パワフル系ヒロインの成長物語!海と波のCGがまるでほんもののよう『モアナと伝説の海』

SING/シング』に引き続き、アニメーション映画の『モアナと伝説の海』を観ました。
ポスターに騙されるな!すげーぞ!とSNSで話題になっていたので、ちょっと気になっていたんですよね。



モアナと伝説の海(Moana)


監督ロン・クレメンツ
ジョン・マスカー
脚本ロン・クレメンツ
ジョン・マスカー
出演者アウリイ・クラヴァーリョ
ドウェイン・ジョンソン
アラン・テュディック
公開2016年
製作国アメリカ合衆国


あらすじ



海に選ばれた16才の少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。
それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。
神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。

立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが・・・(公式サイトより)


ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作。
ちなみに『SING/シング』を制作しているのはディズニーではなく、イルミネーション・エンターテイメント
アニメーション映画の制作会社って、結構細分化されているんですよね。

後半からの盛り上がりが熱い!


確かに『モアナと伝説の海』は、海洋冒険アドベンチャー映画でした!
心温まるというより、観終わったあとは前向きな気持ちになれて元気をもらいます。
歌も耳に残るような曲が多くて、終わった後もついつい鼻歌で歌ってしまいました。

船旅は前半ちょっと中だるみしてるなと思ったのですが、後半、テ・フィフィのいる島にたどり着いてからは一気にストーリーが動き出し、引き込まれます。
モアナたちを襲ってくる可愛い海賊たちや、ラスボスのテ・カァとのアクションシーンの演出が派手で、ディズニーにしては大人向きな演出だったなあと思いました。面白かったですね。
逆にほのぼのを期待していたお子さんには、ちょっと怖いと思うシーンが多かったかな?

やんちゃで可愛らしいモアナが、旅をすることで成長していく姿が丁寧に描かれていたのも良かったですね。
彼女と一緒に旅に出るマウイというキャラクターも、コミカルだけどやるときはやるという男らしいやつで好きです。

アクション要素と一緒に、映像美も推しておきたい。すごすぎる。
海や波のCGはもはや本物と見紛うほどのクオリティ。
あまりの美しさにため息が出そうになる程。

映像の演出はかなり気合が入っているのを肌で感じました。

今作ももちろん、ディズニー・アニメーションおなじみの「エンドロール後のおまけ」がしっかりあるので、明るくなるまで席は立たずにいましょう!

失われた心を返しに大海原を大冒険


モトゥヌイ島には、古くから伝説があった。
この世界を誕生させたのはテ・フィフィという女神。

彼女の「心」には、命を創る力があった。
全ての森羅万象を生み出すと言われた「心」は、たくさんの悪党に狙われていた。
そしてついに彼女の「心」をマウイという半人半神の英雄・マウイが盗み出してしまったのだった。
マウイは逃げる時にテ・カァという怪物に襲われ、テ・フィフィの「心」を海の底へと落としてしまう。

テ・フィフィの「心」は海の奥深くへと沈み、世界は闇に包まれ始めしてまったという遥か昔の伝説・・・

モトゥヌイ島の村長の娘・モアナ
彼女は祖母・タラに何度も聞かされたテ・フィフィの伝説から、海が大好きになり、強い憧れを抱いていました。

そんなある日島には次々と災難が起こります。
海に選ばれ、テ・フィフィに心を返しに行くのはモアナだと、タラに諭された彼女は、タラから渡された緑色の石(テ・フィフィの心)を持って大海原へ旅立ちます。

この映画は、冒険物語と同時に、自分たちのルーツを知り本来の自分を取り戻す、モアナの成長物語も同時に描かれています。

モアナは旅立つ前に、タアに、自分たちが何者なのか教わります。
タアに連れてこられた島の奥には、大きな船がいくつも隠されていた。
モトゥヌイ島の島民たちはもとは旅人だったのです。

旅人だったことを知ったモアナは、自分が海に惹かれ、選ばれたことを納得し、決心してテ・フィフィの心を返しにいくのです。

マウイはテ・フィフィの心を盗んだ罰で、岩の洞窟に閉じ込められていた。
一緒にテ・フィフィの元へ行くことを嫌がるマウイに、奪われた彼の大切な釣り針を取り返すことを条件に、なんとか船に乗せ、2人でテ・フィフィのいる島へ向かいます。

途中海賊が襲ってきたり、釣り針を取り返すのに苦労したり、時には意見が合わず衝突することも。
テ・カァにこてんぱんにされたマウイは、モアナの元を去ってしまうのです。

ここでまたモアナの成長物語が描かれる。
1人になってしまったモアナは、悩み、自分を選んだ海を憎み、旅を諦めようとする。
すると、エイの姿になったタアがモアナの元へと現れます。
タアは、モアナに優しい声で、重荷を背負わせすぎてしまった、島まで戻ろうと話しかけます。
けれどモアナは、一度決めたことは最後までやり通す、と再びテ・カァに立ち向かうことを決めます。

こういう演出はずるいですね、タアはモアナの幻想とわかっているのですが、涙が出てしまいます。歳ですかね(笑)

テ・カァに1人で立ち向かおうとしたモアナの元に、マウイが帰ってきます。
マウイは帰ってくるってわかっていても、そういうシーンがあると安心しますね(笑)

次々とやってくるテ・カァの攻撃をなんとか避けるモアナとマウイ。
ところが、モアナはふと気づくのです。
テ・カアの胸元に、石を埋める部分があることに。
恐ろしい怪物だと思われていたテ・カァは、心を奪われたテ・フィフィだったのです。

モアナは、テ・カァからの攻撃にひるむことなく、まっすぐテ・カァの元へと向かいます。
このシーンは、おてんば娘だったモアナが強い人間として成長したことを感じられる演出でとても良かったです。

そして、テ・カァの胸元に緑色の石を埋め込むと、テ・カァの姿は美しい草花をまとった女神、テ・フィフィの姿へと変身したのでした。

「心」が戻ったテ・フィフィは、世界の闇を取り払い、再び眠りにつきます。
このラストのシーンは、子どもっぽいのになんだかロマンチックに感じましたね。

好奇心旺盛な女の子が成長して行く姿も注目


ふと考えてみると、ディズニーって女の子が主役の作品が多いですね。

今作の主人公も、好奇心旺盛で、勇敢な女の子。
おてんばで、じゃじゃ馬で後先考えずに行動することがたまに傷。

今までのプリンセスの中でも群を抜いてパワフル系ヒロインで、劇中にはディズニーでは考えられない暴言を吐きかけるシーンも。
日本語版だとどう訳されているのかわかりませんが、字幕版だとしっかりわかりました(笑)
やるじゃんディズニーと言いたくなる演出、ぜひご自身の耳で確かめてみてください。

子供の頃、波とじゃれあい、テ・フィフィの心である石を手にしたことがあり、それをこっそりみていた祖母のタアが今回の冒険をモアナに託すのです。
旅に行くのも、理由はわからないけど、海に選ばれた、心がそう言っているから・・・と、ファンタジー映画によくある展開なのですが(笑)、そんな彼女が、この大冒険を通じて成長して行く姿も本編を盛り立ててくれるポイントです。

半人半神の英雄・マウイとの交流も、モアナを立派に成長させてくれます。
マウイは傲慢で鼻につく男なのですが、いざという時はモアナをサポートし、力になってくれる頼れる男です。

最初はこんな小娘と・・・と、いやいやついてきていたマウイですが、モアナと旅をしていくことで信頼関係を築いていきます。
彼自身も過去にテ・カァに負けたことで自信を失っており、モアナと衝突しながらも交流を深めていくことで勇敢で強い男に成長していくのです。

2人のクスッとくるやりとりから、紆余曲折を経て、後半の強い絆を感じるシーンはジンとくること間違いなしです。

耳に残る印象深い歌の数々


『アナと雪の女王』の成功からか、今作も歌は耳覚えのいいわかりやすい楽曲が多かったように思います。
特にCMでも何度も流れていた『How Far I'll Go』は、伸びやかなサビが印象的で、ついつい口ずさんでしまいます。

あとはやっぱりマウイの自己紹介ソング、『俺のおかげさ』が好きですね。
「You're welcome〜」がいい声すぎて笑っちゃいます(笑)
マウイの役がドウェイン・ジョンソンというのもぴったりですよね!
彼があんなに歌が上手かったとは、知りませんでした。

私は字幕版を観たのですが、モアナ役のアウリイ・クラヴァーリョの歌声がのびのびとしていて気に入りました。
なんと彼女、収録当時はまだ14歳だったんだとか。すごい。
数百人のオーディションから選ばれた新人の方だそうで、これからが楽しみですね。

日本版も、モアナ役はディズニー・アニメーション史上最大級のオーディションが催されたんだとか。『アナと雪の女王』の影響ですかね〜
選ばれたのは、こちらも新人の屋比久知奈さん。
東宝主催の「第1回ミュージカルのど自慢大会」で優勝された経験があり、今作にて満を辞してのデビュー。

字幕版を観終わって、家に帰って日本版の『どこまでも〜How Far I'll Go〜』を聴いてビックリ。
この2人、すごく歌声が似ている!
たまたまなのか、屋比久さんが合わせているのか・・・ぜひ聴き比べてみてください。

実写を超えるCG


『モアナと伝説の海』を観て、まず生まれる感想が「CG綺麗すぎ」だと思うのですが、みなさんはどうでしたか?
今までのディズニー・アニメーションの中で、ダントツにCGのクオリティが高かったと思います。

特に
舞台となる場所が海だから、劇中はほとんど海原でのシーンなのですが、まるで本物の海と波のようでした。
どこまでも広がる海の透明感や、重み、光に反射した時の陰影がまったく違和感なし。

波はその流れ方がとても自然なんです。
アニメーション映画だと、波の動きにどこかコミカルさが残っていたりして、擬人化されたような動きになるイメージがあるのですが、今作の波はまるで本物
波が引くとき、押し寄せてくるとき、岸にたどり着いて消えて行く様。
どこを取っても自然な動きで、本当に感心します。

あとエンドロールの石とか釣り針とかの映像ってCGですか?本物ですか?
リアルすぎて全く区別がつかなかったです。
あれがCGなら驚きです。まるで本物みたいだ〜とかではなく、まごうことなき本物。

良かった点


・CGがすごく綺麗
・後半の展開が燃える


後半はかなりスピード感のあるストーリー展開で、結構夢中になって観ちゃいました。
CGのために観てもいいくらい、映像の綺麗さにハッとさせられました。

悪かった点


・序盤は中だるみする
・子どもには怖いと思う演出が多かった


旅に出てからしばらくは、もったりした展開が続くかなあ。

アクションの演出は派手で私は好きでしたが、小さい子どもが観るにはちょっと迫力がありすぎて、怖いと思う子もいるんじゃないかな?
普通の映画ならなんとも思わないのですが、ディズニー・アニメーションなので、そんなことをふと思いました(笑)

まとめ


アクション・CG・ストーリー、子ども向けに作っているんだろうけど、演出は大人向けだなと感じました。
ディズニーだし、子ども向け映画でしょ?と思っていると、いい意味で裏切られます。

ぜひ騙されたと思って、観にいってみてください。

モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2017-07-05)
売り上げランキング: 11

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック<英語版><noscript><img src=
V.A.
WALT DISNEY RECORDS (2017-02-08)
売り上げランキング: 128

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)