鈴木家、身体張ってます!電気のなくなった日本で生き残れ!『サバイバルファミリー』

他の映画を観に行った時に何度か『サバイバルファミリー』の予告を観ていて、公開前からチェックしていました!



サバイバルファミリー


監督矢口史靖
脚本矢口史靖
出演者小日向文世
深津絵里
泉澤祐希
葵わかな
公開2017年
製作国日本


あらすじ



東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。
さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。
一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族・・・

そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生!
テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!
ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。
次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない・・・
情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。
そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

「東京から脱出する!!」

一家は時にぶつかり合いながらも、必死で前へと進むが、さらなる困難が次々と襲い掛かる!!
果たして、サバイバル能力ゼロの平凡一家は電気がなくなった世界で生き延びることができるのか!?
今、鈴木家のサバイバルライフの幕が上がる!!(公式サイトより)


『ウォーターボーイズ』『スイングガールズ』谷口史靖監督の最新作。
青春映画を多く作り上げている中で、『サバイバルファミリー』は今まで作ってきたものとは一味違った作品で、自身が作った作品の中でもハードでショッキングな映画に仕上がったとコメントされています。

ほっこりするロードムービー


じんわり心にしみる面白さ。
そして役者陣の身体を張った演技ロケが、フィクションとノンフィクションの絶妙な間をうまく表現しています。
予告だけだと、もっとドタバタではちゃめちゃなストーリーを想像していましたが、ストーリー展開の描写がリアルで、こちら側にチクチク訴えてくるものを感じました。
笑えて、でも心にほっこりくる、そして改めて今不自由なく暮らせている世の中に感謝しないとな〜と思える映画。

ストーリーは単純ですが、色々なことを考えさせられます。
「電気」というライフラインがなくなっただけで、こんなに生活するのが大変なのか、と思ったり、当たり前の様に使っている水や食料を手に入れることの大変さや、家族との繋がり。
当たり前にあるものを、当たり前だからと甘んじていると、いざという時バチが当たるんだろうなと考えてしまいました。

あと全編ロケに挑んだというだけあって、日本中の人々が電気のない世界の中でサバイバルしているシーンがすごくリアルでした!
特に鈴木一家が高速道路を自転車で走り抜けるシーンが、すごく印象に残っていて、もちろんサバイバルなんて真っ平御免ですが(笑)、一回あんな風に高速道路を自転車で駆け抜けてみたいなと思いました。
役者の皆さん、すごく身体張ってましたね。

電気がなくなったら世の中ってこんなに不便なんだなあ


ストーリーはあらすじ通り、わかりやすいです。
ある日突然、世界中の電気が使えなくなってしまう。
そして人々は生き残るために必死に生活を模索していきます。

この危機的状況に陥った中でクローズアップされたのが、よくいる家族代表の「鈴木家」
鈴木家は、大阪以南では電気が通っているという噂を信じ、都内の自宅から、お母さんの実家がある鹿児島まで向かうことにします。
またこの家族の人物描写がすごくリアルで!!
自分の家族の様な性格の鈴木家になんだか妙な親近感が湧いてしまいました。

この電気が使えなくなった理由というのが本編の最後に明かされるのですが、は〜なるほどな、ふうん・・・となる。
私は、もしもの時に備えた訓練でした!ごめん!by日本政府、みたいなしょうもないオチを予想していたので、それよりは遥かにマシな理由でした(笑)
まさか電気がなくなって復帰するまで2年以上もかかるとは思わなかった。話は思っていたより壮大な出来事でした。

人々がサバイバルしている描写が妙にリアルで、そして面白い。
水や食料を手に入れるために、普通だったらお金を支払いますよね。ですが、ライフラインが絶たれた状況ではお金はなんの意味もなさないのです。
劇中では、「物々交換」をしながら様々な困難を乗り越えていきます。
一万円札より、一本の水の方が価値が高い世の中。
でも昔は育てた作物を近所で交換しあったりして生活するというのはよくあったんですよね。
そんな描写も中盤には描かれていました。

今使っている全てのライフラインが使えなくなったら・・・想像するだけで恐ろしいですね。
どうしたらいいのかわからなくなってしまいます。

生活の知恵も学べる!?


劇中には、厳しいサバイバルを生きぬくためにさまざまな生活の知恵が登場します。
冷蔵庫が使えなくなったら、肉や魚は燻製にしたり天日干ししたりすると保存食としていいという話や、食べられる雑草、湧き水のありか・・・
観ていて思わずなるほどな〜と感心してしまうこともしばしば。

だんだん生活に困窮してくると、虫は栄養価が高いからと食べようとしたり、バッテリー液は精製水だからという理由で水分補給に飲んだり、挙げ句の果てには猫缶を食べたりとかなり衝撃的なシーンが多くなります(笑)
なるほどなあと関心しつつ、なかなか辛い気持ちにさせられました。

こんな家族いるよね〜という描写がリアル


さらに物語にリアリティを与えてくれるのが、「鈴木家」の人物描写
これがドキッとするくらい私の家族とそっくりな描かれ方で、観ていて我が家が監視されてるんじゃないのかと思ってしまいました(笑)

仕事一筋で家族にはすっかり愛想をつかされてるのに、妙に上から目線のお父さん。
天然でぼんやりしているおっとりしたお母さん。
無口でガジェットいじりが得意な大学生の息子。
スマホ依存症で、ハブかれないためにムリして友達づきあいをしている高校生の娘。

ほらほらほら!!なんだかみなさんにも当てはまる様なキャラクターじゃありませんか??
家族だけど、なんとなく繋がりが疎遠になっている、現代のありがちな家族という描写がとてもうまい。

そんな家族が、今回の出来事をきっかけに、喧嘩しながらも少しずつ心を通わせていく姿もいいシーンでした。
劇的に変わる様なシーンはないのです。長いサバイバル生活を乗り越えて、少しずつ、少しずつ変わっていく家族の姿がかえって物語にじんわりとした情緒を与えてくれるのです。

出演陣も体当たりで演技に挑んでます!


じつは公開前の番宣で、主演の小日向文世さんが何度も「身体張ってます!」とおっしゃっていたので、どんなものか楽しみにしていたのです。
すごかった!鈴木家めっちゃ身体張ってます!

嵐の中でも自転車を漕ぎ続けるわ、いかだを作って川は渡るわ、豚を追いかけ回すわ、猫缶食べたり、芋虫まで食べそうになったり・・・
うひゃ〜と言いたくなる様なシーンがたくさんありました!
鈴木家が必死にサバイバルするたびに、こりゃ役者さん大変だったろうなあとかちょっとメタ的な考えも抱いてしまいました(笑)

芋虫を食べかけるシーンは、小日向文世さん演じるお父さんが食べようとしていたのですが、あれは本物の芋虫をたべようとしているんだそうです!
小日向さんは虫が大の苦手で、撮影前には何度も携帯でかわいい芋虫の画像を見て慣れようとしていたんだそうですよ。すごいなあ。

アクション映画とかのド派手な身体の張り方ではないのですが、生き残るために鬼気迫る表情で次々とやってくるトラブルに立ち向かってる姿は必見です。

大掛かりなロケで、よりリアリティが増してる!


『サバイバルファミリー』は、山口県を中心に、仙台千葉横浜静岡大阪神戸と全国各地でロケを行っています。
私の地元である横浜・大さん橋でも撮影が行われていたそうですが、どこのシーンだったのかわからないな・・・

映画の撮影のために実際に高速道路を封鎖にしたり、SLを走らせて撮影したりしています。
かなり大がかりですね!
ですが、それによって、より家族が長い時間をかけて長い距離を移動してきたと感じられる演出になっています。

一番笑ったのが、大阪でのシーンですかね〜
みんな食料かないので、水族館の生き物を調理して食べてるんですよ!
おかしいんですけど、うわあ〜みんな必死だ!と妙にドキドキしちゃいましたね。

どんどん都心から離れて、鹿児島へ向かっていく田舎の田園風景はとても美しかったです。

良かった点


・フィクションとノンフィクションの間の様な演出や脚本がいい
・「鈴木家」の人物描写がすごくリアル
・大がかりなロケ
・身体を張った役者陣の演技


実際にあるかもしれない、という演出がとてもよかったですね。
笑いながらも、もしこういうことになったら・・・と考えてしまいます。

悪かった点


・エキストラがいまいち

劇中の序盤では、リアル感をだすためにかなりの人数のエキストラがいたのですが、このエキストラがなんかいまいちで・・・
私としては、棒読みや、大勢で警察官に詰め寄る時のそわそわした様子が撮影されてますというのを感じてしまいました。
それが逆にリアル感があって良いということなんでしょうけど、妙な違和感を抱いてしまいました。細かすぎ?

まとめ


あくまでフィクションなのに、人物描写や大がかりなロケのおかげで、かなりリアルに感じられたサバイバルロードムービー。

電気が全く使えない!ということはなくても、大震災が起きたりしたら映画の様な状況になるかもしれませんよね。
映画を観て、こうなったら自分だったらどうするかな、と改めて考えさせられる良い機会を得られました。

サバイバルファミリー Blu-ray
ポニーキャニオン (2017-09-20)
売り上げランキング: 1,697

サバイバルファミリー
矢口 史靖
集英社
売り上げランキング: 7,119

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)