DCコミックの人気ヒーロー大集合!こいつら無敵すぎ!『ジャスティス・リーグ』

前回『ワンダーウーマン』にて、初のDCシリーズ入りを果たした私。
そんなDC映画の最新作『ジャスティス・リーグ』も、観に行ってきました!



ジャスティス・リーグ(Justice League)


監督ザック・スナイダー
脚本クリス・テリオ
ジョス・ウェドン
出演者ベン・アフレック
ヘンリー・カヴィル
エイミー・アダムス
ガル・ガドット
エズラ・ミラー
ジェイソン・モモア
レイ・フィッシャー
ジェレミー・アイアンズ
ダイアン・レイン
コニー・ニールセン
J・K・シモンズ
公開2017年
製作国アメリカ合衆国


あらすじ



バットマンやワンダーウーマンなど、DCコミックのスーパーヒーローが結集して戦うアクション超大作。
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で描かれた、自らの命を賭して地球の危機を救ったスーパーマンの行動によって、人類への信頼を取り戻したバットマンが、迫りくる強大な敵に立ち向かうため、ワンダーウーマンとともに新たな仲間を探していく。
そうして集まったのは、バットマン、ワンダーウーマンに加え、アクアマン、サイボーグ、フラッシュという、いずれも一筋縄ではいかない個性の強い超人たち。
バットマンは彼らをまとめあげ、地球崩壊の危機に立ち向かわなければならないが・・・。(映画.comより)


DCコミックのヒーローたちが、1つの世界観の中で共闘するクロスオーバー作品、「DCエクステンデッド・ユニバース」の第5弾。
シリーズ3作目の、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の続編に当たります。

監督は、シリーズではおなじみザック・スナイダー
しかし、彼は娘さんの急死により、撮影の途中で降板しています。
ほとんどの撮影が終わっていたということで、クレジットではザックが監督を務めたことになっていますが、残念ながら、今後の監督復帰予定は未定とのこと。

残りの撮影は、ジョス・ウェドンが担当。クレジットには、脚本という形で名前が出ています。
ちなみに彼は、過去に『キャプテン・アメリカシリーズ』、『アベンジャーズ』などのマーベル作品を手がけていました。なんという運命・・・

パワフルなヒーロー映画だ!


DCシリーズは重苦しい感じの作風かと思っていたのですが、わりと軽いタッチで、コミカルさもあるヒーロー映画でした
ストーリーも、思っていたよりサクサク進んでくれましたね。

「DCエクステンデッド・ユニバース」は、『スーサイド・スクワッド』、『ワンダーウーマン』のアナザーストーリー作品は観たのですが、肝心の本筋は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を、WOWOWでクライマックスから観ただけという浅い知識レベル

正直『ワンダーウーマン』に惚れ込んだ勢いで鑑賞を決めたので、内容がわかるかかなり不安だったのですが、シリーズがよくわからなくても、大まかな流れはわかるので楽しめました

軽いタッチにしたかったのか、思っていたよりも敵との戦いがあっさりとしていた気がするのですが、DC映画はド派手な戦いよりも、心理的な要素を大切にするのかな?
下手したら『ワンダーウーマン』の方が、アクション描写は派手だったような気がします。

でも戦っている時のシーンはかっこよかったですね!
スローモーション使いすぎな気もしましたが、かっこよきゃいいんだよ、ヒーロー映画なんだから。

ワンダーウーマンがしょっぱなから飛ばしていて、思わず笑いそうになったのですが、さらに復活したスーパーマンが上をいく強さで、完全にポカーン状態でした(笑)
ろくにシリーズを追っていないと、ヒーローたちがどんな成長を経たのかわからないので、もはやみんなチート状態に見えますね。

スーパーマンなき世界、新たな強敵が襲来!


人々を守るスーパーマンが死んでしまって、世界を守るバランスが崩壊、過去に封印されていた最強の敵が目覚めて、世界を征服しようとするのを、最強ヒーローたちが阻止しようとする、というヒーロー映画としては王道なストーリーでした。

なので、今までのシリーズを観ていなくても、話にはついていけます。ただし、シリーズおなじみのキャラや、シリーズを観てきた人に嬉しい小ネタというのも、もちろんあります。
そういうファンサービス要素を楽しむには、やっぱりシリーズ全てを観た方がいいですね!

マーベルなら小ネタ拾えるのですが、今回はさっぱりでしたね(笑)
あーこのセリフは多分他の作品であったやつなんだろうな〜とか、何個も見かけたので、きっとファンの方には楽しい映画だったことでしょう。
私がわかったことといえば、ダイアナの恋人のことくらいですね・・・

ちゃんとストーリーを把握したい!という方は、最低でも、『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の2作を観ておけば、全体のストーリーはわかるはずです。

DCもかっこいいキャラいっぱい!


DCコミックスの2大ヒーロー、スーパーマンバットマンをはじめ、ワンダーウーマンフラッシュサイボーグアクアマンの6人が登場し、大活躍!
クライマックスで6人が横並びになるシーンは、なかなか壮観でしたね。

やっぱりワンダーウーマンかっこいいよ〜〜!
最初の、テロリストが撃ってくる銃弾をガンガンはじいていくシーン、わけがわからないくらい強すぎでした。
なんか『ワンダーウーマン』のときよりも強くなってません?

どのヒーローよりも先陣切って突き進んでいて、また惚れ直しました(笑)
彼女が登場した時にも、さりげなく彼女のテーマソングがアレンジされていたのも、かっこよかったです。

まあ、それ以上にスーパーマンが強すぎて意味がわからなかったのですが。
なんだあれ、他のヒーローたちが苦戦していた敵を、スーパーマンが一発でぶっ飛ばしていたりね。フラッシュより早く走っちゃったりね。フラッシュの立場・・・(笑)
スーパーマンって名前が、世界一ぴったりです。

6人の中では彼女が一番好きですが、バットマンやスーパーマンもかっこいいですね!(今更)
いやー人気なのがよくわかりました。
バットマンが飛び降りたりしたときに、マントが翻ってコウモリの翼のような形になるのが、最高にクールでした。あれは考えた人天才。

今回は、天涯孤独のバットマンがチームを作り、リーダー的存在となる訳ですが、慣れないながらもチームの輪を作ろうと奮闘している姿も良かったですね。
アクアマンに「魚と話ができるのか?」って声をかけているシーンって、あれは彼なりのジョークな訳ですよね?・・・だよね?
今までのシリーズを観ていれば、バットマンたちの心境の変化なども楽しみながら観れたかな〜

個人的には、中の人的な意味でフラッシュが楽しみだったのですが、予想通りなギークキャラでした。
超速で移動できるのが特殊能力なので、彼のシーンは特殊効果とスローモーション祭りだったわけですが、それでも電気を散らしながら瞬間移動していく姿は、テンション上がりますね!
男の子は一度は憧れるでしょうあれ!いや私も興奮したけど!

ワンダーウーマンの剣を、ちょんって押してあげるのとかかっこよかったな〜
声出しオッケーだったら「Fooooooooo」ってヤジ入れてますね、あれは。
そのあと、ワンダーウーマンを助けたときに、顔が真っ赤になっているギャップね、かわいすぎましたね。
最後にスーパーマンと競争しているのも、若い青年って感じでしたね。

今までは、スーパーマンとアイアンマンを混同していた、アメコミにわか野郎でしたが、もうそんなことはありません!(笑)
DCコミックスも歴史は深く、魅力的なキャラクターはたくさんいるんですね

豪華な出演陣


一人一人で、それぞれ主役を張れるようなキャストばかり。
クロスオーバー作品は、こういうキャストの豪華さも魅力ですよね。

ベン・アフレックは、『夜に生きる』ぶりだったわけですが、相変わらずの寡黙っぷりでした。
ブルースの時の髪型めっちゃ好みです。身体パンッパンに鍛えてますね!

寡黙キャラが多かったり、見た目とか、表情とか、結構好きなんですが、ベンは時々私生活でお騒がせしちゃったりして、私的にあんまりイメージ良くないんですよね(笑)

ヘンリー・カビルは、なんと『コードネームU.N.C.L.E.』以来!
相変わらず顎が綺麗に割れてました。(褒めてます)

あとすっごいムキムキだった。特におっぱい
どうやったらあんなに大きくなるの・・・あれEカップくらいあるのでは??
次回の『ミッション・インポッシブルシリーズ』に登場予定なので、そこでまた会えそうです。

ムキムキ度でいうとアクアマン役の、ジェイソン・モモアもパンプアップしてましたね。
身体中どこもかしこもムッキムキ。
あの寒い漁村で、上着を脱いで海に飛び込んでいったときは、こっちの方が寒くなりそうでした。

サイボーグ役のレイ・フィッシャーも、思ってたよりガタイ良かったな〜
一応ブレーン担当でしたが、肉弾戦でもがんがん前に出ていましたもんね。

一方フラッシュ役のエズラ・ミラーは、細かった〜(笑)
彼はオタクっぽい、ギークな感じが似合いますね。
結構おちゃらけた発言が多いのも印象的でした。本人いわく、ほとんどアドリブなんだとか。すごい。

ステッペンウルフを倒したときに、フラッシュはなぜかお姉さん座りみたいに床にペタンて横たわっていて、謎のときめきを感じました。
なんであんな座り方してんだ、女の子か・・・!

そして紅一点、ガル・ガドットね、相変わらず美人・かわいい!
アクションもバッチリこなしていました。
文句なし、100点
彼女は髪を下ろしているときの方が好きだな〜

そういえば「フ○ッキンテンポ」でおなじみのJ・K・シモンズ大先生も出てましたが、髪が生えていることに盛大な違和感を抱きました(笑)(大変失礼)

ジェレミー・アイアンズも久しぶりにみたな。
『ダイ・ハード3』の敵役のイメージが強烈ですが、歳とって渋いイケおじになりましたね。

ヒーローたちが繰り出す、ド派手なアクション!


ヒーロー集合映画は、アクションも派手でいいですね。
敵はかなりあっさり倒されたような気がするのですが、まあスーパーマンが強すぎたし・・・
だって、ワンパンチででっかい怪物が吹っ飛んでいくんですよ。おかしい。
最後はみんなで一斉攻撃するのかなと思ったりもしたのですが、そういうのは日本の特撮の影響ですね、完全に。

みんな物理攻撃が多いヒーローばかりだったので、接近戦、派手な立ち回りがたくさんみれて面白かったです。
特にワンダーウーマンのたくましさは、見習いたいくらいですね(笑)
剣、パンチ、縄、ビーム、この4つのコンボが最高でした
一方、切り札を出しまくるバットマン。

あとフラッシュのCGとスローモーションね、今の時代だからこそ実写でできる技ですよね。
走っているときも、スローモーションと、超速になるバランスもよくて、そこまでモタモタしてみえなかったし、CGも演出もうまく作られてました。

若干、戦いの規模の小ささに物足りないと思ったりもしましたが(アベンジャーズがやりすぎな影響もある)、初見の人でも楽しめるくらいでちょうど良かったのかもしれませんね。

良かった点


・ストーリー展開がサクサク
・ヒーローが魅力的


『スーサイド・スクワッド』のこともあったし、ストーリーのテンポは懸念していたのですが、割とサクサク進んでくれて良かったです。
キャラ萌え人間としては、こういう魅力的なヒーローがわらわら出る映画は楽しいですね。

悪かった点


・戦いや、スーパーマンの復活があっさりしすぎ

おそらく前回で散々悩んだはずなのに、あんなあっさり復活して、そんで本人もあっさり戦いに参加するってありなのかな?
シリーズをちゃんと観ていないのでなんとも言えないのですが、あの軽さはファン的にはどうなのかな〜と思いました。
もだもだやってる暇はないのはわかりますけどね!(笑)
あとヒーローたちが強すぎて、最終決戦があまり盛り上がらなかったのも、ある意味興味深い展開でした。

まとめ


「DCエクステンデッド・ユニバース」の、本編は初見でしたが、楽しめました。
内容も重苦しくなく、あくまで「ヒーローたちvs敵」の図でわかりやすかったです。

チームづくりから決戦までもテンポよく進むので、飽きることもありません。
ヒーローたちも強くて、かっこよくて、アクションシーンは大興奮!

「DCエクステンデッド・ユニバース」は、まだ5作品しか出てないので、本作から観て、シリーズを追っていくのも良さそうですね!
サイボーグやアクアマン、フラッシュたちの単独映画もあるようなので、私も過去の作品を鑑賞しようと思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)