人間 vs ミュータント、ついに最終決戦!?過去2作をはるかに超えた迫力満点のアクション必見!『X-MEN:ファイナル ディシジョン』

今まで地上波でしか観てこなかった『X-MENシリーズ』の旧3部作を最初から見直しています。
X-メン』、『X-MEN2』と観てきて、改めてシリーズの世界観やミュータントの能力を活かした戦いの面白さに夢中になっています。

いよいよ旧3部作最終章、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』までたどり着きましたよ!
果たして人類とミュータントの戦いはどうなるのか・・・



毎回思うけどポスターにおいてのストーム推し強いですよね(笑)

X-MEN:ファイナル ディシジョン(X-Men:The Last Stand)


監督ブレット・ラトナー
脚本ザック・ペン
サイモン・キンバーグ
出演者ヒュー・ジャックマン
パトリック・スチュワート
イアン・マッケラン
ジェームズ・マースデン
ファムケ・ヤンセン
ハル・ベリー
アンナ・パキン
ショーン・アシュモア
アーロン・スタンフォード
レベッカ・ローミン=ステイモス
ブルース・デイヴィソン
ケリー・ヒュー
ベン・フォスター
ケルシー・グラマー
公開2006年
製作国アメリカ合衆国






あらすじ



人間との共存を願うミュータントの組織「X-MEN」が弱体化する中、仲間を救うために死んだジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)が復活。
その一方、ミュータントを人間に変える新薬“キュア”が開発され、ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)、ストーム(ハル・ベリー)ら、ミュータントたちは究極の選択を迫られることになる。(公式サイトより)


2006年に公開された大人気SFアクションシリーズの第3作目

今作は監督がブライアン・シンガーからブレット・ラトナーに変更されています。
シリーズ前2作を担当していたブライアン・シンガーですが、『スーパーマン リターンズ』の監督を担当するため今作では降板となってしまいました。

ちなみに『X-MENシリーズ』の原作はマーベルコミックスですが、『スーパーマンシリーズ』の原作はDCコミックスと、ライバル会社なんですね〜!ううんこれも運命なのか。

旧3部作終結!クライマックスのスケールがでかい


アクションがものすごいことになってる・・・!シリーズNo.1のスケールです。
とくにクライマックスの人間+X-MEN vs マグニートー一味のシーンは大迫力でしたね!
最近の映画はCGがとにかくすごいので派手なシーンの演出はたくさんありますが、本作のクライマックスも負けてません。
橋のシーンはそんなのありかよ!と口がポカーンと空いてしまうほどでした(笑)

ただストーリーは少し物足りないというか、練り方が足りないかなと思ってしまいました。

3部作でどんな終わりになるのかなと思っていましたが、続編作る気満々の終わり方じゃないですか!
でも新シリーズで未来が変わってしまったらしいと耳にしたので、もう本作の続きは作られないのかな?

今まで出ていたキャラへの扱いもちょっと雑ですよね(笑)
サイクロップスは大人の事情があったようですが、ローグとかあんなあっさりエンディングを迎えちゃってもったいないですよ!シリーズをずっと通してあんなに自分の能力に葛藤していたのだから、もっとスポットライトを当てて欲しかったです。
新しいキャラクターもせっかくいっぱい出るのに、いまいち掘り下げが足りないんですよね。

最終決戦の映像やアクションはとても力が入っていてテンションがすごく上がるだけに、ストーリー頑張ってくれ!!と思わずにはいられない旧3部作最終章でした。

LOGAN/ローガン』をより楽しむために旧3部作を見返し始めたのですが、このラストだとなぜ『LOGAN/ローガン』でプロフェッサーXがいるのかよくわからなくなってしまいました。余計混乱してしまいました(笑)
やっぱりシリーズ全作観るしかないですね。

人間はついに万能薬を発明する


いよいよ人間とミュータントの争いは佳境へ。
人間はついにミュータントを人へと変える治療薬、「キュア」を生み出します。
この「キュア」を巡って人間とミュータントが激しい対立を繰り広げていきます。

そして前作で死んだと思われていたX-MENのメンバーであるジーンがまさかの復活
ところがジーンは今まで抑えていた力が解放され、別人格の人間となってしまっていた。
ジーンはマグニートー側につき、人間達と対立します。

X-MENたちは、暴走するマグニートーたちを阻止するため、人間を守るため戦います。

どんな風に完結するのかワクワクしていましたが、なんとか人間とミュータントの争いが収まって良い方向へと向かっていくというラストでしたね。
結構ふわっとした終わりというか、人間側の考えがあまりよくわからなかったのでそんな曖昧な終わり方で良いのかとちょっとモヤっとしました。
このシリーズは現実の人権問題を風刺したテーマがベースにあるので、きっとどちらかが完全に降伏するという終わり方はしないんでしょうね。

ラストもマグニートーが金属製のチェスの駒を動かせるようになり始めていたし、エンドロール後のおまけパートではプロフェッサーXが復活したことを示唆していたし、このシリーズは終わることはないというのが結末なのかな。
未視聴の新シリーズ『X-MEN:フューチャー&パスト』で時間軸が変わってしまったと聞いているので、この旧3部作の続きを見ることはもうできないんでしょうかね〜

シリーズ通して同じストーリー展開なので、既視感を覚える部分が多かったです。

今作では人間側の考えとか心情がもっとみたかったな
おそらくジーンの復活、闇堕ちのストーリーが入ってしまっているのが本編のテーマ性を弱めちゃっているんでしょうね。
ジーンの復活がキュアの存在を薄れさせてしまっていて、本作のテーマがごちゃごちゃしてしまっている印象を受けました。
2つのテーマは別にした方が、より話がわかりやすくまとめられたような気がします。

大荒れのX-MEN!新たなミュータントも登場


とにかく最後だからってなんでもありかよ!というくらい波乱のあったX-MENたち。
まずジーンの復活に驚きました。前作であんなに感動的なクライマックスを迎えたというのに(笑)
ジーンが復活できた理由もこじつけな感じがねえ。

そしてサイクロップスのあっさりとした退場も悲しかったよ〜
今までずっと活躍してきたのに・・・!

これは大人の事情があるようで、『スパイダーマン リターンズ』のため本作を降板したブライアン・シンガーが、
サイクロップス役のジェームズ・マースデンを『スパイダーマン リターンズ』に出演させたためスケジュールの都合が合わなくなってしまったんだそうです。
いっぱい出番があったし、きっとラストの戦いは能力的にも盛り上げてくれること間違いなしだったろうに残念でしたね。

プロフェッサーXの最期も衝撃的でしたね。
絶対どこかで復活してくれる、いや、復活してくれ!と願っていたので、最後の最後まで辛かったです(笑)
ラストはなんであの看護師が?と思っていたのですが、本編の中盤でプロフェッサーXが倫理観について授業をしていた伏線がここで回収されたんですね。

プロフェッサーXが中盤で退場してしまったので、おじいちゃん好きとしては後半はずっとマグニートーに癒されてました(笑)
マグニートーのラストもちょっと辛かったですね。キュアを打たれた後のあの悲しそうな顔!

マグニートーのベストシーンは、ジーンの超能力で吹っ飛ばされたシーンですね!!
なんだあのキュートなおじいちゃん!
吹っ飛ばされた後キッチンで押さえつけられているんですが、腕あげながらガタガタしている姿がただのおじいちゃんでめちゃくちゃ笑いました。

今作はウルヴァリンの出番はそこまでなかったですね。
1人のキャラが贔屓されすぎずに色々なミュータントがバランスよく出ていましたね。好きなキャラクターがいるという人にとっては嬉しいですよね。
まあおいしいところはもちろんウルヴァリンが持っていくんですけどね!
ジーンとのクライマックスはちょっと泣きそうになっちゃいました。

一匹狼でスれてたローガンが当たり前のように学園で暮らしていて、アイスマンに諭しているシーンなんかをみると成長したなあと親のような気持ちになります(笑)

ローグなんかはずっと活躍してきたので、もっとスポットライトを当てて欲しかったです。
アイスマンとパイロの決着がついたのはよかったな。気分がスッキリしました。

キャラが多すぎてそれぞれの人物描写がもっと欲しくなっちゃいますね!
エンジェルやビーストの新キャラだって、ただ出ました!みたいになってたし(笑)
まあそれを2時間で収めるというのは難しいのでしょうがないですよね〜

バランスのとれたキャスティング


キャストに関しては全員素晴らしかったですね。文句なしです。
ヒュー・ジャックマンがすっかり板についていて、ベテランの風格醸し出していました。

私の中で今作で急にしっくりしたんですよね、ヒュー・ジャックマン。
ヒュー・ジャックマンのアップをみて、あーヒュー・ジャックマンだ、ウルヴァリンだ、と妙に納得してしまいまいました。
それまで若造の新入りという感じ全開だったのですが、表情やシワに私がよく知っているウルヴァリンというのを感じられました。

若手のフレッシュなメンバーと、パトリック・スチュワートイアン・マッケランなどのレギュラーメンバーのどっしりとした安定感が合わさって、良いバランス感が生まれていますよね。

私としては、ローグ役のアンナ・パキンのどんどん成長していく演技が好きだったので、もっと彼女のシーンが欲しかったです。

迫力満点のアクションはシリーズNo.1


シリーズ集大成のやりたい放題のアクションは最高にテンションが上がりました!!
本編序盤でのX-MENの演習訓練のシーンからすでに迫力がありますよね。

コロッサスがウルヴァリンを吹っ飛ばして敵を倒すのは笑いました。
これは「ファスト・ボール・ スペシャル」という原作のコミックスに登場する歴としたコンボ技なんだそうです。まじかよ!
この連携プレーはクライマックスでもやってくれましたね。

やはり本編の中で1番の盛り上がりは最終決戦ですよね。
マグニートーがゴールデン・ゲート・ブリッジを意気揚々と動かしているあのシーンは特に印象的でした。
ダイナミック移動でしたね。
マグニートーを先頭に手下たちが後ろにわらわら集まっている姿も壮観でした。

人間のピンチにいよいよX-MEN登場!
ウルヴァリン、ストーム、アイスマン、キティ、ビースト、コロッサスの6人が並んでいるところのカメラワークは、テンションが上がらないわけないですね!!!
舐め回すようなカメラワークがしつこい?いやいやまさか!うおおおおと言いたくなるくらい熱い展開でした。

そしてX-MENとマグニートー一味がぶつかり合うシーンの迫力ったら、テンションが突き抜けるくらい楽しかったです。
お互いの能力がしっちゃかめっちゃかになって、大荒れ状態でしたね。

CGもどんどん進化していましたね。ジーンの能力によって人がバラバラになってしまう映像なんかの細かさには驚かされました。
マグニートーがキュアの攻撃を避けるために橋の崩れた部分を持ち上げる動きも、違和感ないくらい自然でした。

でもジャンプするモーションはやっぱりワイヤーアクション感すごかったです(笑)

良かった点


・旧3部作シリーズNo.1のアクション

やっぱりミュータントたちの能力を活かしたド派手なアクションはテンションが上がります!

悪かった点


・ストーリーが散らばっている

色々やりたい要素がありすぎたのか、ちょっとストーリーは首をひねってしまう部分がありました。

まとめ


完結すると思いきや、まだまだ終われないぞ!というラストに収まった旧3部作の最終章でした。
ぜひ本作の続編も作って欲しいと思っていたけれど、ヒュー・ジャックマンはウルヴァリン卒業しちゃったんですもんね。残念だ〜

ストーリーは気になるところもありましたが、アクションは大迫力で楽しかったです!
クライマックスの決戦は心拍数が一気に上がる演出がいっぱいでしたね!

X-MEN:ファイナル ディシジョン [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-09-04)
売り上げランキング: 13,321

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)