ドラマティックな実録映画!マシュー・マコノヒーの本気の役作りに感服『ゴールド 金塊の行方』

今年も『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』や『バーニング・オーシャン』と、実話を基にした映画を観てきました。
そして今回も、実在の人物の半生を描いた『ゴールド 金塊の行方』を観てきましたよ〜!



ゴールド 金塊の行方(GOLD)


監督スティーブン・ギャガン
脚本パトリック・マセット
ジョン・ジンマン
出演者マシュー・マコノヒー
エドガー・ラミレス
ブライス・ダラス・ハワード
コリー・ストール
トビー・ケベル
公開2017年
製作国アメリカ合衆国


あらすじ



インドネシアの山奥で過去最大と呼ばれる巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げた探鉱者、ケニー・ウェルス。
倒産寸前だった彼の会社はV字回復。

ウォール街の巨大投資銀行から全世界の金山を牛耳ってきた黄金王までがケニーの成功を賞賛し、それを連日報じる全米のメディアは、彼を一躍スターへと押し上げた。

そんな中、報じられたのは衝撃のニュースだった。
170億ドルの金塊が一夜にして消えた―。
「オレは何も知らない!」ケニーの主張も空しく、会社の株価は大暴落。

混乱の中、メディアや株主からの追求は激しさを増し、そして遂にFBIの捜査が始まった。
騙したのは、誰だ―。(公式サイトより)


1990年代に実際に起きた、信じがたいようなスキャンダル「Bre-X事件」を基に作られた実録映画

本作のメガホンを取ったのはスティーブン・ギャガン
残念ながら彼の作品を見たことがなかったのですが、『トラフィック』という作品で脚本を担当しアカデミー賞脚色賞を受賞しています。

切ないラストだけど、鑑賞後は爽快感でいっぱい


難しい経済の話ではなく、1人の男が夢を追い続けた情熱的な物語だった!

事件の内容を追いかけていくだけでなく、主人公を中心にした人間ドラマも深く描いています。
なので経済のことが詳しくなくても全然楽しめます
もっと経済の難しい話をあれこれするシリアスなストーリーを想像していたのですが、いい意味で期待を裏切られましたね。

映画らしいドラマティックな構成と演出なので、普段映画を観ない人でも夢中になれる作品ではないでしょうか。
何度も物語が起承転結するのでテンポ良く感じるんですよね。
飽きさせないうまい演出だったなあ。

そして散々山を越え谷を越えた先に待っている、クライマックスのどんでん返し
これもかなり衝撃的でした。
最近色々などんでん返し作品を観る機会が多かったのですが、本作のどんでん返しは色々考えさせられる内容でしたね。
もう一度最初から見返してみたくなりました。

主演のマシュー・マコノヒーの安心感・安定感はさすがです。
彼が出演している作品を観るのは『追憶の森』ぶりですが、あの時演じていたキャラともうなにもかもがまるっきり違う!
役作りがプロですね。同じ人物とは思えませんでした。

夢を追い続けた男の物語


作品のベースは実際にあった事件を描いています。

最高の金鉱を掘り当て、莫大な富を得たはずが、実はその金塊は嘘だった・・・
一体何があったのか?
そんなスキャンダルの実態と、夢を追いかけた男の半生が描かれています。

主人公のケニー・ウェルスは、祖父から続く採掘会社の3代目を務めていました。
ところが経営は悪化し、会社はほとんど潰れかけの状態になってしまいます。
酒びたりになったケニーはある日、インドネシアで金を採掘している夢を見ます。
ケニーはそこに一縷の希望を見出し、以前最高の銅山を掘り当てたマイケル・アコスタという地質学者に協力を求めます。

様々な困難を乗り越え、ついに金鉱を掘り当てたケニーとマイケル。
金の産出量は1万オンスを超え、瞬く間にアメリカ中にそのニュースが広まります。
投資銀行など金のプロたちとの攻防戦を乗り越え、ケニーの会社は上場を果たします。

ここまでいけば、どん底に落ちた男が這い上がった成功物語ですが、悲しいかなそうはいかないのです・・・
なにもかもが最高潮になったケニーの元に、衝撃的な事実が発覚。

なんと、金鉱から採掘していた金はニセモノだった!
実はマイケルが、鉱山から採掘したサンプルに細工を施していたのです。
もちろんケニーはそんなことはつゆ知らず。

予告で一夜にして金塊が消えたと宣伝されていましたが、金は元々なかったのです。
マイケルは金銭的な支援を受けていたインドネシア政府の怒りをかい、自殺という名の処刑を受け、ケニーは1日にして名誉・地位・富、様々なものを失ってしまいました。

これがこのスキャンダルの真相。
もちろんある程度脚色されていると思いますが、アメリカ人てのはやることが派手ですね。

正直ラストには賛否両論あると思います。
あまりにも出来上がりすぎているといえば出来上がりすぎていますからね。
エンタメチックな物語になっている点は否めませんね。

私は夢や情熱に溺れて生きている人間って尊敬するし好きなので、このラストは納得できました。

ケニーがさらにFBIへ放った「本当に金が欲しかったら、採掘している段階でもっと慎重になる」というセリフもなかなかグサッときました。

人間はみたくないものは、みようとしないのです。
だから皆騙されて踊らされてしい、結果莫大な損失を生んでしまったのではないでしょうか。

俺が欲しいのはカネじゃない、ゴールドだ!


とんでもないスキャンダルの裏側にはがむしゃらに夢を掴もうとしていた男たちの姿があった・・・
映画らしいドラマティックな演出が、むしろ本作のメインだったと思います。

ケニーは金持ちになりたかったわけじゃない。
アメリカン・ドリームを掴みたかったのです。

マイケルもまた、自分の考えを理解してくれない周囲に対して一矢報いたいという気持ちがありました。

金鉱を採掘するとき、ケニーはマイケルにペーパーナプキンの契約書を渡します。
そこには儲けを山分けするという文と「見返してやろう」という言葉が書かれていました。

FBIにことのあらましを話しているケニーのセリフが印象的でしたね。

「俺が欲しいのはカネじゃない、ゴールドだ!」

これがケニーとマイケルの考えを表現している1番の言葉だと思います。

ケニーが採掘作業中に現地でマラリアにかかってしまったとき、「無駄死にさせるな」とマイケルに話します。
マイケルは、彼の期待に応えたいという気持ちと周囲を見返してやりたいという気持ちがまぜこぜになってしまった結果、とんでもない嘘をついてしまうことを決意したのかもしれません。

マイケルが実は嘘をついていたという真実を知ると、全編を通してマイケルがどこか一歩引いているところがあることに納得しますよね。
事実は知りませんが、本作の中では真実が明るみになった時のケニーの反応をみた限り、マイケルのしていたことに気づかなかったのでしょう。
授賞式でのスピーチが感動的だっただけに、その後の展開は切なかったですね。

マシュー・マコノヒーの体当たり演技


これがマシュー・マコノヒーなのか?と疑ってしまうほどの役作り。
頭頂部が綺麗なハゲ頭に、でっぷりとしたお腹。胡散臭さ全開です。

いつも割とシュッとしたキャラクターを演じていることが多いので、ギャップに驚かされますね。
マシューは今回の撮影のために20キロ増量したんだとか。
さらにハゲのカツラが合うように髪の毛を剃り込んだり人口の歯を差し込んだりとものすごい役作りには気合が入っていますね!

徹底的に作りこんだだけあって彼の演技だけでも十分みごたえあり。
撮影はタイのジャングルで敢行されたそうで、現地にセットも作りリアルに再現しています。

なかなか金が取れずに、地元住民たちが勝手に仕事を引き上げてしまうシーンがあるのですが、マシュー演じるケニーは彼らを追いかけて泥の水たまりに突っ込んでしまうんですよ。
全身泥まみれで地面に転がっている姿がすごく印象に残っています。
体当たり演技ですね〜

テンポのいい構成


ストーリーは成功と転落が行ったり来たりする起承転結の激しい構成になっています。

経営が悪化する → 一転して金鉱をあてる
投資家たちとのマネーゲームに負ける → 機転を利かせて見事やり返す
会社は上場し金のツルハシも手にする → そもそも金鉱なんてものはなかった


ざっくり分けると3回ですね。
2時間弱ながらもかなり物語の展開が多いです。
私のようにあまり経済に強くない人間にも功を奏していて、飽きずに最後まで夢中で観れました。

物語が2時間で綺麗に収まっていたのも良かったですね。
悲しい結末ではありますが、映画の作りとしてはとてもスッキリしていて爽快感さえ抱くほどでした。

良かった点


・ストーリーが綺麗にまとまっていた
・マシュー・マコノヒー


展開に波があって最後まで飽きずに観れました。
マシュー・マコノヒーの役作りと演技はさすがですね〜

悪かった点


・特になし

気なるくらいですが、実話物語とうたっている割にはドラマチックすぎますかね?
フィクションとノンフィクションの間にある作品ですね。

まとめ


実際にあった驚きのスキャンダルをドラマティックに脚色しています。
経済に詳しくない人が観ても全然問題なしです。
それどころかクライマックスのどんでん返しをみると、もう一度最初から見返したくなりますね!

マシュー・マコノヒー渾身の役作りと演技も素晴らしかった、必見です!

Ost: Gold
Ost: Gold
posted with amazlet at 17.06.13
Original Soundtrack
Varese Sarabande (2017-03-03)
売り上げランキング: 74,896

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)