本編62分後から見逃せない!NEWS加藤シゲアキ原作『ピンクとグレー』

予告の「本編上映60分後から衝撃の展開」という文句に誘われて、60分後の真実を確認しに行ってきました。
「ピンクとグレー」

large_236768_4

あらすじ



大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。
第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。
蓮吾に何が起きたのか?
動揺する大貴は、数通の遺書を手にする。
遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った電気を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。

初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた−。
輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。

なぜ、蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?
蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた“蓮吾の死の真実”とは−。(公式サイトより)


感想


お、意外と面白かった・・・。
正直、ジャニーズの方の原作でおまけに主演はジャニーズの方ということで、なんとなーく一定のファン向けな匂いがしていたので不安だったのですが、結構楽しめました。
特に後半のどんでん返しはおおっと画面に釘付け。
ただ友人は「イミテーション・ラブ」に似ていると言っていたので、そちらを鑑賞済みだったらデジャブを感じてしまうのかも。

本編62分後に訪れる急展開!


さて62分後に一体何が起きたのか。
序盤は蓮吾が自殺に至るまでにどんな人生だったのかという青春ストーリーなのですが、最後に蓮吾が自殺するところで突然画面がモノクロになります。
そして「カット!」の声と共にスタッフが画面にわらわら。ピンクとグレーの「グレー」の部分が露見していきます。
実は、映画の撮影を我々は見ていたのです。
劇中劇を見ている感じですね。

私たちが蓮吾だと思っていた人は実は河田−「ピンクとグレー」の作者で、蓮吾を演じていたのです。
序盤で見ていた「ピンクとグレー」の出演者は、実はみんなその役を演じている別の俳優・女優だったのです。
ちょっと文章で伝えづらい・・・。

菅田将暉、中島裕翔の180度ひっくり返った演技に引き込まれる!


そうして観客にも種明かしが始まってからは、かなーりダークな展開
河田は蓮吾の死によって、彼の人生を描いた本を執筆することになり、それがヒットし一躍時の人となる。
しかしそれは蓮吾の死によって引き起こされたもので、次第に河田は本当の自分がわからなくなってくるのです。

この「グレー」の部分になってから、役者の二人が全く今までと違うキャラクターになっていて、すごかったです。
菅田将暉ってなんでもできるんだなあ。
中島裕翔も始めて拝見しましたが、だんだん狂っていく姿がとても良かったです。

本編終盤の人間の裏の部分や、腹の探り合いなど生々しい描写には結構胃もたれしてしまいそうでした。
このまま救われないかと思いきや、最後には死んだ「蓮吾」が河田の前に現れて(もちろん河田の妄想)、無事話はまとまって終わってくれました。

原作はNEWS加藤シゲアキの処女作


これも再三話題になっていましたが、原作の小説はあのNEWSに所属する加藤シゲアキ
残念ながら原作は読んだことがないのですが、この作品が彼にとって小説デビュー作なんだそうです。
おまけにジャニーズ事務所所属のタレントが小説を出版することも史上初のことなんだとか。

まとめ


どんなに気心知れた中でも、その時の発言や行動が本当に正しいかどうかなんてのはわからない。
自分のことは自分にしか理解できない。
人間のエゴイズムな部分が見え隠れする、ちょっぴり不思議で物悲しいお話でした。

原作とはちょっと展開が違うようなので、原作ファンの方は違和感を感じてしまうかも?

ピンクとグレー Blu-ray スペシャル・エディション
KADOKAWA / 角川書店 (2016-07-08)
売り上げランキング: 117

ピンクとグレー (角川文庫)
加藤 シゲアキ
KADOKAWA/角川書店 (2014-02-25)
売り上げランキング: 878

ピンクとグレー 第1巻 (あすかコミックスDX)
藤崎 みお
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-12-21)
売り上げランキング: 32,886

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)