毎月「ムビチケ」プレゼント企画実施中!

混じり気のない恋物語。心の移り変わりを演じる演者の技術も素晴らしい。『君の名前で僕を呼んで』

公開当時から気になっていたけれど、自分の予定とタイミングが合わず見逃してしまった『君の名前で僕を呼んで』
これはDVDか〜と完全に諦めモードだったのですが、まさかのムービルで今頃上映が開始されたのを知り、早速駆け込んできました!ムービルありがとう!

君の名前で僕を呼んで(Call Me By Your Name)

監督 ルカ・グァダニーノ
脚本 ジェームズ・アイヴォリー
出演者 ティモシー・シャラメ
アーミー・ハマー
マイケル・スタールバーグ
アミラ・カサール
エステール・ガレル
公開 2017年
製作国 アメリカ合衆国
ブラジル
イタリア
フランス

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地。
17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。
彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。
はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。
やがて激しく恋に落ちるふたり。
しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく・・・(公式サイトより)

2017年にアメリカで公開された恋愛ドラマ。
第90回アカデミー賞では、脚本賞を受賞しています。

監督には『ミラノ、愛に生きる』『胸騒ぎのシチリア』などのルカ・グァダニーノ
一夏の恋模様を繰り広げる青年を演じるのは、ティモシー・シャラメアーミー・ハマー

何もかもが儚くてうつくしい・・・

ふたりの6週間だけの恋、うつくしくてまぶしくて、心が浄化されました・・・

男同士の恋愛模様が描かれているけど、あまり同性愛どうこうというのは気にならなくて、一夏の恋の相手が男だっただけ、という印象を受けました。

「初恋の時のような気持ちを思い出して欲しい」と監督がインタビューで語っていたようですが、監督の思惑通り、甘酸っぱくて切ない、若い時、特に思春期にしか感じられない情熱のようなものが漂っていましたね。

物静かな雰囲気の作品ですが、だからこそ心に物語がじわじわと侵食してきます。

にも

心が穏やかになっていく・・・

思春期の恋って複雑

1983年、夏、北イタリアのどこか。
17歳の青年と24歳の青年がヴァケーション先で出会い、恋に落ちていく、一夏のロマンスが描かれています。

本作は男同士の恋愛物語というよりも、主人公のエリオの心の動きを描いた青春物語といったほうが正しいかもしれません。
少年から青年に変わっていく、思春期の複雑で難しい微妙な時期にオリヴァーと出会い、心が強く揺さぶられ、葛藤しながら少しずつ大人になっていきます。

本作を鑑賞する前は、『ブロークバック・マウンテン』と同じ系統かなと想像していましたが、実際に鑑賞してみるとちょっと違う作品でした

『ブロークバック・マウンテン』はふたりの20年の恋愛模様と、当時の時代(60〜80年代)での同性愛者の苦悩や葛藤も描かれた、より同性愛者にフォーカスした作品でした。
一方で、本作はより「恋愛映画」そのものに近くて、思春期の青年の複雑な心の変化にフォーカスしていました。

舞台となる北イタリアの町の風景もとても素敵で、作品にマッチしました
海外の田舎町って日本とはまた違ったうつくしさがあっていいですよね〜
レンガの建物や草木生い茂る小道、のどかな雰囲気が漂っているのがたまりません。

にも

のびのびと過ごす主人公たちの姿がキラキラして眩しかったです。

エリオもオリヴァーもかわいい

物語はエリオの視点が中心に進んでいきます。
エリオは教養のある両親のもとで育てられた影響もあり、同年代の子どもたちよりも大人びているんですね。
本を読んだり、作曲をしたり、ピアノを弾いたり。
頭が良い分、いろんなことを敏感に感じ取る男の子なんでしょう。

そんなエリオのもとに現れたのが、父の助手を務める大学院生のオリヴァー
最初は真面目で自信家なオリヴァーに敵対心のような気持ちを抱くんですね。
相手を知りたい、気になる・・・そんな気持ちがやがて恋心へと変化していきます。

どこがきっかけだったかというシーンははっきり描かれていませんが、じっくりとエリオの心境は移り変わっていきます
少しずつ変わっていくエリオの心の動きが、ていねいに表現されていてとてもよかったです。

くっついてどうこうするよりも、くっつくまでのお互いの微妙な距離感や態度、言動の方が長く尺を取っていて、もだもだしましたね〜(笑)
恋が始まって終わるまで、エリオのことを見守ってきたので、オリヴァーと離れたあとのお父さんとのやりとりが一番心に響いて泣けました。

一方大人な駆け引きでエリオを翻弄させるのがオリヴァー
この記事書いてて彼の年齢が24歳だと知ったのですが、いやあ24にはみえない・・・

にも

ちなみにオリヴァー演じるアーミー・ハマーは31歳なんですが、31歳にもみえない・・・

最初は分け隔てなくエリオにも接するのですが、徐々に距離をとろうとするんですね。
そしてそんなオリヴァーになんでだかわからないけどモヤモヤするエリオ。

エリオとオリヴァーの決して核心をつかない微妙な駆け引きがまたいいんですよ。
背伸びした大人な恋って感じでたまりませんね。

オリヴァーはエリオと結ばれた後がめちゃくちゃかわいかったですね。
エリオに対してこれでもかってくらいやさし〜い顔をするんですよ。

にも

あなたそんなうっきうきに嬉しそうな顔、どこに隠してたのよ!!!

オリヴァーはオリヴァーで、まだ若くて多感な時期のエリオのことを守りたいという気持ちがあって、慎重な姿勢になっていたのです。
気持ちに気付いてほしいけど言えないエリオと、わかっているし応えたいけどそんなにかんたんではないオリヴァーのせめぎ合いが痛いほどに伝わってきました。

エリオとオリヴァーは「好きだ。」とか「愛している。」をお互いいわないんですよ。
唯一愛の言葉が出てくるのが、エリオのガールフレンドだったマルシアの「大好きよ。」というセリフ。
エリオと好き合っていたと思っていたマルシアですが、結果的にエリオに振り回されてしまうちょっとかわいそうなキャラクター。

オリヴァーはアメリカに帰国してしまい、悲しみに打ちひしがれているエリオ。
そんなエリオにマルシアに「大好きよ。」と言い、ふたりはぎゅっとハグをしあうのです。
ここでハッとさせられる、さりげない演出がたまりません。

愛の言葉を交わさない代わりに、「君の名前で僕を呼んで。」とオリヴァーがエリオにお願いするのかな。
自分の名前で相手を呼び合うシーンは何度かあるのですが、あれがきっと「愛している。」の代わりだったんじゃないかな。

ふたりの演技が素晴らしい

ティモシー・シャラメと、アーミー・ハマーの演技、素敵でしたね〜
本編は基本物静かに進んでいくので、喜怒哀楽のおおげさな演技はないのですが、静かな言動の中にもたくさんの感情の動きがみてとれます

ティモシー・シャラメは実際にかなり頭のいい子らしく、育ちのいいオーラが漂ってきますね。
エリオはピアノを弾くシーンがいくつかあるのですが、あれは実際にティモシーが弾いているんだそうですよ

ティモシーは、ラストの3分間の演技が素晴らしかった
ラストは、エンドロールとともに、エリオの表情が映し出されているんですね。
この時5分くらいかな、わかりにくいですがティモシーの表情がどんどん移り変わっていくんですよ。
嬉しさや悲しみ、怒り、苦しみ・・・
5分間でいろんな表情をしていて、ただエリオの顔をみているだけなのにボロボロ涙がこぼれてしまいました

にも

ティモシー、もっといい役者になるぞ・・・

一方のアーミーは、後半から急に画面の中で存在感を放ち始めるんですよ
オリヴァーは序盤はちょっと遠いところにいたのですが、エリオと交流が深まることで、どんどん作品の真ん中に侵食してきます。
するとアーミーのよくみえなかった表情がよくみえるようになって、わからなかった感情の変化が伺えるようになりました

嬉しそうにしたり、切なそうにしたり、特に後半のアーミーはよかったですね〜!
町に行ったオリヴァーを追いかけてきて、エリオが「僕がきて嬉しかった?」と言ったのに対して、「キスしたくなるくらい嬉しい。」とオリヴァーが返すんですが、この時の表情がめちゃくちゃよかった・・・
というか基本キスしようとする時の表情が、とても愛おしいものをみつめていますって顔で、ドキドキしました。

にも

眉毛を下げて悲しそうな顔をするのもかわいかった!

さて、本編で気になったのが、まあ裸のシーンが多いこと多いこと(笑)
ティモシーもアーミーも基本上半身裸なんですよね。
ふたりの体格差もまたグッとくるというか、官能的というか。

ティモシーは少年の若さを感じる体つきで、アーミーはもうムッキムキ。
どっちもセクシーでしたね〜

にも

アーミーはなんであんなにムッキムキなの?どうやったらあんなにムッキムキになれるの???

裸の流れでラブシーンの話もしましょうかね・・・
かなり攻めていて、おおそこまではっきりとやるのかとちょっと感動。
でもベッドシーンより、キスしてるシーンが一番良かったな。

最初にエリオがオリヴァーにキスを仕掛けるシーンがめちゃくちゃよかったな〜
ふたりのキスシーンは、まあエロいんだけど、キュンとくるんですよね。
上品な作品の雰囲気がラブシーンをよりうつくしいものにしてくれている気がします。

総評

評価

ストーリー
(4.0)
キャラクター
(4.0)
キャスト
(5.0)
演出
(4.0)
映像・音響
(4.0)
総合評価
(4.0)

良かった点

  • 物静かで淡々とした雰囲気
  • 田舎町の景色
  • ふたりの演技

のどかな田舎の景色と作品の雰囲気がマッチしていてじっくり本編を堪能できました。

悪かった点

  • 特になし

私好みの雰囲気の作品でした。

まとめ

がっつり同性愛の話なのかなと思っていましたが、純粋な恋愛、青春物語でした。
主人公のエリオ、そしてオリヴァーのそれぞれの移り変わっていく心理描写がよくできていて、心にじんわりと刺さります。
それぞれを演じる役者も素晴らしかった!

にも

吹き替え版もとてもとても素晴らしかったそうなので(友人談)、気になりますね。

淡々とした物静かな雰囲気の作品で、しっとり落ち着いた気持ちで映画と向き合える、いい作品です。

Call Me By Your Name (Original Motion Picture Soundtrack)
Sony Masterworks (2017-11-03)
売り上げランキング: 109

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です