三者三様の生き様が垣間見える。実際に起きた凶悪犯罪を映画化!『ブラック・スキャンダル』

ジョニー・デップがいつもの雰囲気と違うぞ・・・?ということで鑑賞してきました!

「ブラック・スキャンダル」

home_pic

あらすじ



1970年代ボストン。FBI捜査官のジョンはアイルランド系マフィアのボスであるジェームズに、ある協定を持ちかける。
それは2人の共通の敵であるイタリア系マフィアの情報を共有するということだった。
ジェームズは了承し、ジョンに協力する姿勢を見せるが裏では彼を利用しようと画策していた。
ジョンはジェームズの弟で政治家のビリーにも協力を持ちかけるが、彼はあまりいい顔をしなかった。

ジェームズの手回しによりジョンは敵の情報を手に入れ、FBIでの地位を確立していたが、次第にジェームズの行動は常軌を逸脱し始める。
FBIの他の捜査官たちも疑いを抱き始め、FBI史上に残る凶悪犯罪が露見してゆく。


実際に起きた事件の映画化。
FBIが史上最高の懸賞金をかけたほどの凶悪犯、ジェームズ・ホワイティ・バルジャーと彼を取り巻く人々を描いています。
ジョニーデップ久々の主演作ですね。そしてなかなかのびっくりビジュアル。
一瞬誰!?となるくらいいつもと違う見た目。

感想


じわじわと恐ろしさが襲ってくるギャング映画。
でもメイン3人(ちょっと3人というのは疑問があるけど)のやりとりには、虚しい青春時代の名残も感じます。

そしてジョニーデップの怪演にも目を惹かれます。
裏切り者は許さない、容赦ない制裁にはゾッとします。ちょっとえぐい。
今までちょっと風変わりな役どころといえば!の人だったので、いい意味で裏切られました。
まともな役もいいじゃないですか!もっとこういう渋い役もやったらいいのに。

実際はFBI捜査官とギャングのお話な気も・・・


予告では散々3人のスキャンダルと推していましたが。
いや、ビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)そんなメインじゃなくね!?

まあ本編を見る限り、ジョンとジェームズを引き合わせてしまったのは彼なので関係がないと言ったらゼロになりますが・・・
でもその後の汚職には全く関わりを持っていないし、後半はジョンを突き放しているシーンすらありましたし。
カンバーバッチの人気にあやかっちゃいましたね(笑)
本編を視聴したあと、予告を見たらジョンとジェームズのシーンに無理矢理ビリーのカットを打ち込んだりしている部分もあったりするので、ちょっと騙されちゃいましたね。
予告ってだいたいそういうものか、しょうがないか。

ということで話はジョンとジェームズの2人のやりとりを中心に進んでいきます。
ジョンは昔救ってもらった恩を理由に、ジェームズに近づき、ジェームズは自分の組織を大きくするためにジョンの捜査に協力します。
直接的な発言はなかったものの、ジョンはそう言った昔の縁を理由に、結局は自分の地位や権力を手に入れるためにジェームズを利用しようとしていたわけですね。

そうして徐々に地位を固めていった2人。
ただしそんな黄金時間は長くは続かず、最後は事情を知っていた別のFBI捜査官が新聞記者に不正のことを暴露しジョンは逮捕、ジェームズはその後何年も逃亡し続ける日々を送るのです。

同郷ので育った3人それぞれの心情


この映画には同郷の幼馴染、という点も大きなポイントになっています。
南ボストン、通称サウシーで生まれ育ったジェームズ、その弟ビリー、そしてビリーの親友だったジョン。
このつながりがのちに「ブラック・スキャンダル」へと繋がってゆく。

ジョンは「同郷」ということに異常にシンパシーを感じていました。
周囲の人間にジェームズとは縁を切れと戒められても、ことあるごとに「あいつは同郷なんだ」「昔世話になったんだ」と言って聞く耳を持たない。
そういった勘違いがなんだか見ていてイライラするし、虚しさを感じます。
ジェームズにジョンへの友情のようなものを感じられなかったのが、余計ジョンの空回り具合を浮きだたせていました。

ジェームズはむしろそういった故郷への思い入れは感じませんでした。
ただサウシーで生まれたからサウシーで生きている。
ただマフィアの仕事が自分にとっての才能を生かせたからマフィアでいる。
家族に対する愛情は強く、その辺は普通の人となんら変わらない印象を受けましたね。

そしてちょっとかわいそうな弟ビリー。
散々関係ないだろこの人は!と上で言いましたがラストでさらっとその転落ぶりを書かれる。
兄の犯罪の影響で議員から大学の総長に転職したものの、逃亡中の兄と連絡を取ったことが発覚し、職を剥奪されてしまうのでした。
兄の悪事にかかわらず静観していたけれど、なんだかんだ言っていつも心配してしまう。
兄の素の部分を見たこともある、家族愛がどうしても捨て切れなかったんでしょうね。

役者たちの本気


実在する人間を演じるにあたって、ジョニー・デップはジェームズ本人の映像を見て役作りをしていったそう。
ジョニー・デップはジェームズのプライベートな一面を演じるにあたり、本人に会おうとしたそうだけど、拒否されてしまったのだとか。
というか、今でも健在なんですね・・・
そこで彼の法的代理人を務めるジェイ・カーニーに協力をしてもらい、役作りを深めていったそうです。
役者魂ですねえ。

まとめ


FBI×ギャング×政治家の三つ巴スキャンダル!とは言えない内容でしたが、次第にそれぞれ本来の自分が見えなくなって溺れていく、どろっとした映画でした。

【Amazon.co.jp限定】ブラック・スキャンダル ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付)(B2ポスター付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-06-08)
売り上げランキング: 18,813

ブラック・スキャンダル (角川文庫)
ディック・レイア ジェラード・オニール
KADOKAWA/角川書店 (2015-12-25)
売り上げランキング: 51,350

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)