人を信じたり、疑ったり。人間の業を描いた『怒り』

重いんだろうな〜〜とわかっていても、観る価値があるのではなかろうかと『怒り』を観てきました。

怒り

あらすじ



犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。
東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。
それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。
映画.comより)


原作は吉田修一のミステリードラマ小説。そして監督は吉田修一原作の『悪人』で国内外問わず多くの高評価を得た李相日。2人が再びタッグを組み、豪華俳優陣を布陣に大作に挑んだ。

感想


重いというより、メッセージ性の強い作品でした。
私にとっては最近観た『64-ロクヨン-』の方がもっとずーんと胃にくる作品だったと思いました。

予告の印象では、殺人事件にクローズして逃げおおせようとする犯人と周りの人間模様を描く、サスペンス映画だと思っていたのですが、事件はそこまで深く掘り下げられません。
むしろ殺人事件は飾りというか、あくまで観客へのフェイクとしての役割の一つで、もっと人間の内面を描いた作品になっています。

この作品は妻夫木聡綾野剛のラブシーンでかなり騒がれていたので警戒していたのですが(笑)、私はそこまで刺激的に感じませんでした。エロティックではありましたが、なんというか、2人の関係性を伝える必要なシーンの一つだったと捉えました。
ベッドシーンよりも綾野剛が大荷物を持って帰る途中、持ちきれなくてあわあわしてるシーンの方が100万倍キュンとしました。そしてそれを見つめる妻夫木。

キュンとさせるような演技を見せつけてくれる2人の演技力ももちろん、今作はやはり役者陣が実力のある人ばかりで見ごたえがありました。

信じたり疑ったり。それが人間なのだ


1年前に起きた夫婦殺人事件に似ている男3人とその周りの人々を軸に、人間の業を描いたヒューマンドラマ
一応カテゴリーはミステリーなのだけど、そんなにミステリー要素無かったと思ってます。

この作品の面白いところは容疑者とされている男たちではなく、関わりを持つ周りの人たちの心情を視点に描いているところでしょうか。
3人の男は突然現れるのが共通点なのですが、その男たちを信じた人、信じられなかった人たちが、出会いから別れまでの戸惑いや苦しみ、愛情を静かに、時に激しく爆発させます。

そんな人々の思いや心の内をさらけ出している姿を見ているうちに、正直事件の犯人はどうでもよくなってしまいました。
もちろんストーリーの展開の中で、事件の犯人はきちんとわかるのですが、最後にわかっても刑事ドラマを見ている時のようなスカッとした気持ちにはならず、鬱々とした面持ちで画面を見つめていました。

人を信じる、信じない、というのがメッセージとして何度か作中の台詞にあります。
が、信じた結果裏切られ辛い目に遭い、信じなかった結果も自分を責め立て辛い目に遭うなんだか遣る瀬無い展開にこちらも深く考えさせられました。
それでもラストは前向きな終わり方で多少救われました。

物語は3つの場面が代わる代わる展開


松山ケンイチ演じる田代哲也、綾野剛演じる大西直人、そして森山未來演じる田中慎吾の男とその3人に出会った人々を中心に場面展開していきます。

この3人は全く繋がりはなく、共通点は過去が謎、突然現れた、顔や体格が1年前の事件の犯人に似ている、というところだけ。
突然別の場面に話が移るのですが、全体の話が掴めないということはありませんでした。3人に繋がりはないのであれこれ頭の中で整理しながら観る必要はないと思います。

出会った場所や状況は違えど、徐々に交流を深めていく周囲の人々。
そこへ突如未解決事件を特集した番組が放送される。
自分の側にいる大切な人が殺人犯かもしれないと、人々は疑ってしまう心と疑いたくない心の板挟みにあい、ないまぜにさせられるのです。

決して交わらない3つの場面がうまく交差していて、良い編集だなと感じました。

役者陣は全員が主人公レベルの存在感


日本の大作は役者がみな実力があって、それも見どころの一つですね。
渡辺謙はもちろん、出演者全員がその役そのもののように演じていて感服するばかりです。

渡辺謙はだめだめな親父の役で、これがまたハマってました。
監督曰く、普段渡辺謙がやらなさそうな役を演じて欲しかったから彼を選んだんだそうです。

特に私が驚いたのは宮崎あおい
最初に登場した時「え?こんなキャラなの?」と驚きました(笑)
宮崎あおい演じる槙愛子はちょっと電波っぽい女性で、周囲からも浮いた存在。なので歩き方もひょこひょこしてるしフラフラしてるし、何より喋り方が拙くて幼い。
私の中では、凜とした女性の役が多いイメージなので、こんなアホっぽい役もできるのか!と彼女の新たな一面を発見しました。
徐々にまともな人として成長していく演技もとても良かった。

妻夫木聡綾野剛については各所で散々語られていると思いますが(笑)、見ていて自然な両片思いを演じきっていたので、こりゃ女性が騒ぐわけだと妙に感心してしまいました。
特に表情や仕草がすごく儚げで艶やかで、注目ポイントです。

広瀬すずもこのベテラン陣の中すごく頑張っていましたね。
実は『学校のカイダン』ぶりに彼女の演技を見たのですが、台詞回しがとても自然になっていて良かったです!
劇中では酷い目に遭っていて、全力で守りたくなりました。あのシーンリアルすぎて怖かったです。
まさに体当たりの演技とはあのこと。

まとめ


犯人探しの映画ではなく、人間の根底にある疑念信念を浮き彫りにした作品です。
ここではあえて犯人が誰か書きませんでした。気になった方は是非劇場に足を運んで、人間の内側にある深い一面を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

「怒り」オリジナル・サウンドトラック
坂本 龍一
SMJ (2016-09-14)
売り上げランキング: 573

怒り(上) (中公文庫)
怒り(上) (中公文庫)
posted with amazlet at 16.09.21
吉田 修一
中央公論新社 (2016-01-21)
売り上げランキング: 79

怒り(下) (中公文庫)
怒り(下) (中公文庫)
posted with amazlet at 16.09.21
吉田 修一
中央公論新社 (2016-01-21)
売り上げランキング: 97

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)