これぞまさしく「奇跡」の実話物語。社会派な要素も胸に突き刺さる。『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』

やっと日にちを見つけ、『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』を鑑賞してきました。
迷子になる前の自分の家をGoogle Earthで探した物語が、実話だなんて、にわかには信じがたいですね。
時代は進化したんだなあ。



LION/ライオン 〜25年目のただいま〜(Lion)


監督ガース・デイヴィス
脚本ルーク・デイヴィーズ
出演者デーヴ・パテール
サニー・パワル
ルーニー・マーラ
デビッド・ウェナム
ニコール・キッドマン
公開2017年
製作国オーストラリア
アメリカ合衆国
イギリス


あらすじ



オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。
しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。

インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。
成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。

人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼は遂に決意する。
「家を探し出す―」と。(公式サイトより)


実際に起こった奇跡の物語を映画化。
この物語の主人公である、サルー・ブライアリーが書いたノンフィクション小説『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』が元になっています。

監督を務めたガース・デイヴィスは、本作が初の長編映画作品なんだそうです。

蓋を開けたら社会派ムービーだった


いざ作品を鑑賞したら、思ってたより社会派な映画でした!

基本前情報はシャットアウトするせいで、家族と離れ離れになってしまった主人公が仲間と一緒にGoogle Earthで家を探して、家族と再会するまでのロードムービーだと思っていたので、まさかこんなに社会問題にフォーカスを当てた作品だとは思ってもみませんでした。

Google Earthで故郷を探すシーンが思ったより短かくて、あまりこの部分を描きたかったわけじゃないのかな?と疑問に思いました。

本編は半分以上が5歳の頃のサルーを中心とした物語になっています。
サルーがある出来事を機に家族と離れ離れになってしまい、そこからオーストラリアに暮らす夫妻の養子となるまでの過程は壮絶で、想像を絶する現実を受け止めなければなりません。
インドの子どもたちが暮らす環境の過酷さが、まざまざと描かれています。

サルーが家族と再会するシーンは感動的なのですが、それまでがかなり胸が痛くなる展開で、度々辛くなってしまいました。

最近は子役も素晴らしい演技の子ばかりで、すごいですね。
やはりサルー役サニー・パワルはとても印象的で、全身から匂い立つ純朴さが素晴らしかったです。
そしての美しさ。
ムーンライト』に出演した子役のアレックス・ヒバードを思い出しちゃいました。

セリフは少なく、音楽もしっとりしたものが多く、その静寂がどこか映画全体をほんわかとさせない研ぎ澄まされた空間を生み出していました。

ラストの数々の真実には驚かされることばかりでしたね。
お兄さんのことや、サルーの名前の意味など。
サルーの名前に関しては、ああー!だから「LION」なのかー!と、脳に電流が流れた感覚がしました(笑)

5歳の子供の壮絶な幼少期が胸に突き刺さる


実際に起きた奇跡の物語を映画化した感動ノンフィクション物語、というのは間違いではないのですが、私はその部分よりも、インドの子供たちの現状を描いたシーンに強く胸を打たれました。

物語はサルーの幼少期から始まり、やがて成長したサルーが、自分の過去にケリをつけるためにGoogle Earthで幼い頃のわずかな記憶を元に生まれ育った故郷を探していきます。

サルーは、いつも兄のクドゥと一緒に仕事をして家族を支えていました。
ある日クドゥは1週間の仕事に出かけるといい、兄と離れたくなかったサルーは無理やりついていこうとします。
そうして列車を乗り継ぎ、仕事のある駅まで行ったものの、サルーはまだ幼かったので起きていられず駅で眠ってしまいます。
仕事を探してくると行ったクドゥは、暗闇の中に消えていきます。
このクドゥが暗闇に去って行くときの演出が、不安感をとても煽ってくるんですよね。

目が覚めると誰もいない駅にサルーはひとりぼっち。
眠るために潜り込んだ回送列車が、サルーの人生を一変させます。
列車はサルーの故郷から1600kmも離れた、インドの大都市・カルタッタへと向かってしまったのです。
これも信じがたいですよね。
回送列車とはいえ、誰もサルーの存在に気づかないものなんでしょうか。驚きです。

こうしてサルーはカルタッタで壮絶な日々を過ごすことになるのです。
このシーンがまた辛くてたまりません。
インドのストリート・チルドレンの現状が、次々と描かれていきます。
駅の中で日々をしのいでいた子供たちが、突然知らない男たちに連れて行かれたり、1人で歩いていたサルーが人身売買の道具として斡旋されそうになったり、厳しい現実を目の当たりにさせられました。

決して人身売買という言葉は出ないんです。
けれど、カメラワークの動きに見えないメッセージのようなものがあり、気味の悪さを感じるほどでした。
その後警察に身柄を引きわたされたサルーは、結局身元がわからないまま孤児院へと送られます。

またこの孤児院での生活が酷くて、みていられなくなってしまいました。
孤児院のシーンはそこまで長く描かれるわけではないのですが、たった数十分でその場所の過酷な環境が伝わってきます。
暴行や犯罪にいいように使われる子供達。
それを気にも留めない大人たち。

子供たちは日々大人に怯えながら暮らしていて、その様はまるで刑務所にいるかのようでした。
サルーはというと、運良くミセス・スードという人物の支援によって、オーストラリアブライアリー夫妻の元へ養子として迎え入れられることとなります。

このブライアリー夫妻が、とてもすばらしい夫婦でよかったなあ。
養子に迎え入れても、自分たちの理想と違うという理由で虐待する親もいますからね・・・

時は経ち、サルーは成長し、大学で経営学の勉強をするようになります。
そこで出会ったインド系の留学生たちと過ごすことで、サルーは心の奥底にあった自分の過去をはっきりさせたいという気持ちが湧いてくるのです。
そうして友人たちに自分の隠していた過去の話をしたところ、「Google Earthで探してみるのはどうだ」と提案されるのです。

25年も離れ離れになった家族が、Google Earthという最先端のグローバル技術によって、再び相見えることができたという話は本当に信じられず、とても感動的ですよね。
信じられませんし、これこそまさしく「奇跡」という以外に表現する言葉はないでしょう。
サルーが、Google Earthを使って家族を見つけ出すまでには実に5年もかかっています。
彼の自分のルーツを知りたい、ケリをつけたい、という信念の強さを感じますね。

ただ最終的に、自分の故郷を見つけたのが偶然というのがちょっと拍子抜けしてしまいました。
えっ、あんなに散々いろんな計算をして探してたのにそんなオチ・・・
私の心が豊かでないのかな(笑)

ここからサルーが自分の故郷へ行き、母親と再会するシーンは無事家族と会えるのかというドキドキが止まりませんでした。
そして現地の人に連れられて、母親と再会できた瞬間は、お互い何も言わずにすぐにわかるという演出に涙が出てしまいました。

お兄さんのクドゥは、サルーと別れた後別の電車に轢かれて亡くなっていたというのが辛かったですね。
あの暗闇の中へ消えて行くシーンはそういう伏線の張り方だったのか、と悲しい気持ちが溢れてきます。

一生懸命生き抜くサルーに味方した幸運


家族と離れ離れになってしまい、カルタッタでの辛く孤独な日々の中でもくじけなかったサルー。
子どもの頃の私があんな厳しい状況の中で1人路頭に迷ったら、野垂れ死ぬか、大人のいいように使われるかの地獄しか待っていないと思います。

家族に会いたい、という思いがずっと強く心にあったのでしょう。
5歳とは思えないほどの意志と生命力を感じました。
サルーはとても勇敢な子どもですよ。

さらに周囲の存在に恵まれていた、という部分はかなり大きいのではないでしょうか。

サルーを養子に出してくれたミセス・スードや、ブライアリー夫妻。
特にブライアー夫妻の温かな愛情は、私の胸にまで染み込んでくるようでした。
サルーが養子に迎え入れられてからの日々は、ほとんど描写がないままサルーが大人になってしまうのですが、ほんの少しのシーンなのにブライアー夫妻の愛情がこれでもかというくらい溢れ出してくるのが伝わってきます。

エンディングの実際のドキュメンタリー映像で、ブライアリー夫人と、サルーの実母が抱き合っているシーンは感動的でしたね。

子役の演技がすごい


最近は子役の演技も侮れませんね。
ルーム ROOM』『ジャングル・ブック』『ムーンライト』・・・
どの子役も大人顔負けの演技で脱帽です。

今作のサルーの子ども時代を演じているのは、サニー・パワール
何千人もの子どものスクリーンテストを経て、監督が見つけたのが、齢5歳の彼だったんだそうです。

監督が彼に対して、「目の奥に秘めたものを持っていた」とコメントしていますが、まさにその通りだと思います。
瞳が美しいんです。
何も汚いものを吸っていないような、透明感のある瞳。

そんな純粋の塊でできたようなサニー・パワールの、必死な姿は心ががっしと掴まれてしまいます。
時々不安そうに下げる眉毛や、大きな声で兄や母親のことを叫ぶ姿も印象的でした。
全体的に不純物のない透き通った存在なのですが、時々漂う憂いさもとても良かったです。
無名の新人だからこそ生まれてくる姿と言えますね。

ニコール・キッドマンもよかった〜!
いつもその整ったお顔のせいでキツいイメージがありますが(笑)、やっぱり綺麗ですし、とてもいい演技でしたね。
青年になったサルーに、自分がなぜサルーとマントシュを養子に迎え入れたのか語るシーンは、彼女の語り方や表情に胸がいっぱいになりました。

最後に彼女をみたのが『パディントン』だったのですが、『パディントン』は今回の役とは正反対のコミカルチックなヒール役だったんですよね〜
さすが、幅広い演技力に感服です。

Google Earthを意識したカメラワーク


今作はGoogle Earthを使って自分の故郷を見つけ出したストーリーがあるからか、全景を上から撮っている俯瞰のシーンが多かったですね。

まず最初のシーンが上空から地上へと迫ってくる俯瞰のシーンで、あ、もしかしてGoogle Earth意識しているのかな?とひっそり思ったりしました。
その後も結構上空からの俯瞰のシーンが多く、インドやオーストラリアの広大な自然のカットがいくつも使われています。
上空から撮る俯瞰のシーンというのは、その土地の美しさがより秀でますよね。
自然の美しさに息を呑みました。

また音楽も物静かなものばかりが多く、サルーの幼少期のシーンはセリフも少ないのが印象的ですね。
静かに語ってくると言う点では『ムーンライト』に似たようなものを感じます。
最近のヒューマンドラマ系の作品は、音が引き算された作品が多いような気がしますね。

良かった点


・サニー・パワールの演技
・美しい自然のカット


やっぱり子役の演技がよかったですね〜
子どもってなんであんなに瞳がキラキラしているんですかね。
壮大な自然を映し出したシーンの数々にも、圧倒されます。

悪かった点


・青年になってからの人間模様が物足りない

サルーの幼少期の頃の物語が本編の半分を占めているので、大人になってからのサルーの人生はちょっと端折っている部分が多いんですよね。
25年という長い時間を2時間で収めるのは難しいのかもしれませんが、もう少し大人になったサルーの心の内側や恋人・家族との人間関係をじっくり描いて欲しかったなと思いました。

まとめ


信じられないような実話の物語を描きつつも、インドの、ひいては世界中の子供達の厳しい現実を描いた社会派な映画でした。
こんなことって本当にあるのか?と信じがたい物語でしたが、かなり原作に忠実に描いているそうで、さらにビックリしました。

子役の演技にも感銘を受けますし、美しい自然のカットも圧倒されます。

「LION/ライオン~25年目のただいま~」オリジナル・サウンドトラック
ダスティン・オハロラン & ハウシュカ
SMJ (2017-04-05)
売り上げランキング: 15,535

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)