毎月「ムビチケ」プレゼント企画実施中!

ファンタジー映画が苦手だった私を変えた、最強のファンタジー映画オススメ12作品

実は最近、ファンタジー映画にちょっとハマっています。
昔からバリバリのアクション映画大好き人間で、激しい爆発や殴り合い、銃の撃ち合いが大好き。
小さい頃はファンタジー映画の予告をみると、ファンタジーねえ~と思っていました・・・

ところが、数年前また映画にハマり、食わず嫌いせずに過去のファンタジー映画を見直してみると、結構面白いんですよね。いやはや、猛省です。
そこで今回は、ファンタジー映画が苦手だった私ですら面白いぞ!と思わせてくれたオススメのファンタジー映画を12作品を紹介していきたいと思います。

ロード・オブ・ザ・リングシリーズ

ロード・オブ・ザ・リング 劇場公開版 ブルーレイ コンプリート・セット(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-07-05)
売り上げランキング: 8,625

ファンタジーといったら、まずこれが最初に浮かびますね。

イギリスの名作ファンタジー長編『指輪物語』を、3部作に分けて実写化した名作ファンタジー。
遥か太古の地球を舞台に、オリジナルの神話や歴史、争いの中で、一人の青年が一つの指輪を葬るまでの壮大な物語が描かれる。

ファンタジー映画といえば、ロード・オブ・ザ・リング!といっても過言ではないでしょう。
前回『冒険映画まとめ』で、このシリーズを入れようか入れまいか迷ったのですが、壮大な物語の背景やストーリーは、これぞファンタジー。
私は3作目の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』が大好きで、何回観ても鳥肌が立ちますね。アラゴルンの戴冠式では、ようやく終わるのかと不思議な感覚に包まれて、なんだか泣きそうな気持ちになります。

ホビットシリーズ

ホビット 劇場公開版 ブルーレイ コンプリート・セット(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-07-05)
売り上げランキング: 6,204

『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』を紹介したら、やっぱりこちらも一緒にオススメしたい!

『指輪物語』の前日譚にあたる、『ホビットの冒険』を映画化。
原作の出版順は、『ホビットの冒険』→『指輪物語』ですが、映画は『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』、『ホビットシリーズ』の順番となっています。

スタッフは同じメンバーで製作しているというだけあって、世界観や雰囲気なども『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』とシンクロする部分があり、ファンとしてはたまらないのではないでしょうか。

やはりこちらも3作目がお気に入り。決戦のシーンは、迫力のカメラワークとCGに圧倒されますよね!最初は気弱で素朴だったビルボが、どんどんたくましくなっているのもいいですね。
壮大な物語が一つの終わりを迎え、やがて『ロード・オブ・ザ・リング』へと続いていくと思うと、不思議な気持ちになります。

6作を見終わった時、なんでリアルタイムで追いかけなかったんだろう!と後悔しました。母が暇を見つけてはDVDを見返していたのも頷けます。
数々の伏線や台詞にあっとなるので、私的には『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』をみてから『ホビットシリーズ』を観るのがオススメです。

ハリー・ポッターシリーズ

ハリー・ポッター 8フィルムコレクション<4K ULTRA HD&ブルーレイセット><noscript><img src=
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-12-20)
売り上げランキング: 2,192

こちらも言わずと知れた、ファンタジー映画の名シリーズですね。
ただごめんなさい!なんと私、3作目の『ハリーポッターとアズカバンの囚人』までしか観ていないというよくいる人なんです・・・!
なんで紹介するかっていうと、やっぱり自分が観た3作目まではすごく面白いと感じていたんですよね。

亡くなった両親のおじおばに引き取られ育てられていた、少年ハリー・ポッター
11歳の時に、ホグワーツ魔法魔術学校からハリー宛に入学許可証が届き、彼の人生は一変する。
魔法の世界で繰り広げられる、ハリーや友人たちの冒険物語そして両親から続く因縁の戦いが繰り広げられます。

あまり日本って魔法に馴染みがないから、当時は新鮮でしたね。
映画を観て夢中になって、そのままあの分厚い本を買って読み漁ったのを思い出します。
杖から繰り出される技の数々、個性豊かな生徒や先生、そしてヘドウィグ。(笑)

1作目はホグワーツの生活や世界観が魅力的に描かれていて、観ているとホグワーツの生徒になりたい!と思いますよね。
クィディッチのシーンも迫力があって好きです。

なんというか、ちょうど思春期にさしかかる頃で、自然とシリーズを追いかけなくなってしまったのですが、このまとめを機に頑張って最後まで見返そうかなと思います。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2017)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-10-18)
売り上げランキング: 322

ハリー・ポッターのシリーズから、ついに新たなシリーズが誕生しました!
この作品も今後5部作を予定しているようで、楽しみですね~

ハリーたちが活躍した時代から、遡ること70年。魔法動物魔法学者のニュート・スキャマンダーが、1920年代のアメリカで繰り広げる一大騒動を描いています。

彼はのちに『幻の動物とその生息地』という、ハリーたちの時代では、重要な教科書となる本を書き上げるのですが、シリーズ1作目の原題ではその本のタイトルが使われています。
邦題は全然違うものになってますが、おそらく日本人にとって原題の方はなじみがないので、変更して正解だったと思います。

お恥ずかしいことに『ハリー・ポッターシリーズ』は現在リベンジ中ですが、それでもファンタビは面白かった!2時間半あっという間でした。

魔法で戦うってさ~・・・とか言ってた過去の自分!魔法でぶっ飛ばすぞ!
魔法のCGに迫力があって、また役者陣も杖の振り方とか、戦う姿勢をすごく工夫していて、戦闘シーンはかなり燃えました。
魔法動物たちのCGもリアルとファンタジーの間くらいの質感で、作品の世界に引き込まれましたね。

新たな魔法の旅へ出かけよう!誰でも楽しめて夢中になれる!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

ナルニア国物語シリーズ

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2011-07-06)
売り上げランキング: 16,315

これもファンタジー大作の中では外せない名作ですね。
私は結構好きだったのに、なんで途中で終わってしまったのだろうと思っていたら、なんど2016年の夏に続編製作決定の報道が!
いつになることやら・・・という感じですが(笑)、楽しみですね!

イギリスの田舎に引っ越してきた4人兄弟が、異世界へと迷い込んで、世界を救う戦いに巻き込まれる壮大なファンタジー
子ども向けなストーリーながらも、戦いや動物たちの迫力のあるCGは圧巻。

屋敷の奥の部屋にあったタンスを開けたら、その先に違う世界が広がっているんですよ!なんてロマンチックなことだろうか!
初めて観た時は、妄想癖があった自分の子ども時代を思い出して、ものすごく興奮しました。

タンスの向こうに広がる異世界ですでにテンションが上がったのですが、更にテンションが上がったのは、ライオンのアスラン
めっちゃくちゃかっこいい!!!!!アスランのためならなんだってする・・・!
動物好きには、彼の存在はたまりません。
『ジャングル・ブック』に比べたらCGは劣るところがありますが、かなり綺麗で、役者との動きも自然です。

アリス・イン・ワンダーランドシリーズ

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (2010-08-04)
売り上げランキング: 2,709

ここからはティム・バートンが製作したファンタジー映画を一気に3作紹介していきます!
まさか続編をやるとは思ってなかったので(しかもメンバーはほぼそのまま)、公式の発表があったときは嬉しかったな~!

名作児童文学『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』をモチーフに、ティム・バートンがあらたなアリスの世界を描いたファンタジーシリーズ。
19歳と大人になったアリスが、かつて訪れたことのあった不思議の国に、再び招かれ大冒険を繰り広げます
ジョニー・デップを始め、アン・ハサウェイヘレナ・ボナム=カーター故アラン・リックマンなど、出演者が超豪華なのも注目ポイントですね!

続編ではティム・バートンは総製作に回っていますが、2作ともに彼らしい独特のゴシックな世界観が全開で、魅了されます。

今度のアリスは時間を超えてアンダーランドを旅する!鮮やかな色彩の映像に引き込まれる『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 1,542

ジョニー・デップとティム・バートンのコンビも定番ですよね!

世界中で大人気のお菓子メーカー、ウィリー・ウォンカ。ウォンカがチョコレートに工場見学の招待状を忍ばせたところ、個性豊かな親子が揃った。果たして工場にはどんな秘密があるのか?そして、ウォンカには行ったどんな目的があるのか?
家族で楽しめる、ファンタジーアドベンチャーです。

家族との絆、ウォンカとチャーリーの友情など、ほっこりする王道のストーリーです。
と言いつつ途中途中に、うわあと目を背けたくなるシーンが唐突に入るのですが、それがちょっとクセになる(笑)
衝撃的な存在感を残したウンパ・ルンパが当時すごい流行って、あの変なダンスが学校で流行ってましたね~

シザーハンズ(1990)

シザーハンズ [Blu-ray]
シザーハンズ [Blu-ray]

posted with amazlet at 17.12.17
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-03-05)
売り上げランキング: 2,092

ティム・バートンが手がけるファンタジー映画の最後は、こちらの名作。
ファンタジーではありますが、前に紹介した2作とはまた違う路線の作品ですよね。

純粋な心をもつ人造人間と、一人の少女の交流を描く人間ドラマ・ラブロマンス・ファンタジー。
エドワードの両手がハサミになっているビジュアルは、なかなか印象的ですよね。

切なくて、でも温かい物語。クライマックスになるにつれ、涙が止まらなくなります。
この前久しぶりに見返したときも、結局同じシーンで泣いちゃいました(笑)
基本ハッピーエンドが好きなので、こういう、切ない(一応ハッピーエンド?)ラストには胸がしめつけられますね。

キムに抱きしめてとお願いされても、彼女を傷つけたくないからと断るエドワードがたまりません。
あのシーン大好きです。きゅんとしちゃうな~

美女と野獣(2017)

美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2017-10-04)
売り上げランキング: 6

ディズニーアニメで最も好きな作品の実写映画です。
ここ数年ミュージカル映画は人気ですよね~

これまでも、ドラマ化・映画化・舞台化とさまざまなメディア展開をしてきた本作ですが、ついに満を持してディズニーが初の実写化を製作
心から人に愛されないと解けない呪いをかけられた野獣と、迷い込んだ父の身代わりに野獣の城に住むこととなった少女・ベルの交流を描くラブストーリー

ファンタジー映画らしい、オシャレでロマンチックなCGに目が奪われます。呪いをかけられた屋敷の人々のCGなんかも、細部までよく作り込まれています。
さらにエマ・ワトソンがめちゃくちゃ綺麗。うっとりしちゃいます。意志の強い瞳なんかは、私のイメージしているベルそのもの。

名作アニメを見事実写化!豪華でファンタジックなミュージカルシーンにうっとり『美女と野獣』

オズ 始まりの戦い(2013)

オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013-08-02)
売り上げランキング: 25,345

『オズの魔法使い』も代表的なファンタジー作品ですよね〜
ただこの作品は、『オズの魔法使い』を基にしたオリジナルの作品になっています。

名作『オズの魔法使い』から20年前の世界が舞台
ペテン魔術師だった男が、魔法の国に迷い込んでしまい、そこで繰り広げられる冒険物語や、その後の彼の運命を描いています。
監督は『スパイダーマンシリーズ』でもおなじみの、サム・ライミ

ミュージカルの名作『ウィキッド』も、『オズの魔法使い』の前の物語ですが、こちらはまた違った視点・主人公で物語が展開されています
クライマックスで明かされるオチに、はあ〜なるほど!と驚きました。

私は、ストーリーよりも映像の方に惹かれました。
チカチカする独特の色彩で描かれるオズの国は、とても印象的。
そしてまるでアトラクションに乗っているかのような激しいカメラワークは、一気に魔法の世界へと引き込まれます。

ジャングル・ブック(2016)

ジャングル・ブック MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2016-12-16)
売り上げランキング: 1,902

これは公開当時映画館で観て相当興奮しましたね!
動物好きにはたまらない映画ですよ。

ディズニーのアニメ映画を50年ぶりに実写化
ジャングルに取り残され、動物たちに育てられた一人の少年が、ジャングルを支配しようと現れた恐ろしいトラに立ち向かう。

とにかくCGのクオリティがすごい。どこからどうみても、そこに動物たちがいるかのようなんです。
主人公のモーグリ以外は全員(全匹?)CGなのですが、その違和感を感じさせない動物たちの質感、役者の演技にとても感動しました。
自然なのに、表情が豊かで、生きているのを感じられるように作っているのにも驚きます。

クライマックスのシア・カーンとジャングルの動物たちが決戦を迎えるシーンなんかね、胸熱すぎて尿意を忘れるほど興奮しました・・・!

CGはここまできた!ジャングルで育った少年の成長物語『ジャングル・ブック』

千と千尋の神隠し(2003)

千と千尋の神隠し [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-16)
売り上げランキング: 722

ジブリは全体的にファンタジー色強いですが、今回は代表してこちらの作品を紹介します。
ジブリ作品の中でも1番好きですね~

都会から引っ越してきた少女の千尋。新しい家に向かう途中で不思議な世界に迷い込んでしまい、元の世界に戻るために奮闘する物語。

様々な人との出会い、縁、そして少女が少しずつ大人になっていく姿を、丁寧に、うつくしく描いています。
ジブリは、というか宮崎駿氏は思考が深すぎて、1つの作品で色々なテーマやメッセージを盛り込んでいるので考察が面白いですよね。
何度見返しても新しい発見があります。そして毎回海のシーンでため息が出ちゃいます。

まとめ

5位:千と千尋の神隠し
4位:シザーハンズ
3位:ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
2位:ジャングル・ブック
1位:ロード・オブ・ザ・リングシリーズ

みなさんのお気に入りのファンタジー映画は、ありましたでしょうか?
今回はどんな人でも楽しめる、王道のファンタジー映画を集めてみました

私の1位はやっぱり『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』でした!
心ごと鷲掴みにされるあの感覚は、『スター・ウォーズシリーズ』に匹敵するものがあります。

ファンタジー映画をランキングにするのは難しいですね〜
演出・脚本・美術・映像のどれかが突出してすごい、という作品が多いので、部門分けしたらまた違うランキングになりそうです

冒険物語や魔法を使った物語。現実の世界では決して体験することのできない世界観や設定が、ファンタジー映画の魅力ですね。
また、CGや映像美が素晴らしいものばかりで、一度見始めたら、すっかり作品の世界にのめり込んでしまうのもなかなか憎い!

今回まとめていて面白いなと思ったのが、ティム・バートンの作品を3つも入れていたということですね。
自分では全く意識していなかったのですが、彼の作風が自分の中での「ファンタジー映画」というイメージに直結していることがわかりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です