ファンタジーと侮ることなかれ!続編も制作決定『ヘンゼル&グレーテル』

先日1月7日は「アベンジャーズ」「M:Iシリーズ」などに出演しているジェレミー・レナーの誕生日だったということで、彼の主演作を一本。

img_0

Amazonプライムビデオにて視聴。
そのうちレンタルしようと思っていた矢先、プライムビデオの新着に登場したのを発見。嬉々として鑑賞(笑)
2013年公開の、比較的最近の映画です。どうやら日本では未公開になってしまったのだとか。
確かにこの映画の予告見た覚えなかったな。

あらすじ



親に捨てられ、森で迷子になってしまったヘンゼルとグレーテル。森の奥深くにあったお菓子の家にたどり着き、そこに住む魔女に捕えられた2人だったが、魔女をだましてかまどに突き落とし、無事に戻ることができた。
その15年後、大人になった兄妹は魔女ハンターとして賞金稼ぎの日々を送っていた。
ある日、子供の誘拐事件が多発する村から、事件の解決を依頼され、黒魔女ミュリエルを追うことになるが、魔女は兄妹の出生の秘密を握っていた・・・。(allcinemaより)


誰もが知っている童話「ヘンゼルとグレーテル」のその後があったらこんなんじゃないのというアクション・ファンタジー映画。
童話の映画化って最近多いですよね。スノーホワイトとかアリス・イン・ワンダーランドとか。

童話の続編、蓋を開けてみると・・・?


いや思ったよりグロい!!!!!
かなりグロい!!!

納得のR15指定。

確かに原作も最後は魔女を火の中に入れて殺して、無事家に帰るというなかなか殺伐としたお話ではありますよね・・・。
どうも私が読んだ原作の絵本の挿絵がカラフルで可愛かったせいか、もっとふわふわした色合いの映像を勝手に想像していたのですが、映画はふわふわ要素ゼロです(笑)

ヘンゼルとグレーテルが魔女狩りとして生活しているのですが、日本ではちょっと馴染みないので、その辺はファンタジーに感じました。その辺は。
ちなみに今もアフリカの一部の地域やパプアニューギニアなどでは私刑のひとつとして魔女狩りが行われているのだとか。

あとは続編という設定を生かしてか、ヘンゼルが魔女の家でお菓子を食べ過ぎて糖尿病になってしまっているというのが笑えましたね。あのシーン笑うところですよね?

ヘンゼルとグレーテルが強すぎる


映画本編中、多くの魔女を倒すシーンがあるのですが、まあ〜容赦ない
肉は引きちぎれるわ血は飛び散るわ首は吹っ飛ぶわ・・・エグかった!

丸腰の魔女にヘンゼルとグレーテルが構わず銃とボウガンをぶっ放して、殺す。
まるでスプラッタゲームのような勢いでしたね。
えっこんなにエグいんだ〜と思わず感心してしまうほど。

ストーリーは王道でシンプルでしたが、かえって分かりやすくて面白かったです。
恋愛要素もありそうでないというか、あっさりしていてむしろ魔女との戦いに重きを置いていました。

まとめ


世界的に有名な童話の続編ということで、どんなもんよ〜とちょっと斜に構えていたのですが、爽快アクションアドベンチャーで、案外楽しんで見てしまいました。
ただ戦闘シーンはかなりグロいので、血や肉が吹っ飛ぶのがダメな方にはオススメできないですね。

作品について調べていたら、どうやら続編が決定していたそうです。
続きを映画館で見れるといいな!

ヘンゼル&グレーテル エクステンデッド・バージョン [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-11-22)
売り上げランキング: 3,625

ヘンゼルとグレーテルのおはなし (グリム絵本)
グリム
BL出版
売り上げランキング: 66,369

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)