遭難男と死体の青春サバイバル!下ネタとオナラが生きる素晴らしさを問う『スイス・アーミー・マン』

心はすっかりトムの新作待ち状態ですが(笑)、『スイス・アーミー・マン』の強烈なポスターに惹かれ、観に行ってきました!



ね?すごくないですかこのポスター。
男が笑顔で男に乗っかって海の上を走っている・・・しかも乗っかられているのはあのダニエル・ラドクリフ

予告も観たことがなかったので、どんなジャンルの話なのかもわからないまま劇場へと飛び込んでいきました。

スイス・アーミー・マン


監督ダニエル・シャイナート
ダニエル・クワン
(ダニエルズ)
脚本ダニエル・シャイナート
ダニエル・クワン
出演者ポール・ダノ
ダニエル・ラドクリフ
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
公開2016年
製作国アメリカ合衆国


あらすじ



無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決し、その死体にまたがるとジェットスキーのように発進!様々な便利機能を持つ死体の名前はメニー。苦境の中、死んだような人生を送ってきたハンクに対し、メニーは自分の記憶を失くし、生きる喜びを知らない。「生きること」に欠けた者同士、力を合わせることを約束する。果たして2人は無事に、大切な人がいる故郷に帰ることができるのか──!?(公式サイトより)


全米では2016年に公開された青春・サバイバル・アドベンチャー
シュールな作風と、メインキャスト2人の演技が好評価の作品。

監督を務めたのはダニエル・シャイナートダニエル・クワンダニエルズコンビ
どんな作品を作られているのか調べてみたのですが、ミュージックビデオを中心に活動されていたようです。
映画監督としては駆け出しコンビのようですが、これからが楽しみですね!

主演を務めたのは、ポール・ダノ。アンニュイな雰囲気の表情がいいですね〜
したい役で共演したのは、ダニエル・ラドクリフ。『ハリー・ポッターシリーズ』以降、彼の出演作を観ていなかったので、お久しぶりになりました。

なんてシュールな映画なんだ・・・!


シュ、シュールすぎる・・・!シュールの塊だ!
これは好みがはっきり分かれそうですね。
私はまあまあ好きでした(笑)。

まあまあ、なんてまた日本人らしい感想になっちゃいますが、面白い時と、ついていけない時の差が激しい
面白い時はグーっと作品に引き込まれるのですが、急にわけのわからない展開が始まると、一気に素になってしまう。言葉で表現しづらいのですが、ずっとまっすぐに進んでいたのに、急に明後日の方向にストーリーが進み出すことがあるんです。
そういうときにすぐに面白い展開だなーと反応できず、なんだこりゃ??の気持ちの方が大きかったです。そのうち、明後日の方向に自分が乗っていけるようになると、おもしれえ!ぶっとんでやがる!と楽しくなってくるんですけどね。
ムラのある面白さが印象的でした。めちゃくちゃな方向に引っ張られるのが好きな方は楽しめたと思います。

世界観はぶっとんでます。だって死体がわけのわからないスーパーマンなんだもの!(笑)
オナラで海を渡ったり口から水が出たりアソコがコンパスになったり、なんでもありかよ!
いよいよ喋りだした時は笑いました。
あそこまで徹底して好き勝手やっていると、なんだか愛着湧いちゃいますね〜

一方、ストーリーはわりとしっかり作られていました。変にめちゃくちゃなゴリ押し設定の作品よりもきちんと構成が作り込まれていて良かったです。
ラストはどうなることやとヒヤヒヤしましたが、あの女性と同じセリフを叫びたくなるようなオチで最高でした。

そうそう、ちょこちょこ映画ネタもありましたね!
ジュラシックパークの歌や、影絵で名作映画たちの再現をしていたり、映画好きとしてはテンションの上がるシーンでした。

男と死体の友情物語


この作品は一体何のジャンルなんでしょう。
コメディ?青春ムービー?友情物語?ロードムービー?
一言でどんなジャンルかまとめるのが難しいくらい色々な要素が混じっていました。

Wikipediaさんによると、「ドラマ映画」だそうです。
・・・なるほど、ざっくりまとめればドラマ映画が最適ですね(笑)

無人島に漂着した男・ハンクが、偶然見つけた死体・メニーと共に過ごす不思議なサバイバル物語
偶然見つけた死体のメニーは、これまたイかれたやつだった。
『スイス・アーミー・マン』というタイトルは、「スイス・アーミー・ナイフ」という万能ナイフ(十徳ナイフとよく呼ばれますね)をもじってつけられました。

その名の通り、メニーは万能死体
彼のありえない能力を駆使して、ハンクはなんとか無人島から脱出しようと試みます。

シュールな展開が続く中にも、時々グッとくるようないいセリフが散らばっています。
周りから浮かないように溶け込もうとする人間の窮屈さ・愚かさを指摘するセリフが多く、そういう風潮があるのは日本だけじゃないんだなと思いました。
生きることの素晴らしさを問うセリフも。

全体の構成は、クライマックスになるにつれて物語の全容がわかっていくタイプ。
ポスターをみると「大切な人が、待っているんだ」とかぬかしていますが、んまーしてやられました(笑)
ラスト20分で急にスプラッタ映画へと早変わり。これはすごい。

薄々感づいていたけどやっぱりそういうオチか〜と思っていたら、最後の最後でもうひと展開が待っていた!
まじかよ!メニー!What the fxxx!?
最後にメニーがもうひと頑張りしてくれる展開、私はすごく好きです。
あのままだったら、実は主人公がヤバかった系のよくある作品になってしまったと思うんですよね。
それを、メニーのあの退場のおかげで、この作品は一味違うぞ!?に変化させられました。

まあ意味がわからないっちゃわからないんですが(笑)
結局メニーはなんだったんだろう、と突っ込んだら、負けです。そういう映画じゃないんです。

わけのわからん死体


主人公のハンクは冴えない男。内気で自分に自信が持てなくて気になる女性には声もかけられずストーカーなんかしちゃう。
母親の死がトラウマで、父ともうまく交流が持てず、他人とも距離感が計れない。
自分に自信が持てず、今まで生きてきた世界ではとても生きづらいのだろうことが伺えます。

どういう経緯で飛び出して遭難したのかはわかりませんが、だんだん彼がどんな人間かわかってくると、きっと人生に嫌気がさしていたんだろうな〜と気づきます。
現代社会に、彼のような人間は多く潜んでいると思います。彼の自虐的なセリフに、わかるなあと感心してしまう時もありました

ところが、メニーと過ごしている時のハンクは生き生きしていて、とても人生に絶望しているようにはみえません。
メニーの持つ能力を利用しながら、必死に、懸命に自分の住んでいる世界へと戻ろうとします。
そんなハンクをみていて、がむしゃらに生きることって悪くない。楽しいじゃないか!と感じさせられます。

メニーが、「今の方が自由なのに、なぜ文明世界へとまたもどろうとするんだ」とハンクに問うシーンがあります。
ハンクはそうだよね、ずっとここにいようかな、と悩みますが、結局そのあとのトラブルでこの問いに対する答えを聞くことはできません。

自分で今ある世界から逃げ出したのに、なぜまたその場所に戻ろうとしているんだろう。
生きづらい世界で我慢するよりも、孤独な世界の方がもっとずっと苦しいのかもしれません。
元の世界に戻ってきた死にかけのハンクに、事情を知らないサラ(ハンクが片思いしてる女性)は助けを呼んでくれます。
そのときの「彼女は気持ち悪がらなかった!」と感動しているハンクの姿が印象的でした。
他人は自分が思っているより自分のことなんて気にしていないものなんでしょう。

浜に打ち上げられていた死体は、メニー。
メニーは死んでいるのに様々な機能を発揮する謎の生き物
見た目は人間ですが、ゾンビでもないし、ロボットでもないし、どんな生き物か一言で言うのが難しい。

最初はただの死体なのですが、浜辺でおおきなオナラをし始めた瞬間、一気におかしなことになってきます(笑)
でるわでるわ、ガスの塊。
勢いよく噴出されるオナラに乗って、ハンクは無人島から脱出します。もうね、その姿はぜひ実際に劇場で観てください!
オナラを出す男に乗って大喜びしている男。いやほんと変な意味じゃないんですよ!
オナラの勢いに乗ってタイトルが飛び出してきた瞬間、こらえていた笑いが一気に吹き出ました(笑)

そのほかにも、口から水を出したり指から火花を出したり腕は斧の代わりになるし口から矢じりを飛ばせば生き物だって殺せる
まさに十徳ナイフのように万能な男です。
まあアソコがコンパスになるっていうのが一番意味がわからなかったですね(笑)男のロマンかな?
最低なんだけど、最高。

彼は記憶がなく、ハンクが世話をしているうちに徐々に人間としての機能を思い出します。
まさか言葉が話せるようになるとは思いませんでした(笑)
ストーリーが進むにつれ、メニーはどんどん元気になります。饒舌に話したり、歩いたり、喜怒哀楽の感情を思い出していくんです。

結局メニーがなんだったのか、彼の存在や人生、過去について解明することはありません。
わからないのが、いいのかも。この作品は、すべてがわかってしまうと面白さが半減しそう。
本編が終わった後も、観客側が色々と考えながら作品を解釈していく楽しさ、面白さがあります。
誰かに話したくなる映画。

メインキャストの2人の心地よい演技


ぶっとんだ世界観、ストーリーだとしても、それを懸命にこなす役者がいれば、なぜか引き込まれてしまう。
癖のある作品ほど、役者陣の演技力というのは必要になってくると思います。

主演のポール・ダノと、共演のダニエル・ラドクリフの演技は、まさに不思議な作品を良作に引き上げています。
やりすぎないし、でもほどよくイかれてる
笑いにするところは笑いにして、感動させるところは感動させる表情や喋り方がとても上手でした。

ポール・ダノってどっかでみたことあるんだよな〜と思っていたら、『ナイト&デイ』オタク役で覚えていました。
『それでも夜は明ける』にも出演していたそうで、なんの役だったかなと思い返していたら、イヤ〜な農園の主の役をやってましたね。
なよなよっとしたダメ男の役をやっていることが多いようですね。

感情表現が豊かな彼の演技に、こちらも振り回されちゃいました。

ダニエル・ラドクリフがあんな薄汚い(褒めてます)役をやっているっていうのは、なかなかの違和感ですね。
お尻は丸出しだし、蹴っ飛ばされてゴロゴロ転がったり、口からいろんなもの出してるし、しまいにはお尻からファイヤー!かなり体張ってます

いや〜、ハリー・ポッターにあんなことやそんなことをやらせていいのかな(笑)
まあシリーズが終わって何年も経ちますし、新シリーズも始まったからいいのかな。
そもそも、べつに俳優なんだからどんな役をやっていてもおかしくはないんですけどね。イメージってすごいなあ。
そういやほかの部分は泥だらけなのに、瞳だけはものすごく青くて、じっと見入っちゃいました。美しい。

音楽や雰囲気のギャップ


クレイジーな世界観なのに、音楽はナチュラルで美しい音というギャップの激しさも印象的
2人は森の中で過ごすので、その森に合った曲というか、作られた機械的な音ではなくて、人の声や自然の音を中心とした音楽が多かったです。

オナラで水の上を走ったり、死体で木を切ったり口から出る水でシャワーを浴びているのに、音楽が壮大なので、変なことしてる感じがない
メニーの記憶を戻そうと、恋愛を体験させるためにハンクが女装をしてメニーとイチャこいたりするのですが、そのシーンもやってることはおかしいのに、音楽が美しいから、なんだか素晴らしく感動的なシーンに仕上がっています。

レンズフレアや自然の光が多いのも、世界観のギャップがあって印象的。
森の中で2人が楽しく過ごしているシーンではこれでもかというくらいキラキラしています。

笑っていいのか真面目に観るべきなのか時々わからなくなりました(笑)

良かった点


・世界観
・メインキャスト2人の演技


ちょっとついていけないぜ・・・という勢いが、逆にクセになります。
ポール・ダノとダニエル・ラドクリフの演技が、不安定な物語をしっかり支えてくれていました。

悪かった点


・特になし

クセが強すぎてマイナスに感じるところはありましたが、それはこの映画の特徴かなと思ってます。

まとめ


世界観が濃すぎる作品
時々ついていけなくなりますが、そんなアクの強さが逆にたまらなく面白いです。
最後までぶっとびきってたのが気持ちよかったです。

好みは分かれそうですね
わけのわからない部分が面白いのであって、そこに共感できない人はつまらないと感じてしまいそうです。
役者目当てで観るのは危険な気がします(笑)

スイス・アーミー・マン
アンディー・ハル & ロバート・マクダウェル
Rambling RECORDS (2017-09-13)
売り上げランキング: 9,950

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)