期限付きの恋愛勝負!『10日間で男を上手にフル方法』

2003年とちょっと昔の作品ですが、友人がDVDを借してくれて、見てみました!
それにしてもすごいタイトルだな〜(笑)

img_0

あらすじ



上司との間で“10日間で恋人をつくれるか”の賭けをしている男性と、雑誌の企画で“どうしたら10日間で男にフラれるか”を体験取材することになった女性。
そんな2人がひょんなことから出会い、互いの思惑を心に秘めたまま“偽りの恋愛”を繰り広げるさまをユーモラスに綴ったラブ・コメディ。

主演は『あの頃ペニー・レインと』のケイト・ハドソンと『サラマンダー』のマシュー・マコノヒー。
原作はOL2人が自らの体験を基に“男に嫌われる言動”を書き連ね全米でベストセラーとなったハウトゥ・パロディ本。

新米の雑誌ライター、アンディは堅い政治ネタを熱望していたが、編集長が用意したのは軽い“HOW TO”もののコラム。
なかなかテーマの決まらないアンディは、友だちが語る失敗談から、男と別れたい女性のための“10日間で男にフラれる方法”という企画を思いつく。
一方、独身の広告マン、ベンは上司から“10日以内に恋人をつくれば、宝石店の大きな仕事を任せる”という約束を取り付けることに成功する。
そんなアンディとベンは、とあるパーティ会場で偶然出会うと、互いの本心も知らずにデートの約束を交わす。
そして交際が始まるや、アンディは早速“HOW TO”の実践に取り掛かるのだが…。(allcinemaより)


感想


ラブコメ王道作品。
なかなか面白かったです。ストーリーは予想通りだったかな。

お互いがそれぞれ逆の目標に向かって騙くらかしあっていくのですが、二人の息がピッタリで、そのうち見ている方が10日間という期限付きの恋愛だということを忘れてしまいます。
コミカルさと話のテンポの良さはラブコメに必須の条件だと思うのですが、この作品も御多分に洩れず2時間飽きずに見終わりました。

あとはラブコメらしい、とにかくベッドシーンに関する話が多い多い(笑)そして下ネタのオンパレード(笑)
そもそもアンディが記事を書くきっかけになったのも、ミシェルがベッドで失敗したところから始まるし…。
なので家族や友達と見るより、一人で、夜のお酒のお供に見るのをオススメします。

アンディ役のケイト・ハドソンが恥も何もかなぐり捨てて、男が嫌いになるようなヤバい(嫌な、ではなくヤバい!!)を演じているのですが、これが思わず目をそらしたくなるくらい熱がこもってて面白い(笑)
赤ちゃん言葉が多かったり、勝手に男の家に自分の趣味のもので家具を揃えたり、男だけの集まりに顔を出したり、直ぐ泣いたり…。
これ普通の男だったら1日でバイバイだと思う(笑)

相手役のマシュー・マコノヒーもスマートな男が徐々に翻弄されていく姿を熱演。
どこかで見覚えあるなーと思ったら『ウルフ・オブ・ウォールストリート』にちょいと出てたんですね。この顔めっちゃ覚えてるぞ…。

劇中、特に印象に残っているのが6日目にベンの実家に二人で遊びに行く話
実家に行くまでも一悶着あって面白いです。

ここで二人の本当の気持ちが通じ合うのも見どころなのですが、個人的にはベンの親戚たちが「Bullshit」で遊んでいることに感動してしまった・・・。
日本では「Doubt」でお馴染みのカードゲーム、海外では「Bullshit」と呼ばれているんだとか。
・・・と、いうのを折りがあり、つい最近知ったので本当にBullshitやってて感動してしまった・・・!
映画となんの関係もなくてすみません(笑)
ちなみにbullshitの方がスラング的なニュアンスがあるそうなので、あまり日常的に使うもんではないようですね。

このBullshitでアンディがベンを負かすシーンも、本来のお互いの人間性が垣間見えてキュンとしました。
しかもこの言葉がアンディとベンの最後のやり取りにも使われるので、意外とキーワードになってたりします。

まとめ


ラブコメはほとんど見ないのですが、やっぱりたまに気分転換に見るのもいいですね〜。
笑ってキュンとしてちょっぴり感動して、ラブコメらしい楽しい映画でした!

10日間で男を上手にフル方法 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ジャパン (2006-04-21)
売り上げランキング: 43,771

ダイヤモンド・ルース5.03CT
Jewel climb (ジュエルクライム)
売り上げランキング: 432,747

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)