黒幕は誰だ!実話を基にしたクライム・スリラー映画『キラー・エリート』

ジェイソン・ステイサムの出演作品をまとめた記事、「ハゲだけどではない!ハゲだからかっこいい!「ジェイソン・ステイサム」年代順オススメ映画12作品」を作る際に、せっかくだからまだ観ていない作品も書こう!と探していてみつけたのが『キラー・エリート』でした。



作品のポスターから、こいつらヤバそうだぞ・・・という匂いがプンプンしていますね。
主演のジェイソン・ステイサムを始め、ロバート・デ・ニーロクライヴ・オーウェンと豪華な顔ぶれです。

キラー・エリート(Killer Elite)


監督ゲイリー・マッケンドリー
脚本マット・シェリング
出演者ジェイソン・ステイサム
クライヴ・オーウェン
ロバート・デニーロ
公開2011年
製作国アメリカ合衆国


あらすじ



1980年、メキシコ。
極秘ミッションに駆り出された殺し屋のダニー(ジェイソン・ステイサム)は、師匠でもあり良き相棒でもあるハンター(ロバート・デ・ニーロ)とともに、いつものように厳重な警戒を潜り抜け、リムジン内の標的を暗殺。
しかし、同乗していた目撃者である10歳の少年に向かって引き金を引くことがどうしてもできなかった。
自身の限界を悟ったダニーは、危険な稼業から足を洗う。

1年後、オーストラリアの農場で恋人と静かに暮らしていたダニーの元に、ハンターのポラロイド写真が届く。
ハンターは“SASの精鋭を事故に見せかけて殺せ”という危険な仕事に失敗し、捕虜となっていた。
ダニーはやむを得ず、ハンターが遂行するはずだったこの不可能なミッションを継ぐため、仲間たちを招集。
だが、元SASの隊員スパイク(クライヴ・オーウェン)は彼らの不穏な動きを敏感に察知していた。
その背後には“フェザー・メン”と呼ばれる謎の組織の存在があり、ダニーへの包囲網は確実に狭まっていく。
そして、影で暗躍する謎の“エージェント”の存在。敵の予期せぬ奇襲。徐々に動きが制限される困難な状況下、ダニーは決死の行動に出るが、その先には予想もしなかった事実が存在していた・・・(わーwナー・ブラザーズ公式サイトより)


イギリスの特殊部隊であるSASの元メンバーだった、ラナルフ・ファインズの小説『The Feather Men』を基に映画化。
彼が実際に暗殺未遂に遭ったエピソードが参考にされています。

監督はゲイリー・マッケンドリー
どんな作品を作っているのか調べてみたのですが、どうやらCM作品を制作していることが多いようですね。
この作品以外に作った映画はみつかりませんでした。

最後まで誰が黒幕なのか油断できない!


闇が深いクライムサスペンスでした。
ストーリーはかなり脚色されているでしょうが、実際に起きていた事件が基になっていると思うとイギリス政府のみてはいけない一面を垣間見てしまったような気持ちになりますね。
自殺に見せかけた殺人、SAS、裏取引・・・まあどこの国にもありうるかな。

後半からの畳み掛けるような急展開はドキドキした!
結局誰が大元の黒幕なのだろうかと、目が離せなくなります。
前半でしっかりキャラクター同士の関係性を整理しながらみるといいですね。

ジェイソン・ステイサムはやっぱりかっこいいよ!
でもあんまり実録映画に向きませんね(笑)
なんというか、整いすぎている。
顔も、スタイルもいい意味で一般人感がないというか、今回のキャラクターは一般人じゃないけど。
1人だけ次元が違うとこにいるような浮いている感じかしましたね。

一方ロバート・デ・ニーロの脇役具合がちょうどいいスパイスになってました!
ロバート・デ・ニーロに尋問されたい〜
駅で雇い主を撃ち抜くシーンがめちゃくちゃかっこよくてシビれました。

殺し屋を引退した男が、相棒のために一肌脱ぐ!


殺し屋から足を洗った男、ダニー・ブライスが主人公。
山奥で悠々自適に暮らしていたダニーの元に、とある依頼人から1枚の手紙が届いたことから、物語は動き出します。

その手紙にはかつてダニーの師匠で、相棒でもあったハンターという男がオマーン族に人質になっているということが書かれていました。
族長はハンターの釈放する代わりに、「自分の息子を殺したSASのメンバーに自供をさせ、自殺と見せかけて殺害してほしい」という条件が提示します。
ダニーはその条件を飲みかつての仲間と共にミッションに挑んでいきます。

余談ですが、SASとは、第二次世界大戦末期の1941年に結成された、イギリス空軍の特殊部隊のことを指します。
世界初の特殊部隊で、現在では空挺活動だけでなく、テロに対する治安維持や要人の警護や人質・捕虜の救出作戦など様々な活動をしているんだそうです。

閑話休題。
かつての相棒のために危険なミッションに挑んでいく、スリルなストーリーかと思いきや、それだけでは終わらないのがこの作品の面白いとこ。

敵は最強の特殊部隊。
もちろんダニーたちの動きに気づかないはずがありません。
実はSASには「フェザーメン」という、SASを退役した人々を報復行為から守る秘密組織があったのです。

ハンターのためにミッションをこなしていくダニー、それを阻止しようとするフェザーメンのメンバーであるスパイク
物語が佳境を迎え、ついに2人が対峙したところで新たな黒幕が登場します。
その男はイギリス政府の全権を所持する存在だった。

ダニーにハンターの救出を依頼してきた男は、その男と繋がりがあったのです。
なんだか話がややこしくなってきたぞ・・・

つまり、そもそもダニーは政府に利用されていたのです。
それまで水面下で起きてきたことが、徐々にことが大きくなってしまいました。
SASの裏事情やフェザーメンの存在を隠したいイギリス政府は、方々へと圧力をかけ始めます。

クライマックスはダニー、スパイク、イギリス政府の三つ巴の戦いへ。
ダニーは逃げ切り、恋人と共に去って行くのでした。

ある出来事には、裏でみえない出来事が動いているかもしれない。
小説が発表された時、イギリス政府はその内容について否定し続けたのだとか。
真相は闇の中ですが、こういう話はワクワクしちゃいますね!

クールでスマートな主人公


今作の主人公であるダニーは冷静沈着な男。
もともと殺し屋をしていましたが、ある暗殺の依頼を受けた時、ターゲットと一緒にいた幼い少年を殺すことができずに殺し屋から足を洗おうと決意します。
殺し屋なんて仕事をしていますが、実は人情のある男だというのがわかりますね。
今回も相棒のために仕事へ戻る優しい男。

こんな奴が殺しなんてできるのか?と思いますが、やるときはやる。

でも結構殺し方にボロがあって、そんなんでいいのかよ!と突っ込みたくなるシーンも多々あります(笑)
タイルで転んだように見せかけて撲殺するとか、コーヒーに毒を入れて殺すとか、なんだかチープだぞ!
特にコーヒーで毒殺する時のシーンは、あまりの安っぽさに笑っちゃいました。
そんな気軽に病院やSASの訓練に潜入できるのかと。

恋人と暮らすことを望んでいて、ハンターには足を洗えと何度も諭すくらいですから、彼の中ではもう殺しの仕事はできないときっぱり決心していたんでしょうね。

ジェイソン・ステイサムの敗北を知りたい・・・


今作もジェイソン・ステイサムは、知的で冷静なキャラクターを演じていますよ。
窮地に陥ることは何度もありますが、全てうまく切り抜けています。
彼がボッコボコにされてるかわいそうな映画ってなかなかないですよね・・・?

彼は色々な裏稼業のキャラクターを演じていますが、今回のキャラクターだけなんだかしっくりこなかったんですよね。
なんだかジェイソン・ステイサムって、顔が整いすぎて現実離れした存在に感じるんですよね。
だからこそ運び屋だの殺し屋だのがとても似合うのだと思うのですが、逆に言えば実在した人物を演じるのって似合わないのかもしれませんね。

共演のロバート・デ・ニーロの立ち位置がとても好きです。
キャラクターもちょっと三枚目っぽい感じで。
そしてさらっとかっこいいことして観客の心を奪い去って行くのです。

緊張感あるアクションシーン


黒幕が誰なのかわからない中でのアクションシーンは緊迫感が満載です!

本編のオープニング以降は、暗殺シーンが中心なので、中盤くらいまで大きなアクションシーンはありません。
ダニーとスパイクが初対面したあたりから、一気にアクションシーンの連続になっていきます。

病院の中でのゴリ押しアクションもいいですが、後半の三つ巴になるシーンも良かったですね。
三つ巴のアクションシーンっていろんな視点で動いていくので、スピード感があって面白いですよね。
椅子に縛り付けられているのにめっちゃ強いダニーには笑いました。
何したって勝てねえよ!

あとはハンターの見せ場である駅でのシーンも印象に残ってますね。
ハンターが銃を撃ってから、弾が流れて相手に当たるまでの一連の演出がめちゃくちゃクール。

何度もハンターの死亡フラグが上がってはへし折れ、上がってはへし折れと、ハラハラさせられるシーンもよかったな〜
ロバート・デ・ニーロがね、おいしい役すぎましたね。

良かった点


・後半までわからない展開
・ロバート・デ・ニーロの役どころ


いろんな人間が絡んでいて、徐々に真相が見えてくる展開はドキドキしますね。
ロバート・デ・ニーロのイケおじっぷりにノックアウトされました(笑)

悪かった点


・現実離れしすぎた展開

イギリスのSASだとか政府の闇だとかは、日本人なのでわからなくてもしょうがないです。
ただ実話を基にした話にしては暗殺の部分が脚色しすぎというか、そんなの無理だろ!みたいな現実離れした展開だったのが気になりました。

まとめ


ハラハラするサスペンスアクションかと思いきや、政府の深い深い闇を暴くという裏事情たっぷりな実録映画でした。
現実離れした暗殺方法に笑いそうになりますが、まあ多少はエンタメ向けに脚色されているのでしょう。

ジェイソン・ステイサムの最強っぷりには。最早ランボーのような安心感を抱きます(笑)
共演のロバート・デ・ニーロが私好みのキャラを演じていて、また好感度が上がりました。

キラー・エリート [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2013-03-20)
売り上げランキング: 28,621

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)