毎月「ムビチケ」プレゼント企画実施中!

3億円の行方を追いながら、お金の価値について考える。脇役キャストが濃ゆ〜い『億男』

みなさんは、ある日突然3億円を手にしたらどうしますか?
私は使いに使いまくって、金銭感覚がおかしくなって破産のコースが目にみえてますね(笑)

ということで、突然億万長者になってしまった男の運命を描いた『億男』を観てきました。

公開した時期がちょうど忙しく、作品自体全くマークしていなかったのですが、友人がおもしろかったとあれこれ感想をツイートしていたのをみて、興味が湧いたのでした。

にも

いやあ『カメラを止めるな!』やら『若おかみは小学生!』やら、最近SNSの口コミ発信で映画が盛り上がることも増えたので、映画関係者の方々はSNS運用も無視できなくなって大変ですね・・・(とか言いつつどっちも観にいけなかった)

億男

監督 大友 啓史
脚本 渡部 辰城
大友 啓史
出演者 佐藤 健
高橋 一生
黒木 華
池田 エライザ
沢尻 エリカ
北村 一輝
藤原 竜也
公開 2018年
製作国 日本

あらすじ

兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。
妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。

そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。
当選金額3億円!

これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。
だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり。
怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。
久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していたー

3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金と幸せをめぐる冒険が始まった。
九十九の家のパーティで出会った“あきら”(池田エライザ)と名乗る女性を頼りに、かつて九十九と起業した仲間=“億男”と呼ばれる億万長者たちに九十九の手掛かりを探る。
ギャンブル好きの実業家・百瀬(北村一輝)、マネーセミナーの教祖:千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ主婦:十和子(沢尻エリカ)。

クセ者ぞろいの億男たちを渡り歩く“地獄めぐり”に翻弄される一男。
お金、友情、そして家族。
すべてを失った男が最後にたどり着くのは?お金とは何か?幸せはどこか。(公式サイトより)

2015年本屋大賞にノミネートされ話題になった、川村元気『億男』が原作の映画。
監督を務めるのは『ハゲタカ』『るろうに剣心シリーズ』大友啓史
主演には『るろうに剣心シリーズ』でも監督とタッグを組んだ佐藤健を迎えます。

お金の価値について考えられるきっかけをもらえます

いいですね、頭使って観る映画です。

お金とは、お金の価値とは一体何か。
人間が生み出したお金に、人間が支配される。
お金が全ての世の中で、お金に支配されることなくお金を使うにはどうしたらいいのか、考えさせられました。

ぺらっぺらのあの紙切れが、時に莫大な利益をもたらし、時に恐ろしいほどまでに人間を追い詰める。
本編を観終わったあとは、「お金の価値は絶対的ではない」という言葉に深く納得し、改めて自分が使っている「お金」というものに対して知識が少ないなあと実感しました。

お金の価値ってなんだろう?

3億を手にした男が、一夜にして失った3億の行方を追っていく中で、いろいろな形でお金に囚われている人間に出会い、お金のとはなんなのかを突きつめていく物語
ギャンブル狂いになって金にとらわれる人、怪しいセミナーで人の心を操って荒稼ぎしながら金にとらわれる人、節約をして貯金をすることで金にとらわれる人。

主人公の一男は、兄の借金を肩代わりしたせいで、毎日毎日借金のために働く日々。
頭の中はお金のことでいっぱいで、心にも余裕がなくなり、家族にも見放されてしまいます。

にも

一男もしっかりお金に囚われていますね。

そんなある日、たまたまもらった宝くじが当選したことで、彼の運命が変わることに。

急に3億を手にして戸惑う一男は、親友の九十九に3億の使い道を相談します。
そして相談したところ、3億円は消えてしまったのでした。なんてこった!

本編をみているうちに、お金というものは、数字は同じでも、その人・その時・その状況によって価値が変わる、これがお金の正体なのではないか、とわかってきました。

例えば、一男が最初に出会う百瀬は、お金を使うことに価値を感じていて、競馬にのめり込んでいます。
2番目に出会った千住は、単純にお金の数字に価値を見出している。数字が価値を持つとわかっているからこそ、客に対してはあえてお金の価値は0だと思わせて、金稼ぎをしています。
3人目の安田は、お金を所持していることに価値を見出していて、質素な暮らしをしながらも、大金をしっかり部屋中に隠しています。

この3人は大金持ちなんです。同じ1,000円札、5,000円札、10,000円札を何千、何万、何億と持っているんです。
しかし、使い道は全く異なる
それでも、その人にとっては、自分のお金の使い方が、最もお金の価値を発揮していると思っているのです。

私はお金は緊急時のための貯金以外は、じゃんじゃん使うべきだと思います。
一番理解できなかったのが、安田の行動ですね。
10億もお金を持っているのに、それを全てヘソクリのように家のあちこちに隠して、自分は質素な暮らしをしている。
結婚した旦那もお金に興味のない人を選んだ。

「お金を持っていることで妬まれるのが嫌だった。」、と一男には話していましたが。果たして彼女はお金に執着するのをやめたのか?
そうではないのです。おそらく彼女にとっては、10億円を持っていることこそが自分の価値だ、と考えているのです。

彼女の人間としての価値は10億だったとしても、その10億円自体の価値はどうなるか。
0円だと思いませんか?だって使っていないのだから。
お金は持っていても使わなければ、0円と等しい価値だと思います。

なので、私にとっての「お金の価値とは」という考え方は、百瀬に近いものがありますね。

にも

は〜どうりでお金が貯まらないんだな〜って思いましたよ・・・(笑)

人間がお金に感じる価値というのは、定義できないのです。
お金の価値を定義することはできない、お金の価値は変動するものだ、そういつも頭に入れておくことが、「お金の正しい使い方」なのではないかと私は思いました。

残りの1は?

大金が突然自分の元に戻ってきたら、人はどんな行動を取るでしょうか。
一男のパターンは少し特殊な気がします。

まず、友人の九十九を訪ねた時点で、おいおい、いくらなんでも当選してすぐに、友達とはいえ、他人に相談するやつがいるか!?まずは借金返済だろ!!
と思ったのですが、お兄さんの借金の名義人に何も考えずにサインしたと言っていたのをみて、ああこの人は人が良い上に、流されやすいタイプなんだな〜と、物語の展開に納得。

一方、起業したり、事業を成功させたりと、自分をしっかり持っている九十九は、一男に「正しい使い方をしよう」と言って3億円ごと姿を消します。

今までどこか夢見心地だった一男は、自分の3億がなくなったことで大慌て。
それまでもお金に囚われていた九十九ですが、それ以上にお金に囚われてしまいます。

九十九の計画通りだったかどうかはわかりませんが、3人の強烈なお金に囚われた人々に会っても、一男は目が覚めることなく3億円にこだわり続けます。

そして、お金のせいですっかり人が変わってしまった一男に、ついに奥さんは愛想を尽かしてしまうのです。
奥さんは一男に「お金のせいで人が変わった」というのですが、一男が感情の起伏がない暗い性格のせいで、あんまり変わった部分がわかりづらかったのが、ちょっと気になりました。

奥さんの言葉で目が覚め、娘が一生懸命バレエをやっているのをみて、ようやく自分がお金に囚われていたことを知る一男。
どこかスッキリした気持ちでいると、ようやく3億円を持った九十九が一男の前に現れます。

そしてここで、どこか3億円を探す必死さがあまり感じられなかった一男の理由がわかります。

「なんか、九十九なら、大丈夫ってどこかで思ってたんだよね。そんなことするやつじゃないって。」

一男は心のどこかで九十九は人の金を盗むようなやつじゃない、と思っていたんですね。
そしてこの言葉で九十九は、「今まで99までわかっていたお金の正体の、残りの1がわかった。」と、満足そうに言って一男の前から去っていきます。

はっきりと答えが提示されたわけじゃありませんが、私は、最後の1は信用する、ということなのかな、と思いました。
ものに対して、人に対して、サービスに対して、あらゆるものに対して信用しているからこそ、人はお金を使えるのではないでしょうか。

例えば、いつも通っている美容室の施術料が上がっても、その美容師さんの技術を信用しているから、お金を支払う。
金額が変わっても、信用があるからその価値に対して正しいお金を支払おうと思えるのではないでしょうか。

キャッシュレスが進み、お金の現物をみることが減ってきた時代だからこそ、あらためてお金の価値というものに疑問を持つのは大切なことですね。

にも

お金の価値というものを考えるのは難しいですね〜
感想書いていて頭がパンクしそうです(笑)

脇を固める役者陣の演技に注目!

さて、もうお金の話は終わりにして(笑)、キャストの皆さんの話を。
演技派揃いで、見応えがあった〜!

私がみる佐藤健っていつもどこかぼんやりしたキャラが多いので、佐藤健はいつも通り安定していました。
個人的にはやはり九十九役を演じた高橋一生、そして北村一輝藤原竜也沢尻エリカの脇役陣の演技が良かったですね〜!

高橋一生はあんなに自然な吃音をよくもまあできるなあ、と感心しましたし、落語を話している時のギャップがすごかったですね。
海外の俳優含め、吃音のキャラクターはいくつかの作品でみてきましたが、彼の吃音が一番自然でうまかったかも。

さて、強烈キャラ3人組ですが、まあ〜強烈でしたね(笑)
北村一輝なんて最初まじで誰だかわからなかった!見た目も声もすごいいじくってるから(笑)
大阪弁で早口で、あんな素っ頓狂なキャラクターもできるんですね、驚きました。

藤原竜也はいつも通り藤原竜也でした。(褒め言葉)

沢尻エリカはやっぱり上手だよね〜
きちんと作品のキャラクターによって演じ分けできている、数少ない女優さんだと思います。
彼女も最初誰だかわからなかったくらい役作りしていました。それが見た目は沢尻エリカのままだからすごいわ。

近寄りがたいイメージは消えないけど(笑)、別に犯罪したわけじゃないし、才能はあるし、無事芸能の世界に帰ってこれて良かったね・・・

総評

評価

ストーリー
(4.0)
キャラクター
(3.0)
キャスト
(5.0)
演出
(3.0)
映像・音響
(3.0)
総合評価
(3.5)

良かった点

  • 作品のテーマ
  • キャストの演技

「お金」というなくてはならないものを考える良いきっかけになりました。
脇役陣の演技がとても良かった。

悪かった点

  • 一男の感情がわかりづらい

脇役のキャラが濃すぎたせいか、主役の存在がやや薄かったかも?

まとめ

自分がいかにお金に囚われ、支配されているか気づかされた作品でした。
決して貧困だからお金に囚われてしまうというわけではなく、お金をたくさん持っていても、考え方ひとつでお金に囚われてしまう、お金の恐ろしさが本作では描かれています。

世の中のほとんどの人がお金に囚われているでしょう。
「お金の価値、正体」を知り、逆にお金をコントロールできるようにするきっかけに、ぜひ鑑賞してみてください。

億男 (文春文庫)
億男 (文春文庫)

posted with amazlet at 18.11.09
川村 元気
文藝春秋 (2018-03-09)
売り上げランキング: 1,392

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です