後半の盛り上がりからが本番!伝説の前作から10年後が舞台の続編。『デスノート Light up the NEW world』

さて何かと話題の実写映画『デスノート Light up the NEW world』
前作の藤原竜也と松山ケンイチの演技合戦が結構ハマったので、新作も観てみることにしました。

デスノート Light up the NEW world

あらすじ



犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとした"キラ"こと夜神月。
暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵"L"。
天才 VS 天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、"キラ"によるメッセージが発信された−。「デスノートを手に入れろ−」

夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。
すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。

ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、"Lの正式な後継者"竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在することが判明する。

6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。
キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!
公式サイトより)


前作から実に10年ぶりの新作。
監督の佐藤信介を始め新たなスタッフが担当。

感想


いや、悪くはないんじゃない・・・?
正直前作で綺麗にまとまっていたので、今更なぜ?とあまり期待してなかったのですが、意外と面白かったです。
デスノートなのでまあ人がどんどこ死んでいくのですが、冒頭の容赦無く人が死んでいくシーンは笑いそうになった。デスノートの脅威を伝えるためとはいえ遠慮なく人が死んでいく。だんだん感覚が麻痺しそうでした(笑)

6冊もデスノートがあるので、それらを集めるまでのストーリーが走ってる感はありましたが、後半の三島・竜崎・紫苑の三つ巴になるところはテンション上がりました。

結局リュークたち死神のお遊びにまた人間が翻弄されちゃってましたね。
「これで終わらせる」という予告文句でしたが、ラストの感じだと、作ろうと思えば続編もできそうですね〜

今度のデスノートは6冊!全て揃ってから本番


前回の夜神月とLの死闘から10年後が舞台。再び死神たちはデスノートを人間界に与えます。
ノートが空から落ちてくるシーンは勢いがあって笑えました。

今回は6冊のノートを巡って、デスノートを封印しようとするデスノート対策本部の三島、Lの後継者竜崎、キラの信者紫苑の3人が争奪戦を繰り広げます。
と言いつつも、頭脳戦とかデスノート争奪戦というよりはアクション映画よりな雰囲気でした。そんなにお互い出し抜いたりし合ってないのはちょっとデスノートらしくないかなあと思ってしまったり。
6冊のデスノートがはあっさり集まってしまったのも拍子抜け。え?もう揃ってしまったの?まあこれは尺的にしょうがないかなと思える許容範囲です。

しかし6冊のデスノートと共に3人が集まってからわかる、三島の過去の真相は結構面白かったですね。
実は三島はすでにデスノートを所有したことがあり、所有権を放棄して記憶を失っていたのです。彼は新生キラとして生きることを決め、いつか起こるだろうデスノートの争いに向けて対策を講じていたのでした。

序盤の三島のデスノートに対する執着っぷりから薄々こいつ闇落ちするんじゃ・・・?と思っていたのですが、まさかの闇落ちではなく、落ちていたというね!
そしてここは前作と大きく違う点だと思うのですが、記憶を思い出したからといってキラになるのではなく、まさかの改心
自分の犯したことに驚き呆然としてしまう三島。デスノート対策本部の一員としての正義を貫きました。

ここは10年前の藤原竜也ばりのドヤ顔を決めて欲しかったですね〜エンタメ映画の呪縛からは逃れられなかったか・・・

最後は三島は死んだLの代わりに新たに竜崎となり、再びデスノートを封印するために立ち上がるのでした。
必ず追い詰めるといったキリリとした表情。
ここはニヤ〜っとしてくれると期待していたのに・・・!本当に改心しやがった!!

そして夜神月のドアップからの「計画通りだ。」で終了。
続編を匂わすような終わり方でしたね。でもこれシリーズ化しても死神と人間のイタチごっこが永遠と続いてしまうんじゃないんだろうか。

若手俳優たちの演技にも注目!


と、書きつつもぶっちゃけて言わせてもらうと、主演の東出昌大氏はちょっと大根感が否めない・・・(笑)
前から演技はイマイチと言われていましたが、ちゃんと彼の演技を見たことがなかったので、今回初めてちゃんと拝見しました。
う、うーん・・・どこかぎこちないんですよね〜
もっと自然な演技ができるといいですよね。まだ若いしこれからもっと良くなっていくのを期待してます(笑)

池松壮亮氏菅田将暉氏は安定感抜群でしたね。この2人がができすぎて東出氏の演技がなお浮いてしまうのか・・・?
この人たちは振り切って役を演じきるので、一風変わった役を演じていても違和感を感じませんね。
池松壮亮の竜崎役を金曜プレミアの特別編で最初に見たときは「なんじゃこいつ〜〜こりゃあダメだ」と思ったのですが、いざ映画館で本編を見るといい役でした。

10年ぶりの新作にもかかわらず豪華な出演陣


まさかの前作から10年ぶりということに時の流れの速さに恐れ慄いているのですが、前作で出演していたキャストもたくさん!

夜神月役の藤原竜也氏、L役の松山ケンイチ氏、リューク役の中村獅童氏、弥海砂役の戸田恵梨香氏、松田桃太役の青山草太氏の4名が前作から続投で出演されています。

夜神月とLに関しては映像のみの出演なので、別に新たに撮り直す必要もないというのに新規撮り下ろしをしているんですよね。
だいたい前作から10年も経っていて、おまけに本人たちは実力派俳優として活躍していますから、出演しなくてもおかしくないのに嬉しいですね。
そして見た目が全然変わらない・・・!映像編集しているとしても若い。

戸田恵梨香も大人の女性になっていてしっとりした演技で良かったですね。
松田が死んでしまったのは悲しかった・・・

死神の声も中村獅童氏以外に松坂桃李氏沢城みゆき氏と豪華な役者が演じておられます。

まとめ


総評としては可もなく不可もなくというところ。
10年ぶりの続編ですが、豪華な出演陣と新生キャストたちがバランスよく役割を果たしています。

実写映画は否定的な意見が多いですが、日本が舞台で日本人がメインキャラなのでこの作品はそこまでがっかりするようなことはないと思います。

前作も観たという方はぜひこの続編も観てほしいですね!

DEATH NOTE 完全収録版 (愛蔵版コミックス)
小畑 健
集英社 (2016-10-02)
売り上げランキング: 1,152

DEATH NOTE デスノート
DEATH NOTE デスノート
posted with amazlet at 16.11.01
(2015-03-14)
売り上げランキング: 101

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)