毎月「ムビチケ」プレゼント企画実施中!

スピルバーグが贈る、最高の140分をあなたに。VRの世界で宝探しの大冒険!『レディ・プレーヤー1』

「『レディ・プレイヤー1』はやばい、まじでやばい。」
試写会を終えた先人たちが口々にそう感想を述べるので、もうね、それはそれは公開を心待ちにしていました!

予告のトレイラーやテレビやネットの宣伝でも楽しみにしてはいたのですが、やっぱり実際に作品を観た人たちの熱のこもった感想ほど心を駆り立てるものはないですね。

スピルバーグの作品自体も、前作の『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』が観れなかったのもあって、余計楽しみにしていました。

レディ・プレーヤー1(Ready Player One)

監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 アーネスト・クライン
ザック・ペン
出演者 タイ・シェリダン
オリヴィア・クック
リナ・ウェイス
ベン・メンデルソーン
T・J・ミラー
森崎ウィン
レティーシャ・ライト
サイモン・ペグ
マーク・ライランス
公開 2018年
製作国 アメリカ合衆国

あらすじ

2045年。多くの人々は荒廃した街に暮らす現実を送っていたが、若者たちには希望があった。
それはVRの世界、「オアシス」。
そこに入れば、誰もが理想の人生を楽しむことができる。
ある日、そのオアシスの創設者、ジェームズ・ハリデーが亡くなり、彼の遺言が発表された。
「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう。」
突然の宣告に世界中が湧き立ち、莫大な遺産を懸けた壮大な争奪戦が始まった。

現実でパッとしない日常を送り、オアシスに自分の世界を求めていた17歳のウェイドもまた参加者の一人だ。
オアシスで出会った仲間たち、そして謎めいた美女アルテミスと協力し、争奪戦を勝ち残ろうとするウェイド。 しかしそこに世界支配のため、すべてを手に入れようとする巨大企業、IOI社も出現して・・・

3つの謎に隠されたメッセージの秘密とは?アルテミスとの恋の運命や仲間との絆も試されるウェイドは、謎を解き、IOI社の陰謀を阻止することができるのか?
現実の世界とオアシス。その両方で繰り広げられる冒険は、信じがたい次元へと発展していく――。
想像を超えた戦いの先に勝利を手にするのは一体誰だ!?(公式サイトより)

アーネスト・クラインが発表した小説、『ゲームウォーズ(原題はREADY PLAYER ONE)』を、スティーブン・スピルバーグが映画化。
荒廃した近未来を舞台に、VRの世界で生きる人々の冒険を描いたSF作品となっています。

スピルバーグ、フォーエバー・・・!

なんてこった、これは確かにヤバい
終始興奮しっぱなしの140分でした。

賑やかな画面、たっぷりの情報量、うつくしい映像、滑らかなCG、大人も子どももワクワクするストーリー、そしてちょっぴり泣けるクライマックス。
椅子に座ってみているだけなのに、感動と興奮を、体全身で感じられる楽しい映画です。

作品のおもしろさと同時に、スピルバーグは最高のエンターテイナーだと改めて感じました。
彼はいつまで私たちを楽しませ続けてくれるのだろうか。

にも

スティーブン・スピルバーグが同じ時代に生きていることの素晴らしさよ・・・

VRの世界で大冒険!

舞台は荒廃した近未来。人々は現実から逃れるかのように、ジェームズ・ハリデーが生み出したVR世界「オアシス」に入り浸る暮らしに夢中になっていました。

もうこの舞台設定だけで私のハートのど真ん中を打ち抜かれました。
また2045年という近くも遠くもない絶妙な年代のチョイスがいいですね。
遅かれ早かれ、いずれ本作のような時代がやってくるんじゃないかと私も思っています。
スティーブ・ジョブズが携帯電話を再発明したように・・・

ハリデーが遺言に、「『オアシス』に3つの鍵を隠した。全て見つけたものに、最高のイースター・エッグを与えよう」と遺したことをきっかけに、世界中の人々はオアシスで鍵探しに夢中になっていました。

にも

宝探しってワクワクするね!

一見ワクワクの冒険物語なのに、ストーリーのあちこちには現代への皮肉やメッセージがこもっていて、まさに大人も子どもも楽しめる作品でした。

本作の核は、クライマックスのハリデーの言葉に全てあるのではないでしょうか。
「現実が辛くても、現実のおいしいご飯に勝るものはない。」
「リアルは現実にしかない。」

これはバーチャルが社会を支える基盤の一つになっている現代への、スピルバーグからの警鐘なのでしょう。
バーチャルにのめり込んだせいで、自分たちが生きている現実に向き合うことを忘れてはいけないのだと。

でもね、スピルバーグが優しいのがね、現実から逃げることがいけないことではないときちんと描いている点なんですよ。
パーシヴァルは現実が嫌でオアシスに逃げ込んでいましたが、オアシスで暮らしていたことで、アルテミスやエイク、ダイトウ、ショウに出会えて、最後には現実とオアシス両方の世界をIOIから守ることができたのです。

ようは、現実から逃げることは悪いことではないけど、逃げ続けないで、きちんと現実に向き合うこともしなくちゃいけないんだよってことなんですね。

映画界の巨匠、スピルバーグからのメッセージを、本編140分で私たちは実体験するのです。
オアシスというVR世界にログインして、140分たっぷり楽しんで、「やっぱり映画は最高だろう。でも君の世界はここだけではないんだよ。ただし死ぬほど嫌になったら、いつでもまたここに帰っておいで」と。

にも

あんなに楽しかったのに、どこか切ない気持ちになるのは、現実逃避することのメリットとデメリットを感じてしまったからなのかもしれませんね。

もう一つは、飛び込むことを恐れないこと
現実世界になじめなくて、オアシスを生み出して、そこで生きることを決めたハリデー。
でも彼には後悔していることがありました。

オアシスでのイースター・エッグ探しは、世界中の人にもう一度ゲームを純粋に「楽しむ」ことを思い出して欲しいがために生み出したイベントであると同時に、ハリデーの後悔を一つ一つ消化させていく物語でもあります。

仕事、友情、恋愛、エトセトラ。人生でおきる出来事の全てにおいて一歩踏み出すその瞬間を恐れると、そのあとの長い人生、そして死んだ後も一生後悔しつづけることになるのだから、なんでも飛び込んでみよう。
これは、スピルバーグから若い人たちへのメッセージなんでしょう。

子どもの心を駆り立て、大人の心にもグッと響く、シンプルだけど大切なメッセージは、長い間映画製作をしてきたスピルバーグが描くからこそ、心に刻まれるのかもしれませんね。

にも

ファンタジー、アドベンチャー、SF、歴史ドラマ、なんでも作れるスピルバーグが怖い・・・

現実からオアシスに逃げ込む若者たち

本作に登場するメインキャラクターたちは、みな現実世界で問題を抱えています。

主人公はスラム街で暮らす青年
両親はすでに他界していて、おばのもとで暮らしながら、貧乏な暮らしを続けていました。

彼の現実での名前はウェイド・ワッツ。オアシスの中ではパーシヴァルというニックネームをつけています。
パーシヴァルの由来は、「アーサー王伝説」からきていて、パーシヴァルという人物は一人で聖杯を手にすることから、ウェイドもオアシス内で特定のチームを組まずに、孤独にイースター・エッグ探しをしていました。

にも

ここ数年「アーサー王伝説」ネタがふんだんに取り込まれている映画が多いので、そろそろ本格的に原作を読まないとダメなのかもしれないな〜

主人公をはじめとした登場人物たちの、現実とオアシスでのキャラクター・生活のギャップが描かれているのも、一つのポイント。
これは私たちの社会でも問題になっていることで、ゲームをするために借金をしたり、仕事をやめたりという問題も実際に起きています。

それだけでなく、ゲームのアバターは男でも現実では女だったり、見た目にものすごく差があったりというのも一つの「現実逃避」ですよね。

パーシヴァルは、アルテミス、エイチ、ダイトウ、ショウの4人と一緒に行動するのですが、パーシヴァルとアルテミス以外の3人は、後半現実の世界でも顔を出しますが、あまり詳しくキャラクターについて描かれません。
それでも、きっとクローズアップしたらいろいろ出てくるんだろうな〜と、想像の余地を与えてくれるキャラ設定が絶妙でした。

にも

ただショウが中国人なのに、忍者っぽいキャラだったのは混乱した・・・

さて、オアシスの創設者、ジェームズ・ハリデーの話も少し。
作中の人々にとって、ハリデーはオアシスを生み出した神様のような存在。
しかし彼は人と付き合うのが苦手で、ずっと孤独に生きてきました。

ハリデーは、金や運営に興味はなく、ただ人々にゲームを楽しんでもらうものを作ることに生きがいを見出してきました。
彼が最後にパーシヴァルに言った、「僕のゲームで遊んでくれてありがとう」は感動的なセリフでしたね。

そのことを踏まえて、ちょっとん?と思ったことを書きます。

ハリデーのことを書いた新聞記事が作中に登場するのですが、「ハリデーは現代のジョブズか?」という見出しなんですね。
これはね、ちょっと違うんじゃないの?とアップル信者の私は思わず首をかしげてしまいました(笑)

どちらかというと、ジョブズのボジションは、最初にチームを組んでいたオグデン・モローなんじゃないかな。
そんでもって、どちらかというとハリデーはAppleの影の立役者、スティーブ・ウォズニアックに値するキャラクターなんじゃなかろうか。

ハリデーとオグの関係は、Appleにおけるウォズとジョブズの関係に非常に似通っている部分があって、私的には2人の関係性を描いてるシーンもおもしろかったです。

にも

この2人を巡るAppleの歴史もおもしろいので、興味がある方はぜひ。

キャストのバランスもグッド

本作では、オアシスでイースター・エッグ探しに奔走する5人は、駆け出しの若手キャストを起用し、オアシスの創設者、オアシスを狙うものには、ベテランキャストが起用されています。

若手キャストが懸命に演技し、それをベテランが支える、バランスのいいキャスティングでしたね。

主演のタイ・シェリダンは、まだ21歳。
ちなみに日本人俳優として注目されていた森崎ウィンは27歳。
・・・歳そんな離れてるんだ(笑)

にも

アジア人ってほんと若くみえるな〜

2011年から映画に出演し、近年では『X-MEN:アポカリプス』のサイクロップス役などで活躍しています。
いいですね、若手有望株って感じですね。
彼のことは本作で初めて知ったのですが、『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートに似てるような気がしません・・・?

ヒロインのアルテミスを演じたのは、オリヴィア・クック
彼女も若手女優さんで、これからどんどん活躍の幅が増えていくことでしょう。

さて森崎ウィンさんは、実は日本でちょこちょこ活躍している俳優さんなんですよね。
だいたい日本人の俳優さんが起用されると、一言セリフがあれば良い方(理由もわからなくもないけど)なので、どうなのかなと思っていたのですが、かなり見せ場がたくさんあってよかったですね〜!

日本での出演作品は、私はみたことない作品ばかりで大変申し訳ない気持ちになったのですが(笑)、本作での活躍を機に、日本でも露出が増えるかもしれませんね。

ベテランキャスト勢に関しては、もう今更何もいうことないですね。
サイモン・ペグは、演技よりもあのフワフワヘアの方が気になって気になって(笑)
『変態小説家』ぶりだったので、最初違和感がありました。
やっぱりいつものオールバックが安心しますね。

いつもおちゃらけコメディキャラを演じていますが、今回は落ち着いた大人なキャラクターを演じていましたね。
徐々に年齢的におちゃらけキャラじゃなくて、歳を重ねた男性役もやるようになっているのかな。

驚いたのがハリデー役のマーク・ライランスですよ!!
絶対どこかでみたことある、絶対この人知ってる・・・と思っていたら、『ダンケルク』のミスター・ドーソンじゃないですか!!!!

いやああそこまで髪型と体型が違うとわからないもんですね。あとで調べてびっくりしました。
おじいちゃんキャラにはだいたい弱いので、クライマックスではぼろぼろ泣かされました。まいりました。

レディ・プレイヤー1そのものがイースター・エッグ

本作は、80〜90年代のポップカルチャーをはじめとしたたくさんの小ネタ・映画ネタを作中に融合させた世界観が最大の魅力。

そのネタの豊富さと、ワクワク感は、まだ若造の私ですら思わず子どもに戻ってしまったほど
80〜90年代がど真ん中青春時代だった方は、もっと「童心にかえる」感覚が強かったんじゃないでしょうか。

あと感動したのは、そういう小ネタが登場したときの劇場の一体感
こんなに映画をみていて周りとの一体感を覚えたのは初めてかもしれないですね。

本編に隠されたイースター・エッグの数々は、私は全部拾いきれなかったので、全部知りたい方は隅から隅まで解説してくれているマニアの先輩方のブログをご覧ください(笑)

にも

映画ファンの端くれとしてはドヤ顔で全部紹介していきたいのですが、いやースピルバーグに勝てると思う!?無理だよ!!悔しいね!!

さて、ここからの小ネタはネタバレ容赦なしなので、お気をつけてください。

パーシヴァルが乗りまわしていた車はデロリアン、これはオーケー。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は私も大好きな作品です。
そしてアルテミスが乗っていたのは『AKIRA』金田バイク。これは嬉しいですね〜!
作中で行われるレース中にはT-REXキング・コングが大暴れ。

にも

開始10分ですでに情報量が多すぎてパンクする!!

本編中盤では、『シャイニング』の世界そのものを体験するシーンも。
実はこれ、ちょっと前にアマゾンプライムビデオで観たんですよね。
理由も「なんかすごい有名だから観ておこう」、というテキトーな理由で。観ておいてよかった・・・

『シャイニング』自体はぞくぞくと精神がやられていくタイプのホラー映画なんですが、本作での登用に関しては周りのお客さんたちも、あーあのシーンね、みたいな感じでニヤニヤクスクスしていましたね。

本作は金田バイクに限らず、日本の有名キャラクターもたくさん登場しています!
自分で把握できたものをざっくりリストにしてみますね。

MEMO
  • サンリオキャラ
  • 金田のバイク
  • シャープのラジカセ
  • ガンダム
  • メカゴジラ
  • アバターが三船敏郎
  • ストリートファイターⅡ

実はキティちゃん三船敏郎に関しては、映画を鑑賞する直前に情報番組でチラ見してしまったんですよね〜
ネタバレ大嫌いで、普段はそういう番組はみないようにしているので正直キレそうだったのですが(笑)、逆にこの2つに関しては自分では見逃していたと思うので、みておいてよかったです。

キティちゃんはかなり早い段階で、しかも隅っこの方にちょろっと登場していましたね。
キティちゃんだけでなく、けろっぴばつ丸もいましたね!
やっぱり日本のキャラはかわいいのう〜

中でも興奮したのはやっぱり「ガンダム vs メカゴジラ」かな!
日本じゃ多分一生できないですからね!!!
周りのお客さんも、いまかいまかと待ちわびているのを感じられておもしろかったです。

ガンダムとメカゴジラが登場したときは、劇場が大騒ぎすることはなかったですが(笑)、あちこちでちいさな感嘆のため息があがってましたね〜

にも

「俺は、ガンダムでいく!」

ガンダムのロゴ本家のものを使用しているこだわりっぷりには、もう頭が上がりませんね。
ガンダム好きの友人からは、「CGは最高。唯一惜しかったのは、ガンダムはあんなにヌルヌル動かない。」となかなか手厳しいコメントをいただきました(笑)

にも

まあ『レディ・プレイヤー1』はガンダム映画じゃないので・・・

そういえば監督たちのインタビューで、ウルトラマンを登場させたかったという話をしていたのをちらっと聞いたのですが、ぜひ続編では実現して欲しいですね。

他にもバットマンやらハーレイクインスタートレックスター・ウォーズマインクラフトチャッキー「I’ll be back.」、ええとあと、ゼメキスキューブ(これは使い方も面白かった)、エイリアン、んんあとなんだ、あ、マイケル・ジャクソン、あと・・・あと・・・アアアアア

もうね、詰め込みすぎ!!!!!!!!(笑)
こんなんじゃ足りないくらい小ネタはたくさんあるのですが、一回観たくらいじゃ拾いきれませんね。
ぜひみなさんも楽しんでイースター・エッグ探しにチャレンジしてください!

総評

ストーリー
(4.0)
キャラクター
(4.0)
キャスト
(4.0)
演出
(5.0)
映像・音響
(5.0)
総合評価
(4.5)

良かった点

  • 『レディ・プレイヤー1』を作る全ての要素

ワクワク感がすごいので、とりあえず観てください

悪かった点

  • 文句なし!!!!

まあ、たまたま出会ったキャラクターがなんでみんな近い地域に住んでるんだろうとか、そもそもVRをつけてあそこまで自由に動きまわれるものだろうかとか気になる点はあるのですが、そういう疑問がふっとばされるほどおもしろかった・・・!

まとめ

最高に興奮した140分でした!!!
こんなに映画でワクワクしたのは久しぶりかもしれません。
スピルバーグの衰えない才能に完全にひれ伏し、純粋に心から楽しめる映画です。

情報量がたくさんで、一回観ただけでは拾いきれないほどの小ネタがたっぷりなのも、興奮ポイントですね。
子どもはもちろん、大人も本作の世界にのめり込んでしまうこと間違いないでしょう。

興奮のあまり久々にながったらしい感想文を書いてしまいました(笑)
これだけ感想を書きましたが、一言でまとめるならとりあえず観てくれ!!!!!!
百聞は一見にしかず、ということで、ぜひみなさんも劇場に足を運んでみてくださいね。

レディ・プレイヤー1 ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2018-08-22)
売り上げランキング: 27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です