現代と過去が交錯する!大人気イギリスドラマ『SHERLOCK 忌まわしき花嫁』

さて公開初日に行ってきましたー!
「SHERLOCK 忌まわしき花嫁」

news_header_sherlock_20151203_01

言わずと知れた大人気イギリスドラマ。
私も名前だけは聞いたことがあったのですが、あまりの話題っぷりになかなか手が出せず・・・
友人に勧められ、思い切って鑑賞してみたら、その世界観にすっかり夢中になっていました(笑)

そんなところにいいタイミングで、スペシャルドラマの日本公開が決まったのでした。

そもそも「SHERLOCK/シャーロック」とは?


「SHERLOCK/シャーロック」とは2010年よりイギリスのBBCにて製作されているテレビシリーズ。
ドラマの元となっているのはタイトルの通り、コナン・ドイルの名小説『シャーロック・ホームズ』
舞台を21世紀に据え、シャーロック・ホームズジョン・ワトソンが数々の事件を解決してゆくミステリードラマ。

捜査にはスマートフォンやインターネットを駆使したりと、21世紀ならではの方法で事件を解決。
原作ファンにも、また原作を知らない人にも楽しめる緻密な脚本構成や、個性豊かなキャラクターたちが注目を集め、世界中で高い人気を誇る作品となっています。

各シーズン3話ずつの構成で、2016年現在はシーズン3まで放映されています。
シーズン4の撮影は2016年後半からの予定とのこと。

いやー、主役のベネディクト・カンバーバッチマーティン・フリーマンは、今ではすっかりハリウッド俳優だしねえ。むしろ私は映画から二人を知った人間だし。
続編はモリアーティ復活の予感ということで、楽しみですがなかなか撮影のスケジュールが合わないだろうなあ。

閑話休題。「SHERLOCK/シャーロック」がどんな作品かお分りいただけましたでしょうか。
今回のスペシャルドラマの話に戻りましょう。

あらすじ



1895年、冬のロンドン−−。
トーマス・リコレッティは、古いウエディング・ドレスを纏った妻の姿を見て驚きを隠せなかった。
なぜなら彼の妻は、数時間前に自ら命を絶ったばかりだったのだ・・・。

リコレッティ夫人の幽霊は、癒されることのない復讐への執念とともに路地を徘徊する。
霧に覆われたライハイムから荒廃した教会の跡地に至るまで、ホーウズとワトソン、そして彼らの友人たちは、冥界からやってきた敵を相手に頭脳戦を繰り広げる。

そしてついに明かされる「忌まわしき花嫁」の真実とは・・・!(公式サイトより)


舞台はドラマ版の21世紀から原作の19世紀・ヴィクトリア時代にゴーバック。
原作通りのシャーロックやジョン、登場人物たちに出会えます。

感想


やっぱり脚本がおもしろい!
構成もハッとするような作りになっているし、最後まで画面から一秒も目が離せなかった!
スティーヴン・モファットマーク・ゲイティスに賛辞を送りたいです。ブリリアント。

そもそも海外ではスペシャルドラマとして普通に地上波で放送されていたものなので、映画のような壮大で迫力のある映像というのはありません。
しかし今回はヴィクトリア時代ということでアンティークでゴシックな雰囲気がムンムン。
ブリティッシュな世界観のおかげで、映画館で見ても特にお茶の間感を感じませんでしたね。さすがイギリス。

そして、思いっきし前作のシリーズと話が繋がっています
みんな全シリーズ見てるでしょ?とばかりにネタバレしていますので、シーズン3のエピソード3まで見ておいたほうがいいかと思われます。
単体で見るにはちょっと・・・うーん難しいかも。

緻密なストーリー展開に釘付け


本編はジョンがシャーロックと出会う、ドラマ版のエピソード1の冒頭と同じ流れを19世紀版で再現しています。
「住所は221B」のシャーロックのセリフも!ウインクはもちろんなし(笑)
シャーロックはもともと古めかしいお固めの演技だったので、特に気になりませんでしたが、ジョンが19世紀の男になってて感動した。マーティン・・・!

そして出てくる出てくるお馴染みのキャラクターたち。
ジョンの妻メアリー、シャーロックの兄・マイクロフト(ものすごく肥えてた)、ハドソン夫人、レストレード、アンダーソン、モリー。
みんな19世紀の衣装になっています。
モリーはなぜか男装をしているのですが、これは後半かなり重要なポイントになるのでチェックしておきましょう。

レストレードに相談された、死んだ花嫁が蘇って夫を殺したという奇妙な事件と、その花嫁に殺害予告を受けたという夫を守って欲しいというマイクロフトからの依頼が徐々にリンクしていき、謎の花嫁の正体が明らかになっていきます。
幾つもの事件が繋がって一つの真実に結ばれていく展開は、本シリーズでもよくありますね。

花嫁の犯人は社会的に抑圧された女性たちで、彼女たちが男性に不当な扱いを受けたことを復讐するため、巧妙にアリバイを工作して「花嫁の幽霊」を作り出していたのです。
当時の時代背景ならではの事件ですね。

19世紀から21世紀へ、時代の枠を超えるシャーロック


はいめでたしめでたし、と思いきやそんなことありません。しっかり現代版とリンクさせていました。
事件の捜査中、シャーロックが推理に行き詰まりコカインを投薬したことによって、突然場面は21世紀に戻ります。
シーズン3、エピソード3の直後。飛行機の中。
なんと今まで我々が見ていた19世紀の世界は、21世紀のシャーロックが「マインドパレス」で過去のシャーロックとリンクしていたものだったのです。

簡単に説明すると「マインドパレス」とはシャーロックの頭の中の世界で、色々なデータが保管されているハードディスクのようなものと思ってください。
ざっくばらんに言うと、現代のシャーロックが過去のシャーロックの夢を見ていた、というような感じですね。夢とはちょっと違うような気もしますが。
というまさかの展開だったので、本シリーズ未視聴の方にはあまり優しくない設計になっております。

私は、原作のシャーロックとジョンは、現代のシャーロックとジョンと同じ世界線にはいないと思っていたので、ちょっと混乱しましたね。
どいういうこと??
19世紀のシャーロックは21世紀シャーロックの妄想なの??ん?
自分の読解力の無さに苦笑。

本編は完全に21世紀に戻り、シーズン4につながるような終わり方で終了。
最後の最後に19世紀のシャーロックとジョンが出てきて、シャーロックが未来の世界に対して想像を膨らませて終わるのです。

そうして一言。
「シャーロック・ホームズは時代の枠を超えるんだ」
うん、そうだよね。
きっとシャーロックはどの時代にもいるんだよ、そういうことにしておきましょう(笑)

本編の前後には特典映像も!


本編上映前と後にメイキング映像も流れます。
本編前は、スティーヴン・モファットが221Bのセットへのこだわりを隅々まで語ってくれる6分ほどの映像。
本編後は、スティーヴン・モファットとマーク・ゲイティスによる16分ほどのキャストインタビュー。
メインキャストたちへ今作の感想やキャラクター、作品に対する想いをインタビューしていました。

4週連続で入場者プレゼントを実施!


日本では劇場での限定上映ということで、来場者には週替わりのプレゼントがあります!



第1週はポストカードでした!

IMG_1351

先着順なので、早めにゲットしちゃいましょう!

まとめ


19世紀の世界観をホラーとゴシックに表現しつつ、うまくシーズン3と4をつなげたスペシャルドラマになっています。
今までと変わらない面白さに次シーズンの期待が益々高まりました。

4週間限定の上映となっていますので、ファンの方には是非劇場へと足を運んでいただきたいです!

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 (2016-08-05)
売り上げランキング: 37

『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン1
KADOKAWA / 角川書店 (2016-02-19)
売り上げランキング: 195

『SHERLOCK/シャーロック』 DVD プチ・ボックス シーズン2
KADOKAWA / 角川書店 (2016-02-19)
売り上げランキング: 228

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)