甘酸っぱい王道恋愛ストーリー!美しい背景にも注目の青春映画『君の名は。』

新海誠監督と言えば『秒速5センチメートル』のイメージですが、実は見たことがないんです・・・!
ということで秒速5センチメートルではなく(笑)、『君の名は。』を鑑賞してきました。

君の名は。

あらすじ



千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

「不思議な夢……。」

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。
行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。

彼らが体験した夢の秘密とは?
Filmarksより)


感想


うわああ〜〜甘酸っぱ!甘酸っぱいよ!!
これぞ青春アニメですね。いやあ久々にこういう青春してます!という作品を観ました。
もともとあまり青春映画って興味がないのでたまに観るときますね、色んな意味で(笑)

ストーリーも面白くて、後半になって2人が入れ替わる種明かしがされるうちにどんどん引き込まれていきました。

また背景がすごく丁寧で、これまた実写映画のようなレベルの高さに驚きました。
後半にあった雨が降る中の歩道橋のシーンがたった2、3秒くらいなのですが、写真の様ですごく印象に残っています。

ただの恋愛映画じゃない、瀧と三葉の出会いが時空を超えて人々を救う


2人の意識が突然繋がって、お互い入れ替わる様になってしまい、それから入れ替わりを繰り返していくうちにいつの間にか恋に落ちて・・・
と、キュンキュンするなという方が難しいストーリー。

でもそれだけでは終わらないのがこの作品の面白いところかと思います。
いつしかお互いに会いたくなった2人は、それぞれ相手のいる場所に会いに行こうとします。
ところが瀧が三葉に会いに行こうとすると、自分の記憶していた三葉のいた場所は廃墟に。
実は三葉は瀧の生きる時代から3年前の時代にいる人物だったのです。なんという不思議。

そして三葉のいた糸守という町は3年前に彗星の落下により潰され、三葉はその事故によってすでに死んでしまっていたのです。
もうこの事実を知った時の気持ちと言ったら・・・!背中がぞわあっとしましたね。そうきたかと!

そして瀧はなんとかして三葉を救うためにあの手この手を使って糸守の人々を救おうとするのです。

これは推測ですが、もしかしたら三葉の一族は代々、彗星が落ちた未来の誰かと入れ替わり、彗星が町に落ちるということを伝え続けていたのかもしれません。

劇中に三葉のおばあちゃんも昔誰かと入れ替わったことがあると話すシーンがあります。
そして三葉たちが口噛み酒を捧げる祠の中には彗星が落ちる絵が描かれていました。
一族は彗星が落ちた後の世界の人間と入れ替わることで、彗星のことを伝え続けてきていて、三葉が最後の預言者だったのではないですかね。

一度糸守という土地には彗星が落下していますので、1200年前から糸守を守るための一族が宮水だったということでしょうか。
すでに彗星が落ちることは1200年前からの入れ替わりでわかっていて、それを後世に伝えるのが役目だったのに、繭五郎の大火でそれは伝わらなくなっていたのですね。

いやあ、瀧と三葉が入れ替わるのは運命だったんですよ・・・

大丈夫、ストーリー後半には甘酸っぱさてんこ盛りだから


壮大なストーリーに圧倒されますが、もちろん青春映画らしくキュンとしてしまうシーンもたくさんです。

最初は入れ替わりに困惑しつつも、楽しみ始めるのですが、徐々にお互いへの特別な気持ちに気づいていきます。
三葉は、瀧が片思いしていたバイト先の先輩とデートに行くということに涙し、それでようやく自分が瀧のことを好きなんだと気づくのですが、そのシーンもよかったですね〜
何気ない朝の準備間にぽろっと涙を流すんですよ。

そして三葉視点で進んでいた物語が後半は瀧視点で進むというのもよかったなあ。
先輩とのデートの時、先輩に「好きな子がいるんでしょう」と言われ、瀧も自分の気持ちに向き合うことになります。
そこから瀧は三葉に会いに行くために、自分の入れ替わった時の記憶を頼りに三葉のいた糸守町を探しに行くのです。

特にお気に入りのシーンは終盤、黄昏時に2人がようやく出会うシーンですね。
2人は入れ替わったあと記憶が残らないので、お互いの名前を忘れない様に手のひらに書こうと瀧が提案するんです。で、離れ離れになってしまったあと、三葉が瀧の名前を思い出そうと手のひらの文字を見ようとするんです。するとそこには・・・

「好きだ」

うわああああ〜〜やめて!失った何かが暴れ出してる!うわああ〜〜
なんとまあ甘酸っぱいのでしょう。もう甘酸っぱいという言葉以外に表現できませんよ。

背景がまるで実写の様に美しい


そして背景がとにかく美しい。細やかで丁寧な描写に感心してしまいます。

透明感があって、まるで実写の様なのに、でもアニメの世界から抜け出ていないちょうどいい絶妙なバランス感。
実際に岐阜にある町がモデルになっているそうで、現地にロケハンにいったりもしたんだそうです。
現実にある場所を舞台にしているからよりリアルさが出るのかもしれませんね。

音楽を手掛けるのはRADWIMPS


今回映画音楽を手がけているのはRADWIMPS
ということで劇中何度もRADWIMPSの曲が流れます。
でも正直ちょっとしつこかったかな。曲はとてもいいものばかりですが、歌じゃなくてもっとインストゥルメンタルを使っても良かったんじゃないかなあと思ったりもしました。
曲と映像どっちに集中したらいいのかわからなくなってしまう(笑)

あと時々突然映画がPVの様な演出になったりして、最近のアニメ映画をあまり観ていなかった私にとって不思議な編集で新鮮でした。

まとめ


甘酸っぱくてこれぞ青春な恋愛映画だけでは終わらない、2人のすれ違いは時空を超えた壮大な物語でした。
物語の終わりも恋愛モノのいいところで締められているのもいいですよね。

ノルタルジックな風景や、星空、実写の様な美しい背景にも注目です。


小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-06-18)
売り上げランキング: 1

君の名は。(通常盤)
君の名は。(通常盤)
posted with amazlet at 16.09.14
RADWIMPS
Universal Music =music= (2016-08-24)
売り上げランキング: 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)