毎月「ムビチケ」プレゼント企画実施中!

タイトルで判断せずにまず観てほしい。日本社会の闇、家族のあり方を描く『万引き家族』

第71回カンヌ国際映画祭にて、最高賞である「パルム・ドール」を受賞したことで話題になった『万引き家族』
早速初日に観てきました!

実は是枝監督の作品はどれも地上波で観てばかりだったので、今回が初の劇場鑑賞になります。
考えさせられるテーマの作品ばかりなので、本作もそのような人に訴えかけるような内容なのでしょう。

万引き家族

監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
出演者 リリー・フランキー
安藤 サクラ
松岡 茉優
池松 壮亮
城 桧吏
佐々木 みゆ
高良 健吾
池脇 千鶴
樹木 希林
公開 2018年
製作国 日本

あらすじ

街角のスーパーで、鮮やかな連係プレーで万引きをする、父の治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城絵 更)。
肉屋でコロッケを買って、寒さに震えながら家路につくと、団地の1階の廊下で小さな女の子(佐々木み
ゆ)が凍えている。
母親に部屋から閉め出されたらしいのを以前にも見かけていた治は、高層マンションの谷間にポツンと取り残された平屋に女の子を連れて帰る。
母の初枝(樹木希林)の家で、妻の信代(安藤サクラ)、彼女の妹の亜紀(松岡茉優)も一緒に暮らしている。
信代は「もう少し金の匂いのするもん拾ってきなよ」とボヤきながらも、温かいうどんを出してやり名前を聞く。「ゆり」と答える女の子の腕のやけどに気付いた初枝がシャツをめくると、お腹にもたくさんの傷やあざがあった。
深夜、治と信代がゆりをおんぶして団地へ返しに行くが、ゆりの両親が罵り合う声が外まで聞こえる。信代には、「産みたくて産んだわけじゃない」とわめく母親の元に、ゆりを残して帰ることはできなかった。

翌日、治は日雇いの工事現場へ、信代はクリーニング店へ出勤する。
学校に通っていない祥太も、ゆりを連れて”仕事”に出掛ける。駄菓子屋の”やまとや”で、店主(柄本明)の目を盗んで万引きをするのだ。
一方、初枝は亜紀を連れて、月に一度の年金を下ろしに行く。家族の皆があてにしている大事な”定収入”だ。亜紀はマジックミラー越しに客と接するJK見学店で働き、”4番さん(池松壮亮)”と名付けた常連客に自身と共鳴するも のを感じ、交流がはじまる。

春の訪れと共に、「荒川区で5歳の女の子が行方不明」というニュースが流れる。
両親は2ヶ月以上も「親戚の家に預けた」と嘘をついていたが、不審に思った児童相談所が警察に連絡したのだ。
ゆりの本当の名前は「じゅり」だった。
呼び名を「りん」に変え、髪を短く切る信代。
戻りたいと言えば返すつもりだったが、じゅりはりんとして生きることを選ぶ。
信代は、「こうやって自分で選んだ方が強いんじゃない?」と初枝に語りかける。
「何が?」と聞かれた信代は、「キズナよキズナ」と照れながらも、うれしそうに答えるのだった。

時は流れ、夏を迎え、治はケガが治っても働かず、信代はリストラされるが、それでも一家には、いつも明るい
笑い声が響いていた。
ビルに囲まれて見えない花火大会を音だけ楽しみ、家族全員で電車に乗って海へも出掛けた。
だが、祥太だけが、”家業”に疑問を抱き始めて いた。
そんな時、ある事件が起きる−。(公式サイトより)

『誰も知らない』『そして父になる』『海街diary』などを手がけてきた是枝裕和監督の最新作。
先ほども書きましたが、本作は第71回カンヌ国際映画祭にて、最高賞である「パルム・ドール」を受賞しました。

リサ

おめでたい!嬉しいですね〜

家族を演じるのは、リリー・フランキー安藤 サクラ松岡 茉優樹木 希林城 桧吏佐々木 みゆ

重苦しくないがずっしりくる

日本人としては、本作のテーマは心にずっしりきますね
日本にはびこる見過ごせない問題が散りばめられていますが、映画そのものの雰囲気は重苦しくなくて、思わずクスッと笑ってしまうシーンも多々ありました。

世界の人が観たらどう思うのか気になりますね。
日本のような先進国でもこういった問題があるのか、と思うのか、自分の国に置き換えて共感するのか。
よく人権問題の話題作を観ると、どこか日本人的には心から理解できないと感じる部分がいつもあるので・・・

ケイト・ブランシェット様いわく、パルム・ドールの基準について「並外れた演技に演出、そして撮影といった映画の全ての要素が一つになっていなくてはいけない。」と語っています。

確かに役者たちの演技も素晴らしかった!
自然で、でも惹きつけられるような表情や語り方が印象的でした。

日本の抱える問題、そして家族のあり方

本作は、血の繋がりのない家族が一緒に過ごす中で、日本が抱える社会の薄暗い部分を浮き彫りにし、本当の家族ってなんだろう?と訴えかける作品です。

リサ

『万引き家族』ってタイトルだけど、万引きのお話じゃないんですよ

格差社会、高齢者の所在地不明問題、親の育児放棄、虐待、略奪婚、などなど、日本の社会が現在抱えている暗い問題が積み重なっています

映画だけどドキュメンタリーな一面もあるというか、ああこういうことってよくニュースでみるけど、実際に私の住む身近な場所でも起きているんだろうなあと、じわじわと実感しました。

日本の闇を描く一方、「家族」のあり方も問題提起している本作。
「家族ってなんだろう?」というテーマは、是枝監督が長年描き続けているテーマですよね。
メッセージ性の強い攻めの姿勢が多いシーンが印象的な本作は、それまでの過去作の集大成のような気がします。

家族ってなんなんだろう?
血が繋がっていても殴り合ったり、言葉で傷つけあったりする家族もいる。
家族じゃなくても、一緒に暮らして毎日幸せを感じている人もいる。

本作ではそれぞれに事情を抱えた人たちが、一つの家に集まって一つの家族になります。
ギリギリの生活をしながらも家族たちは幸せで、たとえお母さん、お父さんでなくても、心は満たされて、笑顔でいられたのです。

現実的な終わり方をしますが、だからこそ作品そのものがよりリアルに感じられました。

リサ

柴田家のような家族が、日本のあちこちにいるんじゃないだろうか。

「子どもたちはあなたのことを、なんて呼んでいた?」と捜査員に聞かれたあとに、うなだれて涙を流す信代のシーンと、最後に身を乗り出すようにし外を眺めていたじゅりのシーンが印象的でした。

いつもドンパチ映画ばかりみているので(笑)、改めて映画の「伝える力」もひしひしと感じました。
映画の上映中って、画面から目を反らせないから、全身に降りかかってくるんですよね。
いままで見て見ぬ振りしていた問題と真正面から向き合うことができた2時間でした。

この国の未来がもっと良いものになってほしいと願うばかりです。

血が繋がっているだけが家族なのかな?

柴田家は、世間からみたら偽りの家族
治と信代は婚姻関係にないし、亜希、祥太、じゅりの子どもたちも何一つ血の繋がりがありません。
それでも彼らは毎日必死に、楽しく毎日を駆け抜けていたのです。

本編では一年をかけて柴田家の生活が描かれています。
それぞれの普段の生活、家族団らんで過ごす時間、そこにはこの人たちが血が繋がっていない他人同士なのだというのは感じられません

脆くて今にもちぎれそうな糸を張りながら過ごしてきた柴田家の生活は、突然ぷつっと切れてしまいます。
彼らの楽しそうな日常をみたあとで訪れる現実。

ニュースキャスターやマスコミたちが、柴田家の前でニュースを伝えているシーンをみた瞬間、私たちはいつも物事を一方的にしかみれていないんだなと感じました。

SNSやインターネットの発達で、情報は溢れかえり、すぐに拡散され、そして世論は大きな武器になってすぐに誰かを傷つけることが当たり前になってしまいました。
何かの記事がバズって、誰かがものすごい批判にあって、責任を取ったあと、別の誰かがもう一方からの意見を上げることで、今度はそっち側に世論が傾く。

最近はそんなことばかりが繰り返されていて、非常に疲れます。
情報社会が完成されつつあるいま、私たちは一方的な意見に流されることなく、多角的な面から物事を考えなくてはいけませんね

リサ

ちなみに本作についても、賞を取った後に何やら賑わっていますよね。
なんだか皮肉な話です。

素晴らしいキャスティング!

役者たちの演技もとても良かったですね。
実にいいキャスティングでした。

やっぱりリリー・フランキーダメおやじが似合いますね!(褒めてる)
怖くてミステリアスな役もいいんですけど、俺はダメだからよ〜ってやっているリリー・フランキーの方がなんだか安心します(笑)

特に後半から終盤にかけての演技がよかったなあ。
「俺は万引きしか教えられないんです。」と小さい声でぼそぼそと言っているときのあの表情。
祥太と最後に会ったときの「俺さ、おとうさんから普通のおじさんに戻るわ。」と言った翌日、バスに乗ってさっていく祥太を必死に追いかけている姿なんか、涙を誘います。

安藤 サクラはもっとほっそりしているイメージでしたが、今回は役に合わせてかだるんだるの体型になってましたね。
いつも彼女の自然だけどちょっと変わってる感じの演技がいいな〜と思っているのですが、本作でも彼女の持ち味が遺憾無く発揮されてました。
ちょっとだらしなくて、適当で、でも親しみがあって、思いやりがある、よくいるおばさんをさらっと演じるのがすごい。

子どもたち三人も素晴らしかった!
松岡 茉優はすっぴんが多かったせいか、あまり松岡 茉優っぽくなくて、新鮮な気持ちでみてました。

リサ

個人的には彼女が演じていた役の女の子の今後が一番気になります。

子役の二人に至っては、なんでこんなに自然な演技ができるんだと感心してばかり。
ふたりとも喜怒哀楽のちょっとした表情がよかったな〜

最後は樹木 希林
この方に関してはもう何もいうことないですよ。
存在感が作品によって違うのがすごいですよね。
本作では他の家族と同じくらいの存在感で、優しくてちょっとずる賢い、普通のおばあちゃんを演じていました。

海辺でのシーンがやっぱり印象的なのですが、あの横顔をぼんやり眺めていたら、樹木さんもお歳をとられたなあとしみじみ感じちゃいました。

総評

評価

ストーリー
(5.0)
キャラクター
(5.0)
キャスト
(5.0)
演出
(5.0)
映像・音響
(4.5)
総合評価
(5.0)

良かった点

  • 攻めの姿勢で作られたストーリーとテーマ
  • 役者陣の演技

自然な役者陣の演技にグイグイ引き込まれました。

悪かった点

  • 特になし

なんやかんや言う前に、とりあえず観てみよう。

まとめ

考えさせられる深い映画はたくさんありますが、本作はより日本人である、日本人でなくても日本に住んでいる私たちが考えさせられる作品でした。

日本が長年抱え続け、これからも解決するには遠い道のりであろう社会問題の数々、そして家族のあり方。
決して答えを出し切ることができないのが心苦しいですが、本作が世界的に評価されたことで、日陰になっていた部分が浮き彫りになり、より社会が明るい道へと進んでいってくれたらなあと望みます。

そのためにはまず物事を色々な方向から考えること、一方通行に物事をみないこと、ここから始めていきたいですね。

万引き家族【映画小説化作品】
是枝 裕和
宝島社
売り上げランキング: 100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です