうまく2時間分切り取り、そこに彼と彼を取り巻く人々の姿を盛り込んだ、歴史ドラマと人間ドラマのバランスがちょうどよくとれている作品でした。

そして、チャーチルに取り憑かれたかのようなゲイリー・オールドマンの熱演も素晴らしかったです。
彼の役作りへの情熱をぜひみなさんも感じてください。

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2018-10-11)
売り上げランキング: 299

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です