ジェット・リー vs ジェット・リー!キレッキレのカンフーアクションが炸裂!『ザ・ワン』

ランボーシリーズ』に始まり、『コマンドー』と、最近肉体派なアクション映画を立て続けにみています。
ムキムキマッチョな肉体派俳優が活躍する作品も華があっていいですが、ちょっとお腹いっぱいになってきたので今日はまた少し違った作品を鑑賞しました。

その俊敏な技に魅せられる肉体派俳優ジェット・リー主演の『ザ・ワン』です。



このポスターの宣伝文句は・・・予告詐欺なのでは・・・(笑)

ザ・ワン(The One)


監督ジェームズ・ウォン
脚本グレン・モーガン
ジェームズ・ウォン
出演者ジェット・リー
ジェイソン・ステイサム
カーラ・グギノ
デルロイ・リンドー
公開2001年
製作国アメリカ合衆国


あらすじ



この宇宙全体には125のパラレルワールドが存在し、その均衡を守るため多次元宇宙捜査局=MVAが監視に当たっていた。
が、捜査官の一人ユーロウがその特権を利用して、他世界の自分を次々と殺し始めた。
ユーロウは一人殺すたびにそのエネルギーを吸収するかのように超人化していく−−。

ロサンゼルス。
アメリカ大統領をゴアが務める世界。
留置場から出てきた男ロウレスをユーロウが襲い殺してしまう。
そしてこの時、ユーロウの標的はついに、ブッシュが大統領を務める世界に住む、ロサンゼルス郡保安官ゲイブひとりとなった・・・(all cinemaより)


2001年に公開されたSFアクション映画

監督を務めるのはジェームズ・ウォン
何とこの方、私が大好きなB級映画である『ファイナル・デッドコースター』の監督でもあるんです!
あの映画は本当に衝撃的だったなあ〜何度も観てしまうB級映画の一つです。

近年ではアメリカの人気ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』の製作と脚本を担当しているようですね。

SFとカンフーアクションの合わせ技!


ジェット・リーのカンフーすんごい!
カンフー映画って今まで興味が持てなくてスルーしていたのですが、ファイトシーンもなかなか面白いですね。
最後のジェット・リー vs ジェット・リーのシーンは同じ人物なのですが、それぞれ対照的な動きをしていたのが印象深かったです。

ストーリーに関しては若干B級な感じかなあと思いました。
設定に甘いところがあったり、なんで?と疑問に思うような部分が多かったです。
ストーリー無視で、ジェット・リーのアクションを楽しむ映画なのかな。

そして個人的に楽しみだったのが、共演者にジェイソン・ステイサムの名前があること!
2人は『エクスペンダブルズシリーズ』でも共演していますよね。
10年も前に共演していたとは。

いやーステイサム若い!
完全に脇役なのが新鮮でした。
そしてまだ髪の毛が生えている!ふっさふさ!
ジェット・リーにボッコボコにされているステイサムってとても新鮮です。
アクションもそこまで身体張っていないし、小物感溢れてました。
この頃はまだ売り出し中って感じでいいですね。

SFの設定が2000年代のクオリティで、懐かしかったです。
あの近未来を感じる雰囲気が結構好きなんですよね。

125人の頂点を目指す男と狙われる男の戦い


多次元宇宙やらドッペルゲンガーやら近未来のSF設定てんこ盛りですが、ストーリーは単純です。
悪役ジェット・リー vs 善人ジェット・リーバトルアクション映画なのです。

宇宙にはパラレルワールドが125あり、それぞれの世界に自分という人間が1人ずついるというSF設定。
なぜ125なのかはわかりません。

そしてその125人の頂点を目指すユーロウという男。
125あるパラレルワールドにいる自分を全て倒したら、唯一の全能の存在である「ザ・ワン」になることができるため、ユーロンは禁止されている次元の移動を繰り返していたのです。

映画は123人目の男、囚人のロウレスが留置場から現れるところから始まります。
別次元に自分であるロウレスを殺したユーロウは、さらなる力を得たところで彼を追っていた多次元宇宙捜査局の捜査官であるローデッカーとファンチに捕らえられてしまいます。

ところが謎の女の協力によって、ユーロウは脱走に成功し、ついに我々の住む次元へとやってきます。
この味方もほんの一瞬の登場で、それっきり出てこないのが面白いです。
この女は誰なんだ!と思っていたら、後々ああそういうことか!と判明しました。

こうしてユーロンと、124人目の男であるゲイブが邂逅し、壮絶なバトルロワイヤルが繰り広げられるのです。

なぜ多次元宇宙が125なのかとか、123人分のパワーを吸収していたのにも関わらずなぜ1人分のパワーしかないゲイブに負けるのかと、色々気になるところはありますが(笑)、最後のゲイブを元の世界に戻してやる流れだけはちょっと無理矢理だなあと思ってしまいました。
ハッピーエンドにしたかったんだろうけど、時間軸まで好きに移動できるってもうなんでもありじゃないのか!?

ジェット・リーがメインの映画なので、ジェット・リーのファンだったり、彼のアクションが好きだ!という方は終始楽しんで観られるでしょう。
刑務所に送られたユーロウのラストシーンは最高でしたね。
もうあの刑務所でザ・ワンになってくれ(笑)

見た目は同じでも性格が全く違う2人


この作品でもメインキャラクターは、ユーロウゲイブという2人の男。
演じているのはジェット・リーなので、もちろん見た目は同じです。
なので時々見分けがつかない!

でも性格は全く違う2人。
ユーロウは野心家で、とにかくザ・ワンになるためになんでもやってのける。
ニヒルな笑みが特徴的で、悪い奴オーラが全身から醸し出されています。

一方のゲイブは、正義感溢れるロサンゼルスの警察官。
自分と同じ顔の人間の登場に混乱しつつも、徐々に状況を理解してくる冷静な一面があります。

あとは2人とも武術の腕がすごい。
ユーロウはわかりますが、ゲイブも達人のような腕前。
警察官にしちゃあ強すぎるのでは!

2人はまるでオセロの駒のようです。

話の流れでどっちがどっちかわかる時は、なんとなく表情もああユーロンだ、んでこっちはゲイブ、とわかりやすいのですが、ストーリーの展開上ごちゃまぜになってしまうと、もうどっちがどっちなのかわからなくなってしまいました。
わざとやってるのかな?それとも私の見分ける力がないだけですかね(笑)

ジェット・リーのカンフーアクションは必見!


北京武術大会5連覇の実績を持つジェット・リー
この記録は未だに破られていないんだそうです。

そんな武術の達人というだけあって、接近戦でのアクションシーンはかなり見応えがあります。
やっぱりキレがすごいですね。
拳を繰り出した時に、その周りの空気まで切り裂いているような感じがします。

ジェット・リーのカンフーアクションがすごすぎて、明らかに相手はジェット・リーじゃなくてスタントマンじゃねーか!と気づいてしまうシーンが多いのも、彼がプロすぎる故という感じですね。
この時代ではまだ同じ人間を同じ画面に映し出すのは難しいですよね〜

面白いのが、ユーロンとゲイブの戦い方はを意識した演じ方をしているんですよね。
2人のファイトシーンだけでなく、それぞれが自主訓練している時も動きに違いが出ているので、すぐに気づくと思いますよ。

ユーロンはスピード感とキレのある動きで、対してゲイブは流れる水のような柔らかい動き。
剛の動きは形意拳、柔の動きは八卦拳を中心に構成しているんだそうです。
アクションも意識しながら観てみるとまた面白い発見ができそうです。

序盤のミスリードや2000年代溢れるCG


序盤のミスリードはワクワクして面白い演出なんですよね。

最初にロウレスという囚人役としてジェット・リーが登場します。
お、きたきた!と思った瞬間殺されたことに衝撃を受けるのですが、なんとそのジェット・リーを殺したのはジェット・リー!

そのあともユーロウが飛んだ先で、また最初と同じ景色のシーンが繰り返されるのですが、今度は囚人はジェット・リーではないんですね。
あれ?と思ったら、なんとジェット・リーは警察官だった!

この話の展開が読めない切り出し方はワクワクしました!

SF映画ということでCGも積極的に使われているのですが、ターミネーターとかマトリックスっぽい処理の仕方で、懐かしいなあとしみじみしました。
ユーロウたちがワープする時のCGとかもう2000年代真っ盛りです!という感じが、逆に良いです(笑)
昔のCGは水っぽい動きをよく使っているイメージがありますね。

良かった点


・ジェット・リー vs ジェット・リー

この作品はジェット・リー好きのための映画という感じですよね。
接近戦のファイトシーンは結構興奮しました。

悪かった点


・SFの設定が謎

結構ツッコミどころが多いのと無理があったりして、ストーリーはB級っぽいかなあと思いました。

まとめ


ジェット・リー vs ジェット・リーのアクション映画です。
SFのストーリーは求めずに、彼のキレッキレのカンフーアクションを楽しみましょう。

ヨワヨワな小物感漂う若きジェイソン・ステイサムもみれるので、彼が好きな人も一度みてみてはいかがでしょうか。

ザ・ワン [Blu-ray]
ザ・ワン [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.05.06
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2015-02-04)
売り上げランキング: 47,188

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)