ハイスピードな展開にハラハラ!ジョージ・クルーニー主演の経済サスペンス『マネーモンスター』

渋くてイケオジなジョージ・クルーニーお久しぶりの主演映画『マネーモンスター』を観に行ってきました!

マネーモンスター

あらすじ



司会者リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)の軽快なトークと財テク情報で高視聴率を稼いでいるTV番組「マネーモンスター」。番組ディレクターであるパティ(ジュリア・ロバーツ)はセットの陰に潜む不審者に気がつく。突然鳴り響く銃声。犯人(ジャック・オコンネル)が銃を手にリーを人質にとり、番組がジャックされた。
株の情報操作が意図的に行われ、全財産を失くしたとTVを通じて視聴者に訴える犯人。その原因は、数日前のO.Aでリーが発した情報だった。犯人の主張の中で、リーは自分自身も誤情報を無自覚にタレ流していたことに気づく。一体何が起きているのか―。
ウォール街の闇に封じ込まれた情報操作を暴くため、リーは人質から"共犯"へと立場を逆転させる。一方で警察の銃口は彼らに狙いを定めていた。事件の中継を通じて、徐々に見えてくる”真実”。その核心が暴かれようとしたとき、彼らと全米の視聴者が直面する、知ってはならない「結末」とは―。
公式ウェブサイトより)


感想


すっごく分かりやすいストーリー展開でとても良かったです。
はっきり言って、金融経済に詳しくなくてもとても楽しめます。
マネー・ショート 華麗なる大逆転』での、経済に詳しくない人に優しくない構成(褒めてます)に相当打ちのめされたので、今回ちょっと身構えながら鑑賞したのですが、いい意味で肩透かしをくらいました。

経済の裏に隠された犯罪を暴いていくというお話で、お金云々というよりもサスペンス的な要素の方に重点が置かれていましたね。
犯人のカイルにも事情があり、最初は「馬鹿なのかこの男は」と思っていたのですが、のちの展開でいつの間にか同情しそうになる気持ちが生まれていました。うまく演出されていますね。
そしてテレビの向こう側の視聴者の演出がとてもリアルで薄ら寒ささえ感じてしまいました。何が起きても所詮は他人事なんだなあ。

ジョージ・クルーニー演じるリーという男の飄々としたキャラも良かったですね。
あとはカイル役のジャック・オコンネルの熱演がとても印象に残りました。彼はビッグになるんじゃないのか!

突然暴落した株の謎に迫れ!


マネーモンスターという株番組に突如男が乱入。司会者のリーを人質に、自身が大損したアイビス社の株は何者かに操作されていたと主張し、その真実を暴かせようとします。
番組プロデューサーであるパティを筆頭とした番組スタッフたちの尽力により、徐々にアイビス社のCEOであるウォルトが何かを隠していると気づきます。
こうしてリーもウォルトに裏切られ、騙されていたことに気づき、最終的にはカイルと共犯してウォルトの隠していた株価暴落の真実に迫ります。

株の知識がなくても楽しんで観られます。ちなみに私は経済知識ほぼゼロでしたが、ちゃんと話についていけました。
アイビスの隠している謎が次から次へと判明していくので、かなりストーリーの展開は早かったように思います。
展開の速さが事件の緊迫さを高めていて、リーとカイルの切迫したやり取りにはこちらまでドキドキさせられました。

飄々としていたリーが徐々に変わっていく姿に注目


最初の番組開始までのリーはおちゃらけてふざけて、高田純次みたいなキャラ全開だったんですが、番組がジャックされ人質になり、アイビスの事件が徐々に露見していくとそれまでのふざけた態度は変わってきます。
カイルに同調し、自然に心が動かされていくリーの表情や態度は見ものです。
例えるなら高田純次から北大路欣也になっていくんですよ(笑)さすがジョージ・クルーニー!

ラストシーンのウォルトを殴るシーンはグッときました。
いろんな気持ちが混じってたんだろうな。

カイルに同情させつつも現実も突き付ける上手い演出


ラストはなんとも物悲しい結末だったのですが、その後の一般市民たちの日常に戻っていくシーンがさらに虚しさを感じさせられました。

カイルは貧しい家庭環境の中で育ち、母親の全遺産をアイビス社の株に投資しました。
それはマネーモンスターでリーが発した「アイビス社は銀行より安心だ」という一言によって触発されたからでした。
しかし結果はご存知の通り。カイルはリーに復讐するという目的もあり今回のような事件を起こしたのでした。
カイルには妻がいて、おまけに妊娠していた。それなのに稼ぎは低い。一発逆転を狙って投資したのに全財産が水の泡になってしまった。

こんな裏事情を描かれてしまうと私はカイルに同情してしまうんですよね(笑)
しかし、今作は視聴者の目線のカットがちょくちょく入ってくるんです。
一方では面白がって見ていて、一方では真剣にことの成り行きを見守っている。
第三者からの目線が描かれることによって、あなただって本当はこういう反応するでしょう?と言われているようで今回はカイルに同情しきれない自分がいました。

なかなかシビアな演出でしたね。事件を解決したからといって全ての人間がハッピーエンドにはならないのでしょう。

まとめ


株操作の裏を探るリアルサスペンス。
次から次へとやってくるストーリー展開にハラハラさせられながらも、いつの間にか夢中で見入っています。
役者陣の自然だけれども熱のこもった演技にも感服です。

経済系の映画は苦手だな〜という方にもオススメなので、変に気構えずに観に行って欲しいです!

マネーモンスター(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016-10-12)
売り上げランキング: 944

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)