シリーズついに完結!ネオとスミスの最終決戦がアツい!『マトリックス レボリューションズ』

マトリックス』、『マトリックス リローデッド』と続き、いよいよシリーズ最終章となる『マトリックス レボリューションズ』を鑑賞。
最終作は前作『マトリックス リローデッド』の完全な続編ということで、内容を忘れる前になんとか滑り込みで鑑賞しました。



1作目や2作目は結構覚えているのですが、3作目は雨の中の戦闘シーンくらいしか印象に残ってない・・・
ほぼ初見の気持ちで鑑賞しました。

マトリックス レボリューションズ(The Matrix Revolutions)


監督ラナ・ウォシャウスキー
リリー・ウォシャウスキー
脚本ラナ・ウォシャウスキー
リリー・ウォシャウスキー
出演者キアヌ・リーブス
ローレンス・フィッシュバーン
キャリー=アン・モス
ヒューゴ・ウィーヴィング
公開2003年
製作国アメリカ合衆国





あらすじ



昏睡状態に陥り、現実世界と仮想世界の間を彷徨っていたネオ。
仲間の助力で現実に戻ってきた彼は、ある決心を固め、トリニティーと2人だけで敵の中枢に向かう。

一方、人工知能側は、ザイオンを壊滅させるため、センティネルズの大群で猛攻を仕掛けた。
迎え撃つ反乱軍は、圧倒的に不利ながらも、モーフィアスたちの確固とした信念のもとに死闘を展開する。
そんな中、エージェント・スミスは、人工知能も制御できないほどのパワーを増幅、完全にプログラムから独立し、人類の命運を賭けるネオとの最終決戦に備えていた・・・(allcinemaより)


大人気SFシリーズ最終章。哲学的なテーマと、スローモーションワイヤーアクションを駆使したシリーズ独特のCGが人気を博しました。
シリーズを通して監督を務めたのは、ウォシャウスキー兄弟(現姉妹)。シリーズ全てを同じ監督がやってくれるのって嬉しいですよね。

かなり壮大な最終章でした


すっごい、これ、これマトリックスか・・・?
中盤のザイオンの戦いは、もはやマトリックスじゃない違う映画を観ているようでした

自分でリピートしていない理由がわかりました(笑)
1作目の小難しい感じの世界観がすきなので、今作の宇宙船の逃亡劇や、CGの機械を使った戦いとかは、あまり響かなかったなあ。
別にCGのアクションを推している映画は嫌いじゃないのですが、『マトリックスシリーズ』ってそういう感じじゃなかったじゃん!?
これじゃない感がとても強かったです。

ネオの出番もあまりないしな〜
本編の多くがザイオンもしくは船でのシーンで、センチネルたちと人間の戦いがかなりしっかり描かれています。
もっと同時進行で動いているような演出にしてもよかったんじゃ?

CGの完成度だけに関してはやっぱりすごい!
正直、今でも全然通用するんじゃないかと思いますね。
おびただしい数のセンチネルや、機械、船のCGは自然にみえます。
この年代くらいになるとCGもだいぶ今のクオリティに近くなってきました。

人間対機械、ネオ対スミスの決着がついに終結!


まさにオラクルが言っていた通り、「始まりがあれば終わりもある」のセリフに尽きる作品でした。
広がりに広がった壮大な物語を、綺麗におさめてあったのは気持ちよかったです。
ただちょっと『マトリックスシリーズ』らしい世界観が薄くないですかね!?
違うSF映画みているのかと思いました。

戦ってるシーンも迫力があってかっこいいよ?ミフネ船長とかめっちゃ熱くてよかった。
最後の「戦争は終わったんだ!」ってあの坊やが叫ぶシーンとか、モーフィアスが感極まっているのとか見ると感動するんだけど、『マトリックスシリーズ』はそういう戦い方じゃなかったじゃんん?
いやまあそもそもは、機械と人間の戦いだったから展開は間違ってはないんだけど、コードやプログラムを駆使した電子的な戦い方が面白いんであって、この作品で物理的な戦いをみても惹かれないんだよなあ。

そう思うと、やっぱりラスト30分が最高でした。ネオとスミスの戦い。
その前のトリニティとのお別れでぼろぼろに泣いたので(多分前に観たときも泣いた気がする)、もうね、ネオさんやっちゃってくださいよ!という闘志に満ち溢れてました(笑)

雨の中を走るシーンはやっぱり印象的ですね。
ネオがカンフーの構えをして挑発するカットなんか、いやってほど自分の記憶に埋め込まれていたので(原因:日曜洋画劇場のCM)、その記憶が重なってゾワっとしました。
ワイヤーアクションもキマってるし、水滴のCGは何回みてもうおー!と声が出ますね。

スミスがね、もうテンプレートかってくらい御託を並べ、悪者としてのフラグを立てまくるのに対して、ネオは黙々と戦い続けるんですよ。

「未来が決まっているのになぜ戦うんだ?」というスミスに対して、ネオは一言。

「選んだからだ」

はあやっぱりあんたが救世主だよ。能力もメンタルもザ・ワンだよ。
何発も繰り出す足技かっこよすぎましたね。

最後なんでスミスがあんなふうになるのか昔はよくわからなかったのですが、今回見返してようやく仕組みがわかりました。
スミスと会う前、ネオはザイオンのボスと取引をして、マシーンシティからマトリックスに向かいます。
スミスは最後にネオを取り込もうとしますが、その時にザイオンのボスがネオにウイルスを送り込みます。結果、スミスにもそのウイルスが送り込まれて完全に滅びるんですね。

いやーやっぱりクライマックスはおもしろかったなあ。

ネオはやっぱり最強


今回はザイオンの人々にフォーカスが当てられていましたが、やっぱり困った時はネオだな!
ネオは『マトリックス』で超越した存在になるので、その後のシリーズの中で大きな成長はみられないのですが、単純に頭がキレるんですよね。地頭がいい。
ザイオンの人々が現実の私たちのような社会の仕組みの中で生活していたり、人間性を持っているので、ネオとの対比をより強く感じられました。
他の人々と協力して戦うというよりは、自分が犠牲になって戦うという性格なのも主人公らしくて魅力的ですね。

ザイオンの中でのMVPは、ミフネ船長ですね(笑)
なんだあの人スッゲーかっこいいじゃん!全然あんなキャラ覚えてませんでした。
調べたら『マトリックス・リローデッド』にも出てたらしいんだけど、全然覚えてない・・・

ちなみに見た目はアジアっぽいお顔立ちですが、中の人はバリバリのニュージーランド人です。

安定感抜群のキャスト


もうキャストに関してはなんの文句もないですよね。拍手大喝采
よくぞシリーズ最後までやってくれたという感じで。ありがとう。
キャスト変更とか降板で突然いなくなるということもありますからね〜
全然関係ないけど、この頃のキアヌって何回みても肌が白くて羨ましい限りですね(笑)

オラクルのキャストが変わっているのですが、そのくだりもちゃんとやってたのには感動しました。
普通触れないじゃないですか、見た目は変わっても中のプログラムは変わらないって設定はこのシリーズでしかできない演出ですよね。面白かった。

そして外せないのがスミス役のヒューゴ・ヴィーウィング
クライマックスの熱演はキアヌを食わんばかりの勢いがありましたね。
特徴のある顔だなと思いますが、表情も豊かで、みていてぐっと引き込まれます。

やっぱVFXの迫力はすごい


機械のシーンばっかだな!と思っていましたが、CGはかなり力が入っていて迫力があります。
群れをなしたセンチネルが、ザイオンに乗り込んでくる動きなんかは、すごいヌルヌルしてましたね。
船のCGも細かいしよく動くし、スピードと迫力がすごかった!
お金と時間がかなりかかったんだろうな〜とゲスなことを考えちゃいました(笑)

トリニティが太陽の光をみて「うつくしい」というシーンもすごくよかったですね。
本当に綺麗で、神々しい。
私もおもわずうんうんと頷きながらため息。あの時トリニティと完全に思考がシンクロしていましたね。

そして最高にテンションが上がった、ネオとスミスの戦いでのバレットタイム
前作はやりすぎだろ!とちょっとお腹いっぱいだったのですが、今回は程よい使われ方でよかったです(笑)
水しぶきが飛び散るシーンは口が開きっぱなし。
雨粒が止まってネオの右フックがスミスにヒットするシーンとかね、これこれ、やっぱ『マトリックスシリーズ』というとこれだよな〜と感慨深い気持ちになりました。

あのシーン本当胸熱だったな〜
VFXだけじゃなく、2人のアクションもかっこよかった!
クライマックスだけだったら余裕で100点満点ですね(笑)

良かった点


・クライマックス

やっぱりクライマックスが最高。
中盤で、ん?ってなっても、なんとかクライマックスまで頑張って見続けてほしい!

悪かった点


・コレジャナイ感のある展開

間違ってないんだけど、『マトリックスシリーズ』において、目に見える攻防戦ってちょっと違うんですよね。

まとめ


なんとかシリーズを見終わってホッと一安心。
思ってた展開とちょっとそれちゃっていましたが、ちゃんと物語は完結しているのでよかったです。
特にクライマックスは是非みて欲しい!

シリーズものは最後、終わっちゃったな〜という寂しさが生まれて、鑑賞後はしばらくぼんやりしてしまいます。
『マトリックスシリーズ』こそ新章として新しく映画作ったらいいと思うんだけどなあ。実は水面下で動いてたりしたらちょっと嬉しいです。

マトリックス レボリューションズ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 2,736

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)