ハリウッドスターと言えばこの人!「トム・クルーズ」年代順オススメ映画12作品

tom_cruise_10

誰もが知ってるトップスター、トム・クルーズ
親日家としても有名で、日本人にとっても馴染みのある方ですよね。

ええ、はい、大好きです!!!!!

トム・クルーズってどんな人?


Profile image
1962年7月3日誕生。幼い頃に両親が離婚し、母と共に各地を転々とする。
ハイスクール時代はレスリング選手であったがケガのため断念。
演劇部で活動するうちに演技への道を目指し、卒業後、ニューヨークへ渡り演劇を勉強。
81年『エンドレス・ラブ』で映画デビュー。その後、『タップス』、『アウトサイダー』、『卒業白書』などで徐々に頭角を現し『トップ・ガン』の大ヒットと共にブレイク。
製作者としても『ミッション:インポッシブル』シリーズを手掛けて世界的ヒットを飛ばしている。
allcinemaより)

もちろん役者や製作者としても素晴らしい能力を発揮していますが、やはり他の俳優たちより抜きん出ているのはファンへの神対応ぶりですよね。
とにかく人前に出る時は24時間トム・クルーズやっていますというくらいサービス精神が高い。
どの国でも変わらず、ファンたちとの触れ合いを大切にしています。
日本でも昨年の『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』での来日イベントでは、5mのレッドカーペットを2時間かけてファンと交流したっていうんですから!亀もびっくりですよ。

神に愛された男だと私は思っているのですが、最近トムと共演するいろんな人のインタビューを読んでいるうちに、地道な努力が彼自身を作り上げているんだろうなと思うようになりました。
いくら好きでも受け入れられない面もありますが、それが逆に彼も人間なんだなと思わせてくれるので良しとしましょう(笑)

そんなトム・クルーズの出演作品で、これは見てほしい!というものを年代順に11作品、番外編を1作品と合計12作品まとめてみました!

卒業白書(1983年)


卒業白書 [Blu-ray]
卒業白書 [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.05.20
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 68,017


一躍その名を世に知らしめた名作。
「You perfect me.」も名言ですね。くさいけどかっこいい。トムが言うから。

高校生が両親がいない間にあれこれやんちゃする青春映画。
とにかくトムが若いしかわいいし初々しい。

白シャツにブリーフで歌って踊るシーンは超有名ですね。
この頃は好きな女性にアプローチする時、歌を歌いながら踊るというのが流行ってたんですかね〜
去年の夏にアメリカのトーク番組で、この映画の劇中歌をリップシンク(ようは口パク)している動画も話題になりましたね。
53歳なのにスーパーかっこいいのでオススメ。

トップ・ガン(1987年)


トップガン 3D&2Dブルーレイセット【2枚組】 [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-06-21)
売り上げランキング: 2,019


卒業白書の勢いに乗り、トム・クルーズを一躍世界のトップスターにのし上げた作品が『トップ・ガン』でしょう。
そしてMA-1とレイバンのアビエイターブーム。
未だにこのトムクルーズに憧れる男性も多いのでは?私が男だったら頭のてっぺんからつま先まで真似したくなりますよ、きっと(笑)

アメリカ海軍に所属する若手の天才パイロットの栄光と挫折、そして再起を描いた青春ムービー。
まさに男の憧れの姿を描いたような感じ。初めて見終わった時は「COOOOOOOOOL!!!」しか感想が浮かばなかったですね。
ちなみに『トップ・ガン』というのは「アメリカ海軍戦闘機兵器学校」のことで、実際にアメリカにある訓練学校なんですよ。エリート戦闘機パイロットの上位1%しか入ることのできない厳しい学校なのだとか・・・

そんなわけで、この映画はアメリカ海軍が全面協力し、実際の海軍基地や空母でロケが行われたんだそうです。
さらにマーベリックたちが乗っている戦闘機F-14も実際に海軍から貸し出され、役者の人たちは体験訓練を行ったそうですよ。
この映画は戦闘機マニアの方々にもオススメですね。ほぼ空飛んでるので。
飛行中のシーンは迫力があって、最後のマーベリックの任務のシーンは大興奮しましたね!

そしてこの映画も歌って女性を口説く。この時代の娯楽の一つなんですね、音楽というのは。
挿入歌の『愛は吐息のように・・・』は名曲なので是非聞いてみてください。

カクテル(1988年)


カクテル [Blu-ray]
カクテル [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.05.20
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2012-12-05)
売り上げランキング: 24,625


若きトム・クルーズ全盛期ですね。
これは友人にすごく勧められてほーんと思いながら見たらあんまりのかっこよさに卒倒しそうになりました。

若い男が一攫千金を夢見てニューヨークにやってくるけれど、なかなかうまくいかず、ひょんなことでバーでアルバイトをする青春群像劇。

トムが若い頃は青春モノ多いですね〜。流行りでもあったのかな。
これはトムスマイルとカクテルを作る時のパフォーマンスが素晴らしい。でも本人は自身の出演映画ワースト4に入れてるんだとか。なぜ〜
まあ確かに映画というよりアイドル的扱いをされているような感じはありますね。

ミッション:インポッシブル(1996年)


ミッション:インポッシブル™ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-07-19)
売り上げランキング: 4,670


言わずと知れた大人気シリーズ。
全シリーズオススメですが、第1作品を紹介します。

私はこの作品でトム沼に落ちました。本当にありがとうございます。
見たことがない方も、丸眼鏡をかけたトムが宙吊りになっている姿は見覚えがあるのではないでしょうか!この映画のワンシーンです!

大人気TVドラマ『スパイ大作戦』を新たに映画版にリメイクしたもの。今では『ミッション:インポッシブル』シリーズとして独立した人気を得ていますが、この元作品もかなりファンの多い作品です。

秘密組織IMFに所属するスパイのお話。
ありがちではありますが、あっと驚く展開と、ちょっぴりホラーチックな雰囲気がとても好きです。

トムの役が女性に対して初々しいというのもなんだか可愛い。大体この時期のトム作品は女の人とイチャコラしてるから(笑)
そして何と言っても目がキラキラしていてすごく素敵です。あっという間に沼です。いらっしゃいませ。
そしてこのシリーズは、のちに私にとって伝説となる『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』という作品を生むのです・・・

トム伝説の始まり!サスペンスとアクションの合わせ技が爽快!『ミッション:インポッシブル』

アイズ・ワイド・シャット(1999年)


アイズ ワイド シャット [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 20,601


これはかなり覚悟してみていただきたい1本。
あとR-18作品ということもあってちょっぴり過激な描写アリ。
とある夫婦の結婚生活を描いた作品。

一回見ただけじゃわけがわからない。内容は正直???で、まあ夫婦ってそういうもんよねという感じ。
なにがいいってトムとニコールがエロい。それだけ。(笑)

主演は当時実際に夫婦だったトム・クルーズとニコール・キッドマン。
この映画は撮影に400日にも及び、監督がものすごいこだわりをもって撮影していたんだそうです。
トムは監督の要望に応えようと撮影に臨んでいましたが、ニコールはそれに限界を感じ、2人は撮影終了後、離婚してしまいます。恐らくこの作品の撮影が原因だろうと言われています。

マイノリティ・リポート(2002年)


マイノリティ・リポート [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-11-22)
売り上げランキング: 9,749


トムにしては珍しいSF映画での主演作。
2055年の未来。プリコグと呼ばれる未来予知のできる人間を利用して、世の中は事件が起きることを予測し未然に防ぐことができるようになっていました。
そんな犯罪予防局に務める主人公・ジョンが、ある日自分が殺人事件を起こすことを未来予知されさあ大変。
彼はそんなはずはないと真実を知るために逃亡、徐々にプリコグの隠された秘密にせまっていく・・・

ストーリー展開が早く、テンポよく進むので面白いです。
主人公が犯罪予備軍として指名手配されるので、とにかくトムが逃げる逃げる。『M:i:Ⅲ』バリに走ってる。
ジョンの過去もかなり辛いのですごく感情移入してしまいます。元同僚たちに捕まりそうなシーンになると、逃げろ逃げろ!と焦る(笑)
あとさらっとエグいシーン入れてきたりするのできをつけてください。

どちらかというとアクション寄りなSF映画という感じですね。

ラスト サムライ(2003年)


ラスト サムライ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 8,265


これは日本人としてはやはり見ておきたいですね〜。
助演には渡辺謙や小雪などが出演しています。日本人が海外で活躍するきっかけとなった作品と言っても過言ではないかと。

時代は明治維新が起こった直後。南北戦争によって己を失った外国人士官が、軍隊を指導するため日本を訪れ、日本人の精神や、国の文化や環境に触れるうちにやがて己を取り戻し再生していく物語。

監督がすごく日本の歴史や文化を学んだんだろうなあというのが伝わってきます。
トムが甲冑着てるの嬉しいですね。撮影にも丁寧に、一生懸命臨んだのであろうことが画面越しに伝わってきます。
トム云々抜きにしてもすごくいい映画だと思います。

ナイト&デイ(2010年)


ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2011-02-04)
売り上げランキング: 19,917


『バニラ・スカイ(2001年)』以来のキャメロン・ディアスとの共演。『バニラ・スカイ』はAmazonのプライムビデオで観れるので是非見てみてください。

いい男に出会うために田舎からやってきた女性が偶然見つけた運命の王子様はとんでもないスパイだった!
そのせいで大騒動に巻き込まれるアクションラブコメディ映画。
バイクに向き合ってまたがって銃を撃つシーンはよくCMでみましたね〜〜

ロイは3枚目の皮を被った2枚目という私の大好物なキャラクターでした。というかイカれてる。ふざけたトムも新鮮です。
そして森川さんの吹き替えも最高です。いや森川さんの吹き替えは全部最高なのだけど。

「『いつか〜したいね。』という言葉は危険だ。永遠に叶えられないからね。」
あーあその通りだよ〜〜

ちなみに『ナイト&デイ』のナイトは夜じゃなくて騎士の"KNIGHT"です。

アウトロー(2012年)


アウトロー [Blu-ray]
アウトロー [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.05.20
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-11-08)
売り上げランキング: 10,923


監督は後に『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』も務めることになる、クリストファー・マッカリー。

無差別の射殺事件が起き、その犯人の疑いをかけられた容疑者をトムが演じる主人公ジャック・リーチャーが疑いを晴らすために真犯人を探していくストーリー。

結構複雑な展開が続くので、よく考えながら観るべき作品です。
私は映画館で観た当時、理解力ゼロだったので何言ってんだかよくわからんなあとぼんやりした感想を抱いていました(笑)
クリスって物語に隠されたメッセージをぶち込むのが好きなんですかね。『ローグ・ネイション』もこれでもかってくらいメタファーが詰まってますよね。

トム作品としては珍しく、サスペンスな物語ですので、無骨で漢なトムが楽しめます。
サスペンス作品としても、ストーリーの質が高いのでオススメです。
やっぱりアクションもすごいですよ!とくにカーチェイスのシーンはオチも含めて必見!

アウトローは続編が決まっているので、それはそれで楽しみですね。
誰です!イーサン・ハントがいるからジャック・リーチャーはいらないんじゃないかなって言った人は!シーッ!

オブリビオン(2013年)


オブリビオン [Blu-ray]
オブリビオン [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.05.20
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-04-09)
売り上げランキング: 1,460


オブリビオンってアウトローより後の映画だったのか〜
トムお久しぶりのSF映画。

ざっくり言うとクローンのトムが宇宙人の侵略から地球を守るお話。
詳しい内容と感想はぜひこちらをご覧ください。

ラストシーンさえもう少しどうにかしていればもっとヒットしたんじゃないかな〜と惜しい映画。
でも見る必要なし!というほどではないと思います。
『宇宙戦争』に比べれば・・・(小声)

ラストは賛否両論?映像が美しいトムクルーズ主演SF映画『オブリビオン』

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年)


オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-11-12)
売り上げランキング: 2,823


近年のトム映画の中で一番好きです。
日本の小説が原作のSFアクション映画。SFでいいのかな?

所謂タイムループ物。
これもオブリビオン同様、未来が舞台。宇宙人が地球を侵略するために引き起こしているタイムループにトムが演じる主人公・ケイジ少佐が巻き込まれる。

トムが戦っては死んで、戦っては死んで・・・を繰り返しています。また、役所がひ弱な軍人なので、序盤は結構あっさり殺される(笑)
いつもの無敵トム・クルーズじゃないのはかなり新鮮かも!
しかし徐々に自分が置かれている状況を理解し、敵を倒そうと強くなっていくにつれ、いつものトム・クルーズになりますのでご安心を。

トムたちが劇中で背負っている装備品は合計で40kgもしてるんだとか!すげー!

トムが死んだり生き返ったり。タイムループで勝利をつかむ。日本原作のハリウッド大作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

番外編:ロック・オブ・エイジズ(2012年)


ロック・オブ・エイジズ ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-02-06)
売り上げランキング: 51,921


こちらはトムが主演ではないのですが、トムが好きになってしまった方にもっと好きになって欲しいがために番外編としてご紹介します。

2005年にブロードウェイで上演されたロックミュージカルの映画版。
80年代のロサンゼルスが舞台。歌手として成功を夢見ている青年の青春物語。80年代って感じのストーリーです。

トムは伝説のロッカー・ステイシーという役なのですが、これがやばい。
もうトムじゃない。こんなトム見たことない!!!誰!!!チャラい!チャラいよお!
常に美女をはべらせ、酒浸りの日々。
しかしステージに立つと失神者が続出するほどのカリスマ的存在。なんてこった。

ここまで弾けた役って他にあったろうか・・・
見た目もロン毛にやらしいパンツにがっつりタトゥーが入っているというとんでもない出で立ちなので、ぜひ普段と違う攻めの姿勢なトムをご確認ください。

ブロードウェイ人気ミュージカルの映画化!ロックを愛する人々の物語が80年代の名曲と共に繰り広げられる『ロック・オブ・エイジズ』

まとめ


第5位:ナイト&デイ(2010年)
第4位:卒業白書(1983年)
第3位:ラスト サムライ(2003年)
第2位:トップ・ガン(1987年)
第1位:ミッション:インポッシブル(1996年)


私のランキングはこんな感じです。
うーん、無難でつまらないですね(笑)
正直ランキングに差はなく、もうその辺はトムのかっこよさとストーリーの好みです。
5位まで順位をつけるのが辛かった・・・!

もちろんトムはかっこいいし笑顔は素敵だし、ムキムキだし、誰もが認めるスーパースターですが、多くの人が惹かれるのは常に映画に対して真剣に、丁寧に、そして情熱的に向き合っている姿なのではないでしょうか。
どの作品を見てもそう見受けられますし、インタビューでも本当に映画が好きなんだなあと感じさせられます。
だからこそ彼に惹かれる人がたくさんいるんでしょうね。

紹介した作品で興味をもった作品がありましたらぜひご覧になってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)