単なる特撮映画では終わらない!庵野秀明らしい社会風刺が隠されている『シン・ゴジラ』

予告の時から楽しみにしてまして、今回は4DXで観てきました!

シン・ゴジラ

あらすじ



東京湾・羽田沖—。
突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。

首相官邸では総理大臣以下、閣僚が参集されて緊急会議が開かれ、「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を占める中、内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)だけが、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。内閣総理大臣補佐官の赤坂秀樹(竹野内豊)をはじめ、周囲は矢口の意見を一笑に付すものの、直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。

慌てふためく政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は鎌倉に上陸。普段と何も変わらない生活を送っていた人々の前に突然現れ、次々と街を破壊し、止まること無く進んでいく。

政府は緊急対策本部を設置し、自衛隊に防衛出動命令を発動。さらに米国国務省からは、女性エージェントのカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)が派遣されるなど、未曽有の脅威に対し、日本のみならず世界もその行方を注視し始める。

そして、川崎市街にて、“ゴジラ”と名付けられたその巨大不明生物と、自衛隊との一大決戦の火蓋がついに切られた。
果たして、人智を遥かに凌駕する完全生物・ゴジラに対し、人間に為す術はあるのか?
東宝WEB SITEより)


庵野秀明監督のお久しぶりの作品。
エヴァの新劇場版の制作を延期してまで撮影に挑んだというの気合の入りよう。
元々特撮がお好きなんだそうですね。

感想


あ、庵野秀明監督やるじゃん・・・!
期待以上の面白さでした。
あと嫌というわけではありませんが、全体的にエヴァのような雰囲気を感じました。BGMや顔アップのカット多用、ゴジラのラストなどなど。
監督の持ち味が滲み出てます。

ゴジラが東京で暴れまくる!というシーンは少なく、日本の閣僚たちが終始淡々と会議をしてゴジラを倒すための対策を練っていく展開で進みます。
それがまたリアルで、まさに予告ポスターの「現実(ニッポン)vs虚構(ゴジラ)」という図式そのものだなと思いました。

シンプルながらも日本の政治に対する皮肉や、実際に都心に災害が起きたらどんな風になるのか考えさせられる社会風刺の効いた映画でした。
クスリと笑えるシーンはあるのですが、それもちょっとブラックジョークな感じ。この映画は大人向けですね。子どもが観ても飽きちゃいそう。

そして4DXなのですが、劇中の椅子の振動や走る時の揺れなど、結構細かい動きに対しても反応していて楽しかったです。
あとカメラのアングルに合わせて椅子も縦横無尽に動いているのは感動しましたね。よくここまで設定したなと。
今回はファーストデイだったので2,100円で観れました!この値段ならかなりお得に感じますね。

日本の社会システムへの皮肉や風刺がスパイスとして効いてる


ストーリーは至ってシンプル。
ゴジラが突如海底から現れ、それを政府がどう退治していくか模索していく。

全体の大まかな流れがわかりやすい分、ストーリーの中に日本への皮肉や風刺がふんだんに盛り込まれています。

最初にゴジラが襲ってきた時の政府の対応の遅さや、その後のゴジラへ攻撃するまでのまあ会議の長いこと長いこと。
とりあえずどこかの許可を取ってから次の許可を取る・・・後手後手の対応にネットの方が最新のニュースを得ていて更にゴジラへの対策は遅くなるばかり。

まさに2011年に起きた東日本大震災の時の再現のようでした。現代の日本の陥っている問題をこれでもかと描いています。
政府のお偉いさんもコメディアンのように扱われていて、自分たちの国の悪いところを見せつけられているのに思わず笑ってしまいます。

ゴジラがもっと街をしっちゃかめっちゃかにしてくれるのを期待している方は残念かもしれませんが、今作はゴジラよりも日本の国のあり方について考えさせられるシーンが多く見受けられました。

ちょっとドキュメンタリーチックな雰囲気もありましたね。

結局なぜゴジラは突然日本にやってきたのかわからずじまいでしたが、日本が抱える多くの難題に気づかされる契機となったのでした。

ゴジラは進化をしながら東京を蹂躙する!


さてタイトルにもなっているゴジラ。
今作でゴジラは形態を変えながら東京を侵攻していくのですが、最初に上陸した時の姿(第1形態)がとてもゴジラとは思えなかったです。
四足歩行で、なんというかウーパールーパー?みたいな見た目なんです。

私は今までの作品をちゃんと観たことがなかったので、劇中に初めて第1形態のゴジラが登場した時えっ?と小さい声が出てしまうほどビックリしました。
というか、ウーパールーパーはゴジラの敵で、こいつをゴジラが倒していくという展開なのかな〜と考えていました。

ところがどっこい!徐々に背びれが生えて、最終的に腕が生え始めます。
この辺りでゴジラの面影を感じるので、あ、これゴジラになるのか〜と察しました。

最終的に第4形態まで進化し、放射線や火を口から吐いたりします。ここは完全に私の知ってるゴジラでしたね。
これがまた迫力満点で、東京の街を次々破壊している姿に絶望的な気持ちにさせられました。

ヤシオリ作戦により、活動を停止させられたゴジラ。その姿がアップになって最後は終わります。
ゴジラの背びれや尻尾にはおびただしい数の人間の骨が・・・。
ゴジラの本当の正体は一体なんなのか、ゾッとさせられるラストシーンでした。

ゴジラには中の人がいた!


今までゴジラはフルCGで撮影されていましが、なんと今作はゴジラ役に野村萬斉さんが抜擢。

撮影にはモーションキャプチャーが使われ、野村氏の動きがそのままゴジラの動きとリンクしています。
また撮影の際にはゴジラの面や、背びれ、尻尾をつけながら撮影が行われ、野村氏はよりリアルにゴジラになった気持ちで重心のかけ方や姿勢などを意識することができたそうです。

確かにゴジラのような「人ではないモノ」は、神や無機物を題材とすることの多い能や狂言の玄人である野村氏にはぴったりの役所かもしれませんね。

中盤からほぼエヴァ


全編を通して何か既視感を感じていたのですが、観賞後他の方の感想を見て納得。
めっちゃエヴァじゃん!

ヤシオリ作戦とか最後のゴジラが活動を止めるところとかすごく・・・エヴァです・・・。
おまけに、いざゴジラ退治!となった時に流れたBGMがなんとエヴァのアレにすごく似てる(笑)
調べてみたら「DECISIVE BATTLE」って言うんですね。

周りの人も気持ちざわついていました。同じ楽曲を使っているのでしょうか?
たしかに音楽はエヴァと同じ鷺巣詩郎さんが担当されていますね。

まあ庵野秀明だから・・・でもこれはこれで面白かったです。

まとめ


庵野秀明監督の才能に改めて驚かされました。
シンプルなのに奥が深い作品。コーヒーの宣伝文句みたいですが(笑)

今までのシリーズを観ていなくても充分楽しめましたので、夏休みにぜひ劇場へ足を運んでみてください。

シン・ゴジラ音楽集
シン・ゴジラ音楽集
posted with amazlet at 16.08.03
鷺巣詩郎
キングレコード (2016-07-30)
売り上げランキング: 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)