ディカプリオ悲願の受賞!映像美が重厚な復讐劇を引き立てる『レヴェナント:蘇えりし者』

この日を待ちわびてました!!
何度劇場で予告を見たことか!!
レオ様の記念すべきアカデミー主演男優賞受賞作品『レヴェナント:蘇えりし者』
レイトショーで見てきたのですが、夜にぴったりな映画でした。

revenant

あらすじ



1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部、極寒の荒野の中、狩猟をして毛皮を採取するハンターチームはネイティブアメリカンの一団に襲われ多大な犠牲にあいながら命からがら船で川を下る。
チームのひとり、ヒュー・グラスはネイティブアメリカンの妻との間にできた息子、ホークとともにガイドとして同行していた。
船を捨て山越えルートを選んだチームは森で野営する。翌早朝、グラスは見回り中に子連れの熊に襲われ、瀕死の重傷を負う。急ごしらえの担架でグラスを運ぶが山越えには足手まといであること、瀕死でもあることから、隊長のアンドリュー・ヘンリーが死ぬまで見届け埋葬する者を募ると、ホークとジョン・フィッツジェラルド、若いジム・ブリッジャーが残ることになった。
ジョンは2人がいない時にグラスを殺そうとするところをホークに見つかり銃を向けられるが、返り討ちにし殺してしまう。ジョンはジムを騙しグラスに軽く土をかけただけでその場を離れる。
一部始終を見ていたが動けないグラスは奇跡的に一命をとりとめ、折れた足を引きずり這いながらジョンを追う。(Wikipediaより)


感想


濃厚・濃密だった・・・
上映時間も2時間40分程とボリューミー。観るのになかなか気力のいる作品です。
そしてレオ様、これは長年のご慈悲とかでなく、断トツでアカデミー獲りますわ。
鬼気迫る怪演に魂抜かれそうでした。いや抜かれた。

ストーリーは渡辺謙が主演の『許されざる者』に近いものを感じます。
ラストはどうなるか予想しやすいですが、主人公のグラスが息子の仇・フィッツジェラルドへ復讐を遂げるまでの過程がじっくり描かれています。
仲間に見捨てられ、砦に戻る道中での辛く厳しい日々や、グラスの心情が濃密に描かれていて、ゆっくり、沼に浸かるように映画に引き込まれていきました。

映画好きさん向けな仕上がりになってます。
普段あまり映画を見ない人が、ディカプリオ出てるし観に行こ〜という気軽な感じでいくとちょっと辛いかも?

これはドキュメンタリー映画なんじゃなかろうか


と、勘違いしてしまうほどのレオ様の演技力。
グラスの生き様がリアルすぎて、これは映画です!演技です!ということを、忘れる。

熊に襲われて喉が裂かれてからの喋り方とかすごい。どうやって喋ってるんだってくらい掠れてる。
他にも生肉や生魚を貪るわ、土にまみれ雪に埋もれるわ、はたまた死んだ馬(本物)の腹を裂いて中に埋まったり。
体張りすぎ・・・!

熊に襲われ瀕死状態だった彼が、仲間に見捨てられさらに最愛の息子までも殺され復讐心に燃えている姿は、まさに地の底から這い上がっていく様で壮麗でした。
最後にフィッツジェラルドと一騎打ちになり、徐々に追い詰めていくシーンは、グラスがすごく生き生きとしていて、いい演技だなあと思いました。
トム・ハーディも『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』とは全然違う雰囲気で、言われないと彼だってわからなかったな。
二人の最後のやりとりは胸に迫るものがありました。

レオ様の持ちうる全ての力が込められてる。これぞ役者魂だなあと思いました。こんなの真似できないわ。
本人もインタビューで「相当苦労したし、もうやりたくない」って言ってましたしね(笑)

今年度のアカデミー主演男優賞のノミネート作品は、日本未公開のTrumbo以外全て見たのですが、レオ様の受賞に納得しました。
日本でももっと早く公開されてくれたら、レオ様の受賞にもっと喜べたのにな〜

映画をぐっと引き立てる映像美


レオ様の演技力もさることながら、この映画は映像も素晴らしい。
自然光のみで撮影されたということで、映画のリアルさにさらに磨きがかかっています。
荘厳かつ壮大。映画館の大きいスクリーンで見ると迫力も倍増です。

引きの全景が多く、思わず息を飲む瞬間が多かったです。
中でも夜明けの映像がすごく綺麗で、そんな美しい風景がこの世界には存在するのかと感動しました。
これは是非映画館で観るべきです。

まとめ


いやあ昔からレオ様のこと好きでしたが、改めて彼は素晴らしい役者なんだと実感しました。
あれが本当のディカプリオの姿なんだ・・・
彼の今後の作品も楽しみです。

映像も壮大で引き込まれ、圧巻の一言。
また音楽も坂本龍一が担当しているので、映画にどことなく古い邦画の鬱蒼とした雰囲気が漂っていたような気もします。

じっくり腰を据えて向き合うような映画です。

レヴェナント:蘇えりし者(2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2016-08-24)
売り上げランキング: 420

レヴェナント 蘇えりし者 (ハヤカワ文庫NV)
マイケル・パンク
早川書房
売り上げランキング: 7,235

オリジナル・サウンドトラック盤「The Revenant(蘇えりし者)」
坂本龍一、アルヴァ・ノト、ブライス・デスナー
commmons (2016-02-24)
売り上げランキング: 4,369

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)