思いがけず涙!5歳の時、初めて世界に出会った男の子『ルーム ROOM』

あまり興味なかったのですが、友人に誘われて「ルーム ROOM」を鑑賞してきました。

ROOM

あらすじ



アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。
監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。
第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、息子とともに生きようとする母を熱演した「ショート・ターム」のブリー・ラーソンが、主演女優賞を初ノミネートで受賞した。
監督は「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソン。
7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため、自らの奪われた人生を取り戻すため、ジョイは全てをかけて脱出するが・・・。
映画.comより)


こちらの作品はアカデミー賞でもかなり話題になっていて、母親役のブリー・ラーソン本年度アカデミー賞の女優賞を受賞しています。

感想


よ、よかった・・・(泣)
リリー同様、マスクびっしょり濡らしてしまいました。

7年前に監禁された女性と、彼女の5歳の息子が、監禁「部屋」から逃げ出して普通の生活を取り戻そうとするストーリー。

私はてっきり監禁された部屋からどうやって知恵を駆使して逃げ出すのかって映画だと思っていたのですが、全然違った!
むしろメインは部屋から脱出してからの話で、親子が直面する様々な問題に二人がどう立ち向かっていくか、ということがしっかり描かれていました。

また、本人たちと第三者との目線もうまく描かれていて、決してすべてがうまくいくわけではないというメッセージも表現されていました。
誘拐された娘が子どもを連れて帰ってきたことを受け入れられない父親の姿や、厳しいインタビューをするマスコミなど、そりゃそうだよなあと同情してしまう瞬間もありました。

母を愛するジャックの健気な姿に涙・・・


何にマスクを濡らしたかというと、息子・ジャックの健気さ
子どもらしい素直でまっすぐなジャックについつい母性が芽生えそうに。

部屋がすべてだったジャックにとって、我々にとっての普通の世界はわからないことだらけ。
見るものすべてが初めてだらけで、その時の感動や発言が可愛いものばかり。

そして監禁されていた母子が7年ぶりに救出された、という話に世間が食いつかないわけがない。
周囲の好奇な目に、自分の判断が正しかったのかわからなくなり、だんだんと崩壊していく母。
そんな母を助けるのはジャックの無垢な言動でした。

ずっと魔法の力があるからと切らなかった長い髪を、ママのために切ってプレゼントするシーンが一番グッときました。
ここのばあば(ママ・ジョイの実母)とのやりとりもとてもいいです。
ずっとママにべったりで他の人との触れ合いを拒否していたジャックが、ばあばに初めて「大好き」と言うのですが、すごく自然に、当たり前のように言っている姿に涙が・・・

ジャック役、ジェイコブ・トレンブレイの自然な演技力


そんなジャックを見事に演じているのは、ジェイコブ・トレンブレイ

演技とは思えないくらい自然で、すごくよかった。本当に演技していたのか?
監禁されている部屋には限られたものしかなく、ジャックは世の中に当たり前にあるもの(空や木、他人や犬など)を偽物だと思っていて、外に逃げ出して初めてたくさんの当たり前に触れます。
その時の感動や驚きが、とても自然なのです。
大げさすぎず、無感動すぎず。
彼は大物になるぞ・・・。

まとめ


人生に突然訪れた悲劇に立ち向かう時、大切な人の助けは大きな支えになる。
全てがうまくいくことはないかもしれないけれど、それでもその支えがあれば前向きに生きていける。
そんなことをこの映画を観て考えました。

なんとなく観に行った映画が思いがけずいいものだと嬉しいですよね。

【Amazon.co.jp限定】ルーム(非売品プレス付き) [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2016-09-16)
売り上げランキング: 994

部屋 上・インサイド (講談社文庫)
エマ・ドナヒュー
講談社 (2014-01-15)
売り上げランキング: 11,516

部屋 下・アウトサイド (講談社文庫)
エマ・ドナヒュー
講談社 (2014-01-15)
売り上げランキング: 17,788

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)