第二次世界大戦に生きた孤高の天才の生涯を描く。ノンフィクション映画の傑作『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』

先日観た『パッセンジャー』の監督であるモルテン・ティルドゥムという人物を存じ上げず、どんな作品を作っているのか調べてみたら、なんと『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』の監督だったのですね!
久々に見返してみました。



イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(The Imitation Game)


監督モルテン・ティルドゥム
脚本グレアム・ムーア
出演者ベネディクト・カンバーバッチ
キーラ・ナイトレイ
マシュー・グッド
ロリー・キニア
チャールズ・ダンス
マーク・ストロング
公開2014年
製作国イギリス
アメリカ合衆国


あらすじ



1939年、イギリスがヒトラー率いるドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が開幕。
天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は、英国政府の機密作戦に参加し、ドイツ軍の誇る暗号エニグマ解読に挑むことになる。
エニグマが“世界最強”と言われる理由は、その組み合わせの数にあった。
暗号のパターン数は、10人の人間が1日24時間働き続けても、全組合せを調べ終わるまでに2000万年かかるというのだ――!

暗号解読のために集められたのは、チェスの英国チャンピオンや言語学者など6人の天才たち。
MI6のもと、チームは暗号文を分析するが、チューリングは一人勝手に奇妙なマシンを作り始める。
子供の頃からずっと周囲から孤立してきたチューリングは、共同作業など、はなからするつもりもない。
両者の溝が深まっていく中、チューリングを救ったのは、クロスワードパズルの天才ジョーン(キーラ・ナイトレイ)だった。
彼女はチューリングの純粋さを守りながら、固く閉ざされた心の扉を開いていく。
そして初めて仲間と心が通い合ったチューリングは、遂にエニグマを解読する。

しかし、本当の戦いはここからだった。解読した暗号を利用した極秘作戦が計画されるが、それはチューリングの人生はもちろん、仲間との絆さえも危険にさらすものだったのだ。
さらに自分に向けられるスパイ疑惑。そしてチューリングが心の奥に隠し続け、ジョーンにすら明かせなかった、もう一つの大きな悲しい秘密。
あらゆる秘密と疑惑が幾重にも積み重なり、チューリングの人生は思わぬ方向へと突き進んでいくが――。(公式サイトより)


監督であるモルテン・ティルドゥムは、ノルウェーで活躍する映画監督で、本作が英語映画の初監督作品
『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』は国内外で高い評価を収め、第87回アカデミー賞第68回英国アカデミー賞など数多くの賞にノミネート・授賞されました。

伝記映画としてはかなりの名作


観終わった後の、心にぽっかりと穴が空いたこの感じ。
感動、悲しみ、虚しさ、あらゆる感情で胸がいっぱいになり、頭の処理が追いつかなくなってしまいます。

そして心を乱すベネディクト・カンバーバッチの演技力。
チューリングに憑依しているというか、そこに存在しているというのか。
『スター・トレック・イントゥ・ダークネス』で彼の存在を知り、そこから『SHERLOCK』へと沈んでいったのですが、今のところこの作品のベネディクトが私の中では一番です(笑)
特に本編終盤の彼の晩年の、感情溢れる演技は涙を誘われました。

主人公のアラン・チューリングという人間にフォーカスを当てるだけでなく、戦時中の人々の生活や、同性愛迫害など、歴史的背景も浮き彫りにし当時の厳しかった現実を突きつけてくる点も良かったと思います。

現在から過去へ遡り、自身の半生を語るスタイルなので、現在と過去が混在したストーリー展開になります。
ミステリーやサスペンス作品というわけではないので、頭を使うことはありませんが時系列がごっちゃになるので集中して観る必要があります。

当時の時代背景が色濃く、美しく映し出されている


ノンフィクション映画というと、主人公が存在した事実や歴史を描くため、「ほーん、で?」というような感想ばかり抱いてしまうのが本音です。
ところが本作はアラン・チューリングという人間を、うまく当時の時代背景に絡められているなあと思いました。
なので、ある程度製作陣の伝えたい意図が伝わってくる。
本作は彼の存在を通して、戦争の過酷さ当時の同性愛者に対する風当たりの強さといったものも表面化して描いています。

アラン・チューリングという人間がどんな人間だったか、どんな人生を送ってきたか、ただそれを淡々と描写するのではなく、第二次世界大戦中だったという時代背景を混ぜ合わせることによって、より重みのあるドラマを生み出しています。

実はエニグマの暗号解読に関して、そこまで深く掘り下げてないというのも驚きました。
タイトルや予告を見ると暗号解読をするまでを描くのかなと思っていたのですが、エニグマの暗号が解読されてからもしばらくは本編が続きます。
エニグマを解読したことは誰にも知られてはいけない。
なぜか。単純なことです。
知られてしまったら、また暗号を変えられてしまうから。

アラン達は秘密を抱えながら、戦線に立つ兵士たちとは違った形で戦争に貢献しました。
暗号解読がバレないように、わざと敵襲をうけたりしていたというにわかには信じ難い真実も描かれていました。

ただやっぱり、主人公の人生の最期を字幕で終わらせるあの手法はあまり好きになれませんね〜
せっかくその人の伝記映画を作ってるんだから、最後まで描写すればいいのに!
余韻のあるドラマティックなラストに仕上げたいのですかね。いつもノンフィクション作品を見るたびに不思議に思うんです。

天才ゆえの困難をかかえるアラン・チューリング


アラン・チューリングはそのたぐいまれなる才能で、イギリス政府の機密作戦の要因として抜擢されるのですが、人との協調性が全くない。
他人の気持ちを考えたり、場の空気を読む、ということができないんです。
天才だと世間に表される人というのは、しばしば他人に同調することができない性格であることが多いですよね。
何かに優れていると、一方で何かが欠けているものなのでしょうか。

アランは昔から数学に関してはずば抜けた才能を発揮していたけれど、やはり孤独な存在でした。
学校ではクラスメイトからいじめを受ける日々。
こういう状況っていつの時代でもあると思うのですが、実際に加害者側に立っている人間が本編を鑑賞したら何か感じるものがあるんですかね。

エニグマの暗号解読の際にも、アランは協調性の無さからチームに煙たがれるのですが、唯一の女性メンバーであるジョーン・クラークの機転により、徐々にチームに慣れ、他のメンバーもアランに対して仲間意識が芽生えるようになってきます。
過去のアランが受けた被害を思うと、やはり同じレベルの知能の人間が集まれば、環境というのは変わっていくんだなと感じました。

アラン・チューリングという人間を描く上で欠かせない要素。
彼は同性愛者だということ。
学生時代孤独だったアランを救ってくれたのは、友人のクリストファーだった。
次第にクリストファーに対して特別な感情を抱くようになりますが、クリストファーは、残念ながら結核で亡くなってしまう。
彼はエニグマの解読機械に「クリストファー」と名付け、生涯側に置いておきます。
最後のジェーンとの会話は切なすぎましたね。

同性愛者であることは、この時代では犯罪です。
アランは暗号を解読後、大学教授の仕事につきますが、男娼と関係を持ったと疑われ、警察に逮捕。
1年間のホルモン投与を受け、その後41歳という若さで自殺してしまうのです。
LGBTに対する見方が変わってきたのも最近の話ですからね、難しい問題です。

そういえば久々に本作を見て、『ザ・コンサルタント』のクリスチャン・ウルフを思い出しました。
『ザ・コンサルタント』は完全フィクションのアクション映画なので、毛色が全く違いますが、クリスチャンとアランは人間性がとてもよく似ています。

ベネディクト・カンバーバッチの演技が光る


私の拙い語彙力では足りないベネディクト・カンバーバッチの演技力の高さ!!
本当に素晴らしかった。
なんだろう、彼の醸し出すオーラと、若さも相まってかすごく美しい・・・高貴・・・

アラン・チューリングを演じているのではなくて、もはやそこにいるかのよう
繊細で、傷つきやすい、ガラスの心のようなアランを演じています。
どもりや、佇まい、目線や手の動き方、ぎこちない笑み。
全てに神経使って演じているのだろうなあというのが伝わってきました。

彼の演技に引き込まれ、ラストの自宅でのシーンはボロ泣きしました。
あんな悲壮な顔して涙流されたら、こっちももらい泣きしてしまいます。

アカデミー賞主演男優賞も確実と言われていたんですけどね〜この年は豊作だったんですよね!
受賞したのは『博士と彼女のセオリー』のエディ・レッドメインでした。
いやーわかる。作品も彼も素晴らしかった。

現在、過去、大過去の3つの時間軸をわかりやすく演出


戦後の晩年期、戦時中の暗号解読時代、アランの青年時代の3つの時間軸によって本編はストーリー展開をしていきます。

基本的には晩年のアランが、戦時中に仲間とともに暗号解読に取り掛かった過去を語るのですが、アラン自身の性格を取り上げる上で、さらにアランの学生時代にまで遡る時があります。
こうして書くと複雑に感じそうですが、時間軸の移動は画面の下に西暦を入れてわかりやすくしたり、画面全体の色味を変えて明るくしたりと、違う時代の話であることが見てわかるような工夫が施されています。

現在から過去、過去からさらに過去、そして過去から現在へ、と結構時間軸が変わるのですが、わかりやすい演出の工夫によって、しっかり本編についていけますし、またテンポよく本編が進んでいたように感じられました。
でもながら見だとだんだん話がわけわからなくなってくると思うので、映画に集中して見たほうが絶対に面白いです。

良かった点


・ベネディクト・カンバーバッチの演技
・歴史的背景もきちんと描写されていた


ベネディクトの演技は文章にするのが難しいくらい感情が揺さぶられるので、ぜひ実際にみていただきたいところ。
主人公にフォーカスを当てるだけでなく、戦時下の歴史や文化なども丁寧に描かれていたのもより作品の深みが増した演出だったと思います。

悪かった点


特になし

特にここが気になった!!という点は見当たりませんでした。
時間軸があちこち行き来するのが苦手な人もいるかもしれませんが、考えるというよりは集中して観ていれば混乱することはないと思います。

まとめ


脚本・演出・構成、どれもよくまとめ上げられている名作です。
実在した人物の伝記映画としてはトップレベルの作品なのではないでしょうか。

ベネディクト・カンバーバッチの演技も必見なので、『ドクター・ストレンジ』で彼を知ったという方はぜひこの機会に観てみてはいかがでしょう!

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [Blu-ray]
ギャガ (2016-12-02)
売り上げランキング: 2,187

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)