毎月「ムビチケ」プレゼント企画実施中!

エロス溢れるスパイ映画!ジェニファー・ローレンスの体当たり演技に夢中になる!『レッド・スパロー』

スパイ映画好きとしては外せない、『レッド・スパロー』を観てきました!
失礼ながら昔はあんまりジェニファー・ローレンス好きじゃなかったんですが(しかも特に理由はない)、最近やっぱり彼女の演技ってすごいなと思うようになり、なるべく出演作はチェックするようになりました。

今作もジェニファーの体当たり演技が堪能できそうな作品なので、楽しみにしてました。

レッド・スパロー(Red Sparrow)

監督 フランシス・ローレンス
脚本 ジャスティン・ヘイス
出演者 ジェニファー・ローレンス
ジョエル・エドガートン
マティアス・スーナールツ
シャーロット・ランプリング
メアリー=ルイーズ・パーカー
ジェレミー・アイアンズ
公開 2018年
製作国 アメリカ合衆国

あらすじ

ステージでの大ケガによって、ボリショイ・バレエ団での地位を失ったドミニカ・エゴロワ。
そんな彼女に手を差し伸べたのは、ロシア情報庁の幹部である叔父のワーニャだった。
病気の母親の治療費を工面するため、ドミニカはワーニャの指示で、スパイ=〈スパロー〉の養成学校へ送られる。
標的を誘惑し、心理操作するテクニックを学んだドミニカは、その才能を買われ、ロシア情報庁の上層部に潜む、アメリカとの内通者を探り出す任務を任されることになった。

モスクワからブダペストへ動いたCIA捜査官、ネイト・ナッシュに接触したドミニカは、彼から内通者の正体を聞き出そうとする。
ハニートラップでネイトの心をとかしていくドミニカ。
しかし二人の関係は立場を超えた複雑なものになっていく。
そして、その任務はドミニカを想像も超える運命に導き、彼女は敵国アメリカのみならず、祖国ロシアからも狙われることに・・・
窮地に立たされたドミニカが大国を相手に仕掛けた最大のトラップ=罠とは!?(公式サイトより)

『ハンガーゲームシリーズ』でおなじみの、フランシス・ローレンスジェニファー・ローレンスが4度目のタッグを組んだスパイ映画。
原作は実際にかつてCIAで工作員をしていたジェイソン・マシューズによる小説。CIAに関わっていた人物が執筆した作品によって製作された本作は、リアルなスパイ活動の裏側・実態を描き出しています

女って怖いよ

タイトルから不安がただよっていますが・・・
一言で感想を表すとしたら、「女ってこわ〜」に限りますね(笑)

華やかなバレリーナ人生から転落した主人公が、やがて壮絶な人生を送ることになるのですが、これがまあみていて悲惨な気持ちになってしょうがない
ああ〜これは久々の超絶バッド映画に遭遇したかな、と思いきや、ラストで鮮やかに伏線回収してくれて、最高に気分がいい!

それまでの展開がどう考えても暗い未来しか感じられなかったので、なおさらラストにはスカッとした気持ちになりましたね。
そしてあのラストを仕向けた主人公の静かなる執念がすごい。怖い。
よくできたストーリーです。

本編は、全体的にシックな色調の画面で、静かに淡々と進んでいきます
昔の映画をみているようなハードボイルドな雰囲気がありました。

本編はR-18で、絵的にエロいシーンもてんこ盛りなのですが、あまりに壮絶なストーリーすぎるのか、画面がしっとりしているからなのか、わーエロい!っていうんじゃなくて、芸術的なエロスに感じられました

でも所構わず裸になって股開くジェニファー・ローレンスにはさすがにあわあわしました(笑)
めちゃくちゃ体張ってます。やっぱり彼女の演技に対するアプローチはすごいですわ。

国家の物となった女の壮絶な復讐劇

主人公のドミニカ・エゴロワは、バレエ団のトップスター。
ところが、彼女ばかりが主役を務めることに嫉妬した他のバレリーナの画策により、ドミニカは足を大ケガし、突然いつもの日常が失われてしまいます

生活するために、病気の母を救うために、ドミニカはロシア情報庁に務める叔父の依頼をうけることに
こうしてドミニカの壮絶な転落人生の幕が開いたのでした。

足のケガは気の毒にと思いましたが、そのあとゴルフクラブで黒幕2人をメッタ打ちにしているドミニカをみて思わずゾッとしてしまいました。
このシーンですでにドミニカの本性を感じられますね。
殺したいほど憎くても私だったらチキって殺せないもんな・・・

ドミニカが送られたのは、スパイ養成所。
しかし単なるスパイの養成所じゃありません。
そこは、自らの全てを使って相手の心を誘惑し、陥れる技を身につける、通称「スパロー」を育成する場所だったのです。

いわゆる「ハニートラップ」専門の養成所なんですね。
心も体も国家に捧げろ、という方針のもと、ドミニカは厳しい訓練を受けていきます。

まあーここでの訓練がひどいひどい
平気で人前で全裸になったり、ハニートラップの訓練が撮影されていて、それをあとで生徒全員でみながら講評されたり・・・
普通の神経の人間じゃ耐えられませんね。
しかしドミニカはバレエでの経験のおかげか、もともと才能があったのか、メキメキと頭角を現していくのです。

養成所を無事卒業したドミニカは、ロシア情報庁にいるもぐら(組織に所属しながらも敵に情報を送る裏切り者)を探し出す任務につくことになります。
そしてドミニカはターゲットの、CIAに所属するネイト・ナッシュに近づいていきます。

彼女なりの独特な方法でCIAと近づき、取引をした結果、ドミニカは二重スパイ容疑がかけられ、どんどん追い込まれていきます。
追い込まれたドミニカに、徐々にこれはつらいバッドエンドが待っているのではないかと不安になっていくんですね。
それまでがあまりにもかわいそうな展開の連続で・・・

しかし、クライマックスでついにドミニカの本当の目的が明らかに
最後の10分のどんでん返しは、あまりの鮮やかさにしてやられた!と思わず口にしたくなるほどの展開が待っています。
種明かしをされるシーンをみて、ああなるほど、そういうことだったのか、と爽快感が一気に駆け抜けました。

そしてここで、きれいにオチがついたスッキリ感とともに、女って怖いわ〜と、ドミニカの復讐心に改めて感心するのでした
よく考えてみれば、もしかしたらドミニカにケガをさせようと仕向けた人間がいたのかも・・・
ロシアも怖いし女も怖いし、世の中にはとんでもない世界があるものですね。
本作ではその片鱗を覗ける体験ができました。

スパイの鏡のような主人公

主人公のドミニカは、バレエでトップを張りながら母を介護する献身的な女性。
・・・の、はずでしたが、ケガによりそれまでの人生とは180度違う生活を送ることになってしまいます。

もともとクールで影のある女の子。
ハツラツとしているよりはメランコリーな雰囲気を感じました。
自分が置かれた状況を冷静に判断しているところがあって、スマートな頭の良さが印象的。
スパローの養成所でも、他の人たちより群を抜いて相手の心を読み取り、的確に指摘していきます。

そして彼女に思わずシビれてしまうのが、スマートさの中にも激しい復讐心があるところ
彼女からただよう人生を放棄したような諦観の念が、何重にも復讐心を隠しているのがおもしろいんです。
劇中でヒントはいくつかばらまかれていたのですが、なんだろう?くらいにしか思えなかった私は、ドミニカに狙われたらひとたまりもありませんね(笑)

静かに、じわじわとやってきて、最後に一気に攻め込む、とんでもない猛毒をもった女性なのです。
叔父さんは彼女のことを「状況を的確に判断して、一歩先をいく」と彼女をほめていますが、わかっていながらもドミニカの罠にまんまとハマってしまったのでした。

ジェニファー、さすがの貫禄

まだ27歳という若さながら、すでに貫禄すら感じるジェニファー・ローレンス
いやあ彼女はすごいですわ。同じ年代のハリウッド女優の中でも抜きん出て、演技力と演技に真っ向から向きあうパワーがありますね
文字通り、かなり体張ってます。

本作はR-18作品ということもあって、かなり過激なシーンが多いんですね。
全裸シーンはてんこ盛りだし、大勢の前で全裸で股は開くし、露骨なセックスシーンはあるし・・・
最初のうちはまあR-18だしな〜くらいに思っていたのですが、あまりにも過激なシーンが多いせいで、そこまでやるの!?もういいよ!と画面を隠してあげたくなっちゃいました(笑)

一番すげえなと思ったのが、やっぱり養成所の生徒たちの前で全裸で股開くシーンですよね。
エロいとかじゃなくて、そこまでやるの?大丈夫?と心配になっちゃいました(笑)
まあ本編全体をみれば取るに足らないシーンなんですけど、これ撮影したのか・・・と突然メタ的な気持ちになるくらい衝撃的でした。

共演のジョエル・エドガートンは『ブラック・スキャンダル』ぶりでした。
もうあの映画も3年前になるのか・・・
CIAとは思えない普通の男の人(でも能力はある)を安定感のある演技で好演。
皮を剥がされる拷問のときの叫びがマジでいたそうで、思わず目をつぶってしまいました。

リアルなスパイの内情!?

スパイ映画というとアクションや緊張感満載のミッションを楽しむイメージがありますが、本作はアクション要素は少なく、駆け引きやハニートラップ、拷問などリアルなスパイの裏側を楽しめます

スパローとして鍛え上げられたドミニカの心理戦や駆け引きには、CIAやナッシュ、ドミニカの叔父だけでなく、観客までもまんまと騙されてしまいます。
私もすっかりドミニカの手のひらの上で転がされてしまいました

拷問シーンもえげつなくてゾッとしたな〜
女スパイでも容赦なく殴ったり水かけたりするってのがね、リアルな感じしますよね。
映画だと華やかな面もあるスパイですが、実際はもっと地味で暗い世界なんだろうな。
ナッシュを捕まえて、皮を剥ぎながら拷問するシーンが一番えげつなかったですね。皮を剥ぐ拷問って地獄すぎる・・・

これぞリアルなスパイの世界、というのを堪能できます
人気シリーズのスパイ映画はあんまり好みじゃない方にはハマるかもしれませんね。

総評

評価

ストーリー
(4.0)
キャラクター
(4.0)
キャスト
(5.0)
演出
(4.0)
映像・音響
(3.0)
総合評価
(4.0)

良かった点

  • しっとりした暗い雰囲気
  • ジェニファー・ローレンスの体当たり演技

ド派手なアクションじゃないしっとりした感じの作風が、私好みでした。
ジェニファー・ローレンスはほんとどんな作品でも出るからすごいよね。

悪かった点

  • 好みが分かれそう

渋くて暗く、映画好きがハマりそうな作品なので、ライト層には合わなさそうです。

まとめ

いつも観ているド派手アクションスパイ映画とは異なる系統のスパイ映画で、楽しめました。
アクションシーンはほどんどなく、体や心をうつくしく、かつ攻撃的に描いたエロスの溢れる大人な作品です。

全体的に憂鬱感としっとりした雰囲気がただよう、シックな画面も印象的
好みは分かれるかもしれませんが、私は好きな作品でした。
お酒を飲みながら観たい映画です。

Red Sparrow (Original Motion Picture Soundtrack)
Sony Classical (2018-03-02)
売り上げランキング: 3,536

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です