CGの発達した今だからこそ続編が楽しめる!人類vsエイリアン再び!『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

超大作SF20年ぶりの続編、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』を観てきました!
先日、前作の『インデペンデンス・デイ』を見たばかりなので予習はバッチリです。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

あらすじ



エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、およそ30億人もの命を失いながらも勝利を収めてから約20年が経過した。
人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを作り上げる。
2016年7月、そんな人類を試すようにアメリカ全土を覆うほどの大きさを誇るエイリアンの宇宙船が出現。
彼らは重力を自在に操る圧倒的な科学力で、ニューヨーク、ロンドン、パリといった都市を次々と襲撃する。
猛攻撃は止むことなく続き、人類存続の要であった防衛システムも無力化してしまう。
シネマトゥデイより)


映画も現実同様、20年後の世界が舞台になっています。

感想


やっぱりCGすげー!!
期待通りの出来に大満足です。20年でこうも進化するもんなんですね。
監督が3D IMAXを推してましたが、確かにこれは3D IMAXで観るべきですね。4DXでも面白そう!
やっぱりエイリアンと地球人の戦闘シーンはテンション上がっちゃいました!

ストーリーは前作よりはだいぶテンポが良くなっていますが、かなりチートが増えてしまい(笑)人々が一致団結してやってやるぞ!というような前作ラストのような興奮は薄かった気がします。

再びエイリアンと戦うも、盛り上がりに欠けるかも・・・


前回の大戦から20年。人々はエイリアンたちの襲撃によって得たテクノロジーで、宇宙で生活できるまでの環境に進化していた。
そこへまたまたどデカいマザーシップが突如登場。
再び人類はエイリアンたちに立ち向かうのです。

今作はエイリアンと人類の戦いがしっかり描かれているので、中弛みすることなくテンポよく進んでいきます。
ただなんですかね、テクノロジーが上がった分胸が熱くなるような描写が少ないといいますか。
前作はほとんどエイリアンへの対策がない中、必死に人類が団結して立ち向かったという情熱に溢れた展開がすごくよかったと思うのですが、今回はなんだかあっさり倒してしまったような気がします。
ラストのおっさんが突っ込んでいくシーンを観た時ほどの盛り上がりはなく、ちょっと残念。

さすが映像の迫力は素晴らしい


こちらは文句なし。期待通りのクオリティです。
最初から最後まで大迫力のCGがスクリーンいっぱいに迫りまくってます。

ほとんどフルと言っていいほどCG技術が炸裂していますが、それも自然な感じに映像に溶け込んでいて、思わずCGであることを忘れてしまいます。
特にラスボスの女王エイリアンとか本当に地面に降り立ったような自然さで、普段がっつりCG映画をあまり観ない私としてはかなり驚きました。

同時に見た『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』とはまた違ったリアル感のあるCGでしたね。

やっぱり旧キャストの安定感ハンパない!


今作の主人公はジェイクという若造なのですが、かわいそうなくらい前作の主人公・デイビッドに食われている(笑)
一応エイリアンとの確執のような過去にもちょっと触れるのですが、なんとも言えないお飾り感が拭えず。

というか全体的に新キャストは旧キャストに食われ気味でしたね〜新大統領とか全然見せ場ないしなんだこいつ?という疑問も。
ストーリーの後半は結局デイビッド元大統領将軍の3人がメインになっていました。

そうなるとやはり前作を観ていて正解でした。あの時のあいつらが!という感動も生まれましたし。
元大統領が徐々に生き生きしていく姿は嬉しくなりましたね。髭剃ってからの元気っぷりがすごいです。
劇中に前作の名演説のセリフがあって気分が高揚しましたね。

しかし中国市場を見据えすぎじゃない?


あとどうしても今回モヤっとしたのは中国市場への配慮をひしひしと感じてしまった点ですかね。

今やとんでもない経済大国となった中国。もちろん映画を作る側もある程度は利益を得るためにあれこれ画策することは必要です。

そんな中で中国という国は今一番お金を落としてくれやすい国ですから。それなりに意識して作品を作るのはわかります。
『ミッション:インポッシブル ローグネイション』『オデッセイ』もなんとなくバックに中国がちらついてはいましたし。(まあこの2作は中国の会社がスポンサーについていたというのもあるけど。)
ところが本作は中国市場を意識しているのがもろわかりすぎてなんだかなあという感じ。

メインキャラの1人が中国人というくらいならわかりますが、ヒロイン的な存在まで中国人が出てきて、挙げ句の果てには中国語のオンパレードにはさすがに笑いました(笑)そこまでやる??

何事もやりすぎはよくないなあと感じてしまう演出でした。

まとめ


ぶっちゃけ映像のクオリティを楽しむ映画という感じです。

ストーリーや戦闘シーンなど前作と似たり寄ったりな点が多く見受けられましたが、それも含めて前作と比較しながら楽しむのもアリかと思います。
ということで今作を観に行く方はぜひ前作の『インデペンデンス・デイ』もおさらいしていきましょう!


アート&メイキング・オブ・インデペンデンス・デイ:リサージェンス
サイモン・ワード ローランド・エメリッヒ
ボーンデジタル
売り上げランキング: 65,948

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)