宇宙の銀河を守るのはおバカな奴ら!?映像もコメディもハイクオリティな『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

今のところなんとか全シリーズ追っかけることができているマーベルの「MCUシリーズ」
今日は2017年5月に公開された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の前作である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を久しぶりに見返したので、感想を書いていきます。
改めて観ると続編への伏線やキャラクターの魅力が再確認できて楽しかったです!



ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians of the Galaxy)


監督ジェームズ・ガン
脚本ジェームズ・ガン
ニコール・パールマン
出演者クリス・プラット
ゾーイ・サルダナ
デイヴ・バウティスタ
ブラッドリー・クーパー
ヴィン・ディーゼル
リー・ペイス
マイケル・ルーカー
カレン・ギラン
ジャイモン・フンスー
ジョン・C・ライリー
グレン・クローズ
ベニチオ・デル・トロ
公開2014年
製作国アメリカ合衆国


あらすじ



自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。
ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。
ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり・・・(公式サイトより)


マーベルコミックス原作のSFアクション映画。
マーベルに登場する様々な作品のキャラクターを同一の世界でクロスオーバーさせる「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」において、本作は10作目の作品となります。

監督を務めるのはジェームズ・ガン
『ドーン・オブ・ザ・デッド』や『スクービー・ドゥー2 モンスターパニック』などを手がける脚本家でもあり、本作でも脚本をニコール・パールマンとともに担当しています。
個人的には『ロリポップチェーンソー』というゲームのシナリオも担当していたということに驚きました。昔ちょっとプレイ動画をみたことがあった縁で作品を知っていたので・・・

監督としては本作が『スリザー』『スーパー!』に次ぐ3作目となります。

主演を務めるのはクリス・プラット。本作の成功で一気に注目度が上がりました。さらに2015年には同じく主演を務めた『ジュラシック・ワールド』が公開され、彼の名は一気に世界中に知れ渡りましたね!
その後も『マグニフィセント・セブン』や『パッセンジャー』などの話題作に出演し、引っ張りだこの状態です。

コメディをぶちこむタイミングが最高すぎる!


何回観ても面白いし、クライマックスはついつい胸が熱くなってしまいますね!

コメディのタイミングがね!そこで笑わせにくる!?と言いたくなるようなタイミングで入れてきて、すごくメタっぽい感じがたまりません。
感動させてきたり、シリアスな気持ちになっているのに突然BGMが止まって誰かがふざけたこと抜かす、という流れに真面目な気持ちは捨てて笑うしか無くなります。
そのくせしっかり感動させるところは感動させにきててもうめちゃくちゃです。でもそこがいい。
クライマックスであんな演出されたら泣いてしまうよ・・・

最後のピーターが決め台詞言うシーンが本当に好きで、初めて映画館で観たときに言葉にできない興奮というか、しびれ?震えが起きました(笑)
映画館ではできませんでしたが今回は自宅で鑑賞したので、思いきり熱い思いを叫んでやりました(笑)

キャラクターもイロモノっぽいやつばっかりでそれも違う世界を楽しんでいるような気持ちになりますね。
元の役者さんの顔見ると誰!?と言いたくなるような変身っぷりに、ヘアメイクさんたちの気合が伺えます。
ロケットとグルートはもはやヘアメイクという次元ではないんですが。
2人のCGの細やかさにも脱帽です。ロケットの毛並みの細かさや表情の変化もここまで表現できるのかと感動してしまいます。

本作は音楽の使い方もこだわっていて、それも楽しいですね。
久々に見返してサントラ聴きたくなりました。
アメリカの音楽や映像作品の歴史ある小ネタが満載なので、全部を拾い切ることができないのが悔しいです。

オーブを巡って銀河で大暴れ!


本作は銀河を舞台に、星を滅ぼす力を持っているオーブを巡った争いが繰り広げられます。
壮大な物語なのに、どこかゆるっとした間合いや、友情・努力・勝利というベタな展開が素直に私たちを楽しませてくれます。

主人公のピーター・クイルは、アウトローのトレジャーハンター。別名スター・ロード
巨大な宇宙海賊であるラヴェジャーズのメンバーだったピーターは、オーブを回収に行く際にロナン率いる軍団に遭遇し、捕まりかけてしまいます。
オーブが何なのか、オーブの回収を依頼したのは何者なのか知ろうとするところで、ピーターはラヴェジャーズのリーダーであるヨンドゥに懸賞金をかけられてしまいます。

オーブを追うロナンの部下であるガモーラと、懸賞金のためにピーターを狙うロケットグルートの2人組。
目的の違う4人がザンダー星で鉢合わせます。
このシーンの攻防戦が笑える!みんなそれぞれに攻撃しあってなかなか出し抜けない。ガモーラがすっごい真剣な顔して足取られたりふっとんでったりするのも、本人は必死なんだろうけど笑ってしまうんですよね。
結局勝敗はつかず、ノバ軍に捕まり全員あえなく御用。

そして刑務所から脱出するシーンで最後のメンバーの1人、ドラックスが登場!
彼は続編である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』では、どうしようもない愛すべきバカキャラなのですが、本作だと結構まともなキャラであれこいつこんな感じだった?と違和感を抱いてしまいました(笑)

ふわっと結成したチームで、最初の頃はバラバラに単独行動をしていたメンバーですが、終盤になるにつれいつの間にかそれぞれに仲間意識が芽生えているのがいいですね。
ラヴェジャーズに捕まった(というか捕まりに行った)ピーターとガモーラを助けに来たロケットめっちゃかっこよかった〜!
ロケットってチームの中では口も性格もナンバー1の悪さだけど、結構情に厚くていいやつだよね。
記憶だと最後の最後でやっとチームになる展開だったような気がしていたのですが、わりと中盤で俺たちは仲間だって確認しあっていましたね。

オーブがロナンの手に渡ってしまい、彼はインフィニティストーンの力を得てしまいます。
ロナンはザンダー星を滅ぼそうと、部下のネビュラたちとともにザンダー星へと乗り込んで来て、いよいよ最終決戦!
ピーターたちはラヴェジャーズとノバ軍とともにロナンに立ち向かいます。

このクライマックスのシーンが大迫力で凄かったですね〜!!CGの限界点を突破したかのような熱量を感じました。
途中のグルートの最期も切ないですよね。ロケットの必死さに涙。

ちなみにこの最終決戦では83,871人もの死者が出たそうで、映画作品歴代1位の人数なんだとか。
いやすごいんだけどそれわざわざ数えた人もすごいよ・・・

戦いは混戦を極め、ついにロナンとピーターたちが向かい合います。
もうね、絶望感しかないシーンでいきなりダンスシーンぶちこむってアリなの!?
ん、んん?(笑)って変な空気になっちゃったよ!
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズ』は常に我々の斜め上をいってます。

そして私が一番好きなシーンへ。変な空気にさせておいて、しっかり盛り上がらせるんですよね。
ジェームズ・ガン監督の強引な駆け引き、嫌いじゃないです。
ママが出て来た時すぐ泣きました(笑)

画面の盛り上がりとともに私のボルテージも上がっていき、

ロナン「なぜだ!なぜ死なない」
ピーター「それはおれたちが銀河を護っているからさ。」


うおお〜〜〜!ボルテージ最高潮!!かっちょいーー!
ほんっとこのシーン大好きです。MUC作品の好きなシーン1位ってくらい好きかもしれません。

努力・友情・勝利のベタをいく作品ですが、ストーリーの面白さキャラクター・キャストのよさがベタさに作品のオリジナリティを混ぜ込ませていたと思います。
ラストに続編を匂わせる終わり方をするのですが、いやあもうどんな内容か知ってしまっているのでパッパ〜!!と怒りが沸き起こってきますね(笑)

クセが強すぎるキャラクターたち


強烈なキャラクターたちは、一度みたら忘れられないくらい魅力的!
主人公のピーターを始め、敵も味方もクレイジーなやつばっか!

ピーターもおふざけキャラの3枚目よりな主人公なのですが、その彼がまともにみえてきてしまうほど。
ピーターは人間と異星人のハーフですが、みためは完全に地球人ですね。
後のメンバーはみんな異星人です。色や見た目のインパクトがすごい。

全身緑のガモーラは暗殺者。めっちゃ強いしクールで硬派な女の子。
ケツの穴ネタを真顔ででピーターに言い放つの最高です。

ロケットは人体実験でアライグマらしき生き物にされてしまったキャラクター。
口は悪いし手荒な真似するやつだけど、実は結構情に熱くていいやつなんです。アライグマっていうとキレるの可愛いです。
刑務所での「Oh,Yeah・・・」のシーンは必見。

そしてアイ・アム・グルート。癒しキャラですがめっちゃ強い。
ちなみに声はハリウッド最強ハゲマッチョの1人、ヴィン・ディーゼルさんです。

続編をみた視点で改めて見返すと、ほかのキャラは最初の印象と変わらないのですが、ドラックスだけはまともにみえるんですよ!
最初に出てきたときなんかめっちゃ怖いし。
改心した後もドラックスは結構いいやつというか、日本でいう映画版ジャイアンみたいなキャラで驚きました。
グルートがいなくなってしまって泣いているロケットをなでて慰めてるんですよ!あのドラックスが!(失礼)

結構細かいシーンやセリフは忘れていたので、続編でなんであんなにキャラ変したんだ!と彼が出るたびに笑ってました。
でも本編終盤で意味のわからないタイミングで笑い出したのをみて、あっやっぱりこいつバカだったよかった〜と安心しました。

いやーよく考えたらメンバー濃すぎますね!(笑)

サブキャラクターたちもいいですよね。
やっぱりサブキャラクターで一番好きなのはヨンドゥだなあ〜

ヨンドゥの元気な姿をみてしまってちょっと落ち込む。
敵に向かって無双かますシーンかっこいいですね!子どものころにみていたら確実に口笛吹いて真似してました(笑)

クリス・プラットくらいしか顔がわからないよ!


見た目的な意味で!!

ゾーイ・サルダナはかろうじて・・・?いや日本人にはなかなかキツい。
彼女はほんとアメリカ人なのに細くて綺麗ですよね〜
腰のラインとキュッと上がった小尻がセクシー&キュート。

主演を務めたクリス・プラットは、当たり役になってよかったですね〜
それまでは色々なオーディションを受けては落ちるという、不遇の日々を過ごしていたようです。
ピーターのあの面白いキャラクターは彼にしか演じられませんね!
ガタイの良さとベビーフェイスとのギャップが愛おしいです。

ブラッドリー・クーパー
ヴィン・ディーゼルは声のみの出演ですが、存在感抜群です。
2人ともきちんとキャラクターに合わせて声を変えているので、聞いただけだとなかなかどの役者さんがわからないですね。

ドラックスを演じたデイヴ・バウティスタってどんな人なのだろうと調べてみたら、元プロレスラーだったのか!
なるほどどうりでムッキムキなわけだ。今までちゃんと調べたことがなかったので、今知りました(笑)
しかも『007 スペクター』のヒンクス役だったんですね!言われてみれば同じ人だ・・・点と点がつながりました。

壮大なCG、こだわりの音楽


CGの気合の入りようがすごいですよね。銀河が舞台というだけあって、ほぼ全編通してCGの編集が入ってますもんね。
宇宙船や異星人たち、激しいバトルシーンやインフィニティストーンの暴走など、美しく迫力のあるCGが印象的でした。
ガモーラが銀河に投げ出されて、ピーターが助けに行くシーンは特に美しかったです。

迫力満点の映像で好きなのが、クライマックスのノバ軍がシールドを張るシーン。カメラワークと相まって、気圧されそうでした!
ストーリー展開でも熱くなってる上に、あの映像が映し出されたら思わず口が開いちゃいますね。
そのあとの爆発シーンもすごかったなあ。

本作を語る上では、音楽の存在も忘れてはいけないですよね。
使われているのは70年代のアメリカのヒット曲ばかり。曲名を知らなくても、一度は聞いたことのあるフレーズが耳に残ります。

曲の歌詞がきちんとストーリーに反映されているのも粋な演出ですよね。
歌詞を和訳してくれている曲もあるのですが、してくれていないのもあるので英語がわかったらもっと音楽にも感動したんだろうなと思いました。
1番好きなのはやっぱりBlue Swede『Hooked on a Feeling』ですかね。刑務所でピーターのウォークマンを奪った看守がヘッドホンを耳にした時に流れる曲です。
ウガチャカウガウガ!

いやでも10cc『I'm Not In Love』も好きだし、The Jackson5『I Want You Back』もいいし、The Runaways『Cherry Bomb』Marvin Gaye & Tammi Terrell『Ain't No Mountain High Enough』もよくてもう全部好きですね!

良かった点


・魅力的なキャラクター
・コメディパートの絶妙なタイミング
・今までのMCU作品を見ていなくても楽しめる


キャラクターの濃さとコミカルなシーンが魅力的。
本作は他のMCU作品との繋がりも薄いので、シリーズを全く知らない人でもなんか面白い映画という感じで楽しめるでしょう。

悪かった点


・特になし

強いて言うのなら、おバカ映画がこの映画の良さなので、まともさを求めている方にはお口には合いませんね。

まとめ


200%ハイになれるコメディSFアクション映画です!
終始どんちゃん騒ぎで画面が賑やか。
わかりやすいストーリーなのでなーんにも考える必要はありません。本編の世界にどっぷり浸かりましょう。

MCU入門作品としてもオススメです。
MCU作品というと繋がりがあってどこからみたらいいのやら・・・とお悩みの方は多いでしょう。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、それまでのMCU作品とはちょっと雰囲気が違いますし、過去作を見ていなくても充分楽しめますよ!


GUARDIANS OF THE GALAXY
GUARDIANS OF THE GALAXY
posted with amazlet at 17.07.26
OST
HOLLR (2014-08-29)
売り上げランキング: 682

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)