見終わったら、一歩前へ踏み出したくなる!ニューヨークの街中でのレコーディングが印象的な『はじまりのうた』

先日、ニューヨークに旅行に行きまして、すっかりその街に魅了されてしまいました。
ニューヨークは映画の舞台になることが多く、なんだかずっと前から知っていた街に帰ってきたような、不思議な気分になりました。

今回紹介する『はじまりのうた』もニューヨークが舞台の映画の一つです。



はじまりのうた(Begin Again)


監督ジョン・カーニー
脚本ジョン・カーニー
出演者キーラ・ナイトレイ
マーク・ラファロ
ヘイリー・スタインフェルド
アダム・レヴィーン
ジェームズ・コーデン
ヤシーン・ベイ
シーロー・グリーン
キャサリン・キーナー
公開2013年
製作国アメリカ合衆国


あらすじ



ミュージシャンのデイヴ(アダム・レヴィーン)と恋人のグレタ(キーラ・ナイトレイ)は、二人で作った曲が映画主題歌に抜擢されてメジャーデビューが決定。
初めて、ニューヨークにやってきた。
今までとは違う、セレブのような生活。
しかし、スターとして忙しくなるデイヴとすれ違いの日々が続くなか、彼の浮気が発覚。
夢のような状況から一転、行き場の無い孤独へと突き落とされてしまったグレタは行くあてのないまま街をさまよい、旧友であり、売れないミュージシャンのスティーヴ(ジェームズ・コーデン)の家へ転がり込む。

スティーヴは失意の彼女をそのまま放っておけず、自分が登壇する小さなバーのライヴに連れて行き、そこでグレタをステージに誘う。
浮かない表情のままステージに上がり一曲披露するが、歌は全く受けなかった。
ところが、目を輝かせたホームレス風の男、ダン(マーク・ラファロ)が近づいてきて彼女の歌を絶賛し始める。
男は自分が音楽プロデューサーだと明かし、一緒にアルバムを作ろうと持ちかける。(公式サイトより)


監督はジョン・カーニー
2006年に公開された『ONCE ダブリンの街角で』が口コミで話題となり全米で大ヒットし、インデペンデント・スピリット賞の外国映画賞を受賞。
さらにその年のアカデミー賞では主題歌の「Falling Slowly」がオリジナル楽曲賞を受賞。
『はじまりのうた』では、『ONCE ダブリンの街角で』同様、監督に加え脚本も担当している。

主人公の2人が前を向いて進む姿に元気をもらえる!


映画を観終ったら元気をもらえる映画です。
『最強のふたり』とか、『マイ・インターン』が好きな人はこの映画もきっとお気に入りになるはず。

未来への期待を胸に新しい生活を始めるも、うまくいかず挫折。
どん底まで落ちた人が、いろんな人との出会いによって前向きになっていく。

元気がもらえて、明日からまた頑張れる!を謳い文句にした映画は、主に働く女性に共感を得やすい作品ですが、『はじまりのうた』は女性視点だけでなく、男性視点でもストーリーが展開されるので男性の方でも最後まで楽しんで観られる作品だと思います。

出会うべくして出会ったグレタとダンだと思いますが、これもし2人が出会わなかったらどうしようもないじゃん!!
物語の重要なところは、出会ってからのストーリーなのですが、デイミアン・チャゼル監督の『セッション』や『ラ・ラ・ランド』も、映画の内容は違えど、人との出会いこそ全てだと感じた私としては、『はじまりのうた』でも同じような感想を持ちました。

同じ感想だから、と言ってもそこに至るまでのアプローチは映画によって全然違うんですけどね。そこが映画のおもしろいところです。

舞台はニューヨークの街角
ニューヨークの街中でアルバムを作る、というストーリーもワクワクしますね!
旅行にいったからこそ、ああここはあの場所だ!ここはあそこの近くだ!と興奮できるシーンがたくさんあり、またニューヨークに行きたい!という気持ちがむくむく湧いてきました。

音楽を通じてみんなが元気になる物語


バーでとある男女が出会う。
2人は人生の最悪の状況に陥っていた。
そんな2人が出会って、もう一度人生をやり直していく。

人生は何が起こるかわかりませんね。
ある日突然チャンスが舞い込んできたと思ったら、突然奈落の底にまで落とされることもある。
でも、いつまでも落ちているわけにはいかないのがまた人生。
そしてそういう時にこそ、素敵な出会いがあるものなのかもしれません。

最初に主人公のグレタダンが出会った瞬間を描き、そこからそれぞれがどんな人生を歩んできたか紹介する構成になっています。
本編前半はそれぞれの側のストーリーが展開されるので、ちょっとダレる感じ。
2人が出会った瞬間が繋がるそれぞれの視点のカットはとても好きです。

資金のない2人がアルバムを作るためにニューヨークで録音をするという、後半からの展開がすごく好きで、ラストまではあっという間に過ぎて行った気がします。
ありとあらゆる人脈と手法で、バンドができ、ニューヨークのいろんな場所で歌の収録が行われます。
劇中はオリジナルの楽曲がたくさん流れ、その歌詞もストーリーに沿った内容でじんと来るものがあります。
キーラ・ナイトレイ歌声も綺麗なのでじっくり聴いて欲しいところ。

アルバムの収録の合間にはグレタとダンが交流を深めたり。
「音楽を聴けばどんな人間かわかる」といって、2人がお互いの好きな音楽を聴きあいながら、ニューヨークの街を歩きまわるシーンは素敵ですね!
じんわり2人の心が混ざり合うようなドキドキするシーンでした。

グレタの人生、ダンの人生がそれぞれ新しいスタートを切るラストは、ちょっぴり寂しい気持ちになりながらも、雲がサーっと散っていくような、心が晴れ渡る気持ちになりました。

どん底に落ちたグレタとダンの出会い


前半のグレタは本当にかわいそうだった・・・
一緒に作った楽曲が映画に使われて、恋人と一緒にロンドンからニューヨークにやってきたのに、恋人は歌手としてどんどん売れていき、挙げ句の果てには浮気されてしまう。
そしてグレタは家を出ていくのですが、いや〜辛いですね。

音楽プロデューサーのダンと出会わなかったら一体彼女の人生はどんな風になっていたのか・・・
いい出会いがあって良かったですね。

ダンはダンで、過去にグラミー賞のアーティストを生み出した凄腕の音楽プロデューサーだったものの、今では鳴かず飛ばずの落ちぶれた音楽プロデューサーとなってしまい、会社のお荷物扱い。
挙げ句の果てにはクビを通告され、家族には見放されほぼホームレス状態の日々を過ごしていた。
そんな中たまたま入ったバーで、グレタの歌声を聴き、彼女の才能を見出すのです。

2人は一緒に行動をするうちにお互いのことを知っていき、友情を深め合っていきます。
お互いをさらけ出し、お互いにぶつかり合い、2人は人として少しずつ成長していく姿も丁寧に描かれています。

お?と思うようなシーンはいくつかあるのですが、2人は結ばれることはなくそれぞれの人生を再び歩んでいきます。
ハッピーエンドなはずなのに切ない、あのラストはとても良かったですね。

キーラ・ナイトレイはかわいいなあ


それにしてもキーラ・ナイトレイはかわいい!
昔からものすごくタイプだ〜と思っていたのですが、久しぶりに彼女をみて、やっぱり好きだなと思いました(笑)
愛嬌があって、とってもチャーミングです。
本作では、ちょっぴりアンニュイな感じのキャラクターを演じているのですが、徐々に明るく行動的な女性になっていくとやはり彼女の可愛らしい部分が魅力的に感じますね。
歌声も決してすごく上手だ!というわけではないのですが、素朴でクリアな感じがよりキャラクターらしさが出ていて好きです。

W主演のマーク・ラファロは、『アベンジャーズ』のハルクと『シャッター・アイランド』での演技しかみたことがなく、どちらもインテリ優男役だったので、本作のダンは今までとまったく違う役でとても新鮮でした。
「Shit」って叫びながらCDを車から投げ出したり、呑んだくれたダメお父さんを演じている彼は、結構馴染んでいて、これが役者かあと感銘を受けました。

ニューヨークの街並みにウキウキ


ニューヨークの街角、路地裏、地下鉄、屋上・・・ありとあらゆる場所でロケが行われています。
公式サイトに撮影地が紹介されているくらい、ニューヨークづくし。

古きと新しきの混じるニューヨークの街は、魅力的で、憧れますね。
ついこの前ニューヨークに旅行に行ったのですが、自分が訪れた場所がたくさん撮影でも使われていて、純粋に興奮しました。

さらに街のいたるところにある「音」を最大限に引き出しているので、ニューヨークの雰囲気が画面越しに伝わって来るんですよね。
ニューヨークが好き!という方や、行ってみたい!という方も、本編をみて思いを馳せてみるのも一興かと。

グレタがロンドンの優等生みたいな服装から、いつの間にかおしゃれなニューヨーカーのファッションになっているのも細かい演出でよかったですね。

良かった点


・元気をもらえるストーリー
・情緒あるニューヨークの街並み


観終った後、スッキリした気持ちになって、また明日から頑張ろう!って感じられるのがなによりもいいなと思った点です。
これでもかとニューヨークの風景づくしなのでニューヨークの街並みも楽しめます。

悪かった点


・前半のそれぞれのサイドストーリーがちょっと長く感じる

グレタとダンの背景は物語に厚みを持たせるために必要ですが、もうちょっとコンパクトにして後半の部分をたっぷり描いたらいいんじゃないかなあと思いました。

まとめ


人生がうまくいかなくて、ちょっと落ち込んでる人。
ショックな出来事があってなかなか前に進めない人。

そんな人に観て欲しい作品です。
映画を見終わった後は、元気がもらえて明日からまた頑張ろう!と前向きな気持ちになれます。

ニューヨークの街並みも素敵で、これからニューヨークへ旅行に行く予定の人や、すでに行ったことのある人も楽しんでみられること間違いなしです。

はじまりのうた BEGIN AGAIN [DVD]
ポニーキャニオン (2015-10-07)
売り上げランキング: 4,624

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)