ラストは賛否両論?映像が美しいトムクルーズ主演SF映画『オブリビオン』

タイトルコールの「ォオブリビオオォォン」しか印象になく、評判もイマイチだったので公開当時はスルーしていた『オブリビオン』(笑)
ですが、最近つまらなそうだな〜と思いながら観た映画が軒並み心にヒットしたので、食わず嫌いせずに見てみることにしました。トムが出てるし。

オブリビオン

あらすじ



エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。
生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。
パトロールに向かっていた彼は、誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。混乱するジャックの前に現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。
彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることに。
シネマトゥデイより)


感想


あっ、これは、うーん・・・!
残念ながら当初の印象が大きく覆ることはありませんでした(笑)
特にラスト。私はちょっと納得いかなかったです。その前の流れで感動していたのもあって、ええー嘘だろう!?とモヤっとしてしまいました。

ただ、映像に関してはすごく綺麗でSF映画らしい雰囲気が出ていました。
本作は『トロン:レガシー』ジョセフ・コシンスキーが監督を務めており、かなり映像にこだわりをもって撮影に挑んだそうです。

真実を知った主人公は、平和のために犠牲となったのだ・・・


さてどんなSF映画かと蓋を開けてみると、これまたびっくり!
スッゲー既視感ある!クローンネタとか、世界平和のために死ぬとか!

舞台は未来。主人公のジャックは、荒廃した地球の監視任務に当たっていた。
ちょっと複雑なのですが、ジャックが信じていた自身の記憶と、世界で実際に起きた出来事が違うのです。
彼の正体は、なんとクローン。異星人に連れ去られた本体のジャックは、大量にクローンを作らされ、逆に地球人を攻撃しほぼ全滅させていたということが判明します。
本編での主人公は49番目のクローンということもここでわかります。

いいですね、最近SF映画観ていなかったので新鮮に感じました。
ジャックの本当の正体が判明するシーンはショッキングですがかなり面白い!謎が解けてスカッとします。

そして目が覚めて地球人と共に戦う、というお決まりパターンなのですが、こっからがハチャメチャすぎる。
ジャックが立てた計画はあっさり失敗。結局自分が敵地に乗り込もうと決意する。
しかし、パートナーだったジュリアと共にカプセルに乗り込み特攻したと思ってたら、まさかの違う男(モーガン・フリーマン)だった!

どゆこと!!!?!?

このシーン笑わずにはいられなかったですよ。いや全く笑うシーンじゃないんですけどね。
いつ入れ替わったんだよ!

そして衝撃のラスト


結局ジャックビーチが犠牲となり、異星人の基地を破壊することに成功。地球人は守られたのでした。
しかし疑問が残りますよね。ジュリアはどこに行ったんだ!

なんと、ジャックがこっそり用意していたセーフハウスに潜んでいたのでした。ええー!
そしてちゃっかりいる子供。嘘だろ・・・

これでちょっと寂しいけどめでたしエンドかなと思いきや、なんとジャックと同じ姿をした男が突然現れる。
スーツには52の文字。なんとジャックの52番目のクローンなのでした。
そして微笑み合う2人・・・エンドロール・・・
えっ!!?!?えーーーーーー
目をパチクリさせながらエンドロールをぼーっと眺めてしまいました。

クローンでもジャックがいればそれでいいんですか?なんてこった。
私はずっと49番目のジャックに感情移入しながら見てきたので、突然なんの前触れもなく現れた52番目のジャックに衝撃を隠せませんでした。
49番目の苦労はなんだったんだ・・・ジュリアはそれでいいのか。

映像美は素晴らしいんです


ストーリー(というかラスト)はボロクソ言ってしまいましたが、映像はとても綺麗で、映画館で見たかったなあと思ってしまうほどでした。
荒れ果てた地球の寂れた表現が、ジャック達が拠点にしていたスカイタワーの近未来的な雰囲気をより際立たせてましたね。逆もまた然り。
あまり映像に色がないのも非現実的で好きですね。

映像はなるべくCGを使わずにリアルな表現を目指したそうで、巨大なセットをたくさん作ってその中で撮影が行われたり、大規模なロケが刊行されたりしたんだそうです。
これだけ気合が入っていればそりゃあいい映像が出来上がりますよね。

SF作品ながらも心情描写がとっても丁寧!


このSFが映画の他と違う点がなにかというと、主人公の日常生活や、恋愛模様が色濃く描かれている点でしょう。
本来はドローンの修理屋として造られたクローンであるジャックが本を読んだり、地球に対して郷愁的な気持ちを抱いていたりと、普通の人間となんら変わらない演出をしていたのはよかったです。
偽の記憶ではタイタンにいくことが人間の目的としてインプットされていますが、地球で暮らすことが人間の本能だとクローンになった後でもジャックは無意識に感じていたのでしょうね。

ジャック、ジュリア、ヴィクトリアの三角関係もSF作品には珍しく恋愛描写の心情がかなり描かれていて、後でジャックとヴィクトリアがクローンと知るとなんだか奇妙な気持ちになりますね。

ヴィクトリアはジャックに横恋慕していたこともあって、クローン後に遺伝子的ジャックを愛する性質があったの対して、ジャックはジュリアに対して愛があったので、ヴィクトリアに対してそこまで熱がないようでしたし、クローンながらもジュリアに対して何か感じるものがあったのだと思えると、この作品の見方もまた変わるのではないでしょうか。
ヴィクトリアはジュリアに対して、冷酷だったのもクローン前のオリジナルの性質を考えると納得できますね。
クローンではあったけど、生活していくうちにそれぞれに個性が生まれていったということでしょうか。

まとめ


思ってたよりは面白かったです。
SF作品らしい映像美とSF作品らしからぬ心情描写はとてもいいと思いました。

ただラストの衝撃が強すぎて皆さんあまりいい印象がなかった結果、酷評されてしまったのかなと思います。
ちょっともったいない映画でしたね。

映像は本当に綺麗なので、SF映画が好き!という方は観て損はないと思います。
あと登場人物が少ないので、トムの出番がとても多いですのでトムが頑張っている姿を眺めたい方にもオススメです(笑)

オブリビオン [Blu-ray]
オブリビオン [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.05.12
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-04-09)
売り上げランキング: 1,106

Oblivion
Oblivion
posted with amazlet at 16.05.12
M83
Backlot Music (2013-04-09)
売り上げランキング: 6,783

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE:1

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)