テロには屈しない!人々の団結力を感じた実録ドラマ『パトリオット・デイ』

先日観た、ピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグの『バーニング・オーシャン』がとても見応えがあって面白かったので、再び2人がタッグを組んだ『パトリオット・デイ』も観るしかない!と楽しみにしていました。

なかなか時間が取れずようやく観に行ってきましたよ・・・!



パトリオット・デイ(PATRIOTS DAY)


監督ピーター・バーグ
脚本ピーター・バーグ
出演者マーク・ウォールバーグ
ケヴィン・ベーコン
ジョン・グッドマン
J・K・シモンズ
ミシェル・モナハン
公開2017年
製作国アメリカ合衆国


あらすじ



2013年4月15日。
殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。
オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。
次々と走者がゴールインする最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。
歓声は悲鳴に変わり、逃げ惑う人々と折り重なって倒れる負傷者で現場はパニックとなった。

到着したFBIのリック(ケヴィン・ベーコン)は現場に散乱した金属片を見ると「これはテロだ」と断言。
テロだとFBIに管轄が移る。
犯人逮捕に燃えるトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。
やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上し、事件はアメリカ全土を揺るがす緊迫の事態へと発展していくのだった・・・(公式サイトより)


2013年に実際に起きたボストンマラソンテロ爆発事件の出来事を描いた実録ドラマ
監督は『ハンコック』、『バトルシップ』などを手がけたピーター・バーグ
近年は『ローン・サバイバー』、『バーニング・オーシャン』などの実話を基にした骨太なドラマ作品も製作していますね。

そんなピーター・バーグと3度目のタッグを組むのが、マーク・ウォールバーグ
『テッドシリーズ』の主人公のようなコメディから『ディパーテッド』の捜査官のようなシリアスなキャラ、なんでもこなす実力派役者です。

ドキュメンタリーと映画らしい演出がうまく合わさっている


見応えのある実録ドラマでした!

実録映画をたくさん観るわりには、多くの作品が悲しい結末を迎えるのであまり得意ではないんですよね。
けれど本作は、悲しみの中でも立ち上がり、立ち向かっている人々の心強さや結束力を感じられました。

まず、事件の捜査の裏側がみれたがもとても興味深かったです。
事件現場を再現するために大きな倉庫を借りるシーンには、アメリカの捜査規模の大きさを実感しました。
大きなテロ事件などになると捜査の方も大規模になっていくのですね〜
FBIと地元警察が協力しながら、ともに犯人を捕まえようとする姿もよかったですね。

ピーター・バーグは、実録ドラマを作るのがとても上手いですね!
ドキュメンタリー作品のような要素と、映画のようなドラマティックな要素がうまく合わさっているなと感じました。
どのような事件だったのか警察・加害者・被害者色々な観点から知ることができますし、登場人物たちのそれぞれのドラマがクライマックスにつながっていくストーリー展開には彼らに感情移入して夢中でみてしまいました。

ちなみにパトリオット・デイ(愛国者の日)とは、4月の第3月曜日にアメリカの独立戦争が開始されたことをお祝いする日です。
アメリカではマサチューセッツ州、メイン州、ウィスコンシン州の3州がこの日を祝日としています。
ボストンマラソンはこのパトリオット・デイに毎年開催されているのです。

ボストンマラソンで起きた爆弾テロの事件の裏側に迫る


本編はボストンマラソンで起きたテロ事件の発端から収束まの102時間を、警察・加害者・被害者の視点で描いています。
多くの人々の尽力、団結、犯人を逮捕したいという強い執念を感じる作品です。
その強い思いから、ボストンの人々は自分たちの街をとても愛しているのだなとも感じられました。

あの事件からもう4年も経つんですね。
当時はテレビで繰り返し事件のニュースが放送されていたことを思い出します。
犯人は102時間という早さで逮捕されたのですが、言われてみればものすごい早さで犯人が捕まったニュースが駆け巡ったような気がします・・・

主人公はボストン警察巡査部長のトミー・サンダース
彼は当時の事件の目撃者や警察官をモデルとしたオリジナルキャラクター。
他の警察官や当時の市長、FBI長官などの登場人物は実在した人と同じ人物が登場しています。

トミーはマラソンのゴール前での警備についていました。
そして事件は突然起きます。
事件が起きる瞬間のシーンは、来るとわかっていたけれど思わず肩が揺れてしまうほど唐突にやってきました。
映画館でみていた私が肩をビクつかせてしまうくらいですから、当時現場にいた人たちの驚きや恐怖は計り知れませんね。
このあたりから当時の実際の映像も本編に流れるのですが、かなりショッキングな映像で目をそらしたくなるほど。

FBIと地元警察が協力して捜査を進めていく姿にも胸が熱くなってきますね。
激しくぶつかり合う両者の怒鳴り合いや、地元の土地勘があるトミーが防犯カメラの映像をFBIと一緒に解析するシーンなど気持ちが高ぶってきますね。
そして徐々に高まる緊張感と緊迫感は、クライマックスの容疑者との銃撃戦で爆発します。

あの夜の銃撃戦はすごかった。
車共々人質となった中国人が、犯人たちの隙をついて車から逃げ出すシーンくらいから一気にストーリーが動き出します。
中国人がガソリンスタンドに駆け込む実際の映像も流れたのですが、異様な緊迫感が映像ごしでも伝わってくるんですよね。
すごく心臓バクバクいってました。

犯人と警察官たちが激しい銃撃戦を繰り広げたのは、人々が寝静まる住宅街ウォーター・タウン。
拳銃を撃ちまくる警察官たちに対して爆弾を投げ抵抗する犯人たち。
爆破の衝撃や銃声に、手に汗握るほどドキドキしました。

あんなのが私の家の前で実際に起きたら怖くて眠れないですよ・・・

事件発生から4日、多くの人々が1つに団結したことによって驚異の早さで犯人は逮捕され、事件は収束します。
本編ラストの、ボストンでの野球の試合前のスピーチのシーンはとても感動的でしたね。
アメリカらしいなあと思いました。

事件に関わる様々な人々


事件が起きる前に、トミーを始めボストンで暮らす人々の日常が描かれるんですね。
学生や学校の警備員、留学生や恋人たち。
彼らは一瞬繋がりがないように感じるのですが、ストーリーが進むにつれ事件への関わりが生まれてきます。
ここでこう繋がるのか!とハッとします。

悲しい結末を迎えてしまった人もいれば、懸命に生きようと前を向いている人もいる。
この事件によって多くの人の人生が変わってしまったことを知り、改めて事件の凄惨さに恐ろしくなりました。

1人の視点で物語が進むのではなく、警察とFBI、犯人である加害者、罪のない被害者・・・様々な人物の視点でより深く事件の全容を描いています
決して1人1人に繋がりがあるわけではないのだけれど、テロには屈しない、という強い1つの思いがものすごいパワーとなって画面越しに伝わってきました。

大勢いる警察官の1人を熱演


主人公であるトミーがなにかに秀でた特別な警察官ではないというのも、私としてはとても良い印象を抱きました。
被害者に聞き込みを行うときに、彼らに対して配慮するシーンがとても印象に残っています。
トミーの人柄の良さを感じましたね。
もちろん情熱的になるシーンもありますが、全編通していい意味で落ち着いた警察官だったからこそ、より感情移入しやすかったのかもしれません。

そんな主人公を演じるマーク・ウォールバーグの演技も良かったですね。
事件を目の当たりにして、心が疲弊していくトミーの姿には胸が痛みました。
疲れをにじませる彼の仕草や表情に、ああそうだよなあと私も表情が歪んでしまいそうでした。

そのほかの登場人物を演じるキャストも豪華!
ケビン・ベーコンジョン・グッドマンJ・K・シモンズ・・・みな実力派の役者ばかりです。
特にJ・K・シモンズ演じるベテラン警官は、シモンズ節全開でかっこよかったですね〜!
緊急の無線が入った時の、タバコをぽいっと路上に捨ててUターンしたり、犯人との取っ組み合い後の「タバコは控えないとな」と余裕の表情で言い放つシーンが、また似合う。
おもわずンフフと笑っちゃいましたね。

当時の現場を再現


やはり本作の見どころの1つとして、当時の現場を忠実に再現しているという点が上がると思います。
細部にまでこだわったスタッフたちの熱意が、作品の臨場感を最高潮に押し上げています。

まず爆発が起きるゴール前のシーンは、巨大なセットを作っています。
300mのコースを作り、現場を忠実に再現しているんですよ!
驚くことにお店の位置や外観だけでなく、タイルの目や汚れ、傷、道路のライン、現場のすべてを細かに再現しているんだそうです。
スタッフの技術力と取材力に感服です。

さまざまなシーンの再現で中でも感動したのが、大きな倉庫で事件の捜査をするシーンですね!
実際の捜査でも現場の情報を得るために、巨大な倉庫で事件現場の再現をしながら捜査を進めたんだそうです。
こんなふうに捜査しているのか!と、とても興味深かったです。
そして捜査に携わっている人々の数にも驚きました。

本編では当時流れていたニュース映像や防犯カメラの映像が時々映し出されます。
この演出がより現実の事件だったのだと実感させられますね。

また実際の映像を挿入するタイミングがうまいんですよね。
物語に急展開が起きるシーンで突然当時の映像が流れるので、みている側の緊迫感も高められます。
監督の編集力の高さが伺えます。

良かった点


・臨場感あふれる現場の再現

『バーニング・オーシャン』といい、ピーター・バーグは再現力がすごいですね。

悪かった点


・特になし

最後の本人たちが出て喋るドキュメンタリー感満載のシーンは賛否両論あるようですが、私はあまり気にならなかったですね。
本編にも実際の映像が流れたりしているし、半分ドキュメンタリー、半分映画のような作品だと思ってます。

まとめ


実際に起きた悲惨な事件の全容が細部まで描かれているのと、それに立ち向かう人々の強い結束を感じられる作品です。
ドキュメンタリー要素と、劇的な映画の要素がうまく混ざり合って、より臨場感が伝わってきます。
事件の山場山場でのシーンがスリリングで、1シーンごとにドキドキしながら見入ってしまいました。

いやー、ピーター・バーグの才能に脱帽ですね!

サラバンド: ボストンマラソン爆弾テロの犠牲者に捧ぐ
くるみ出版 (2016-06-05)
売り上げランキング: 109,638

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)