えっあの作品も!?泣ける感動作からぶっ飛びコメディまで!実話を基に製作された映画オススメ16作品



コメディ、ラブロマンス、SF、ヒューマンドラマ・・・映画にはたくさんのジャンルがありますね。
映画の世界にどっぷり浸るようになって早数年、年に何作かは必ず「実話を基にした映画」を観るようになりました。
・・・というか公開されるんですよね(笑)

意識していないけど、意外とノンフィクションものの作品ってみてるな〜と思い、今まで観てきた作品をリストアップしてみるとまあ出てくる出てくる!
そこで今回は、いままでに観た「実話を基にした映画」で、みなさんにオススメしたい作品16作品を紹介したいと思います!

作品の紹介順は、モデルとなった事件・物語の年代順に並べています。
一応調べていますが、細かい年月まではわからない作品もあるので、その辺はご容赦くださいませ。

チェンジリング


チェンジリング [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 38,114


クリント・イーストウッド監督と、アンジェリーナ・ジョリーという豪華なタッグで製作されました。

1920年に起きた、「ゴードン・ノースコット事件」という連続誘拐殺人事件を基に、事件の被害者である母親に起きた悲劇を描く。
行方不明となっていた息子が発見され、帰ってきたが、全くの別人と気づいた母親は、必死に自分の息子を探し始める・・・

終始辛い内容でかなり重く、観終わった後は考えさせられる作品です。
アンジーの徐々に狂気じみていく演技力はさすが。イーストウッドらしい、仄暗い仕上がりの映像にも引き込まれます。

それでも夜は明ける


それでも夜は明ける [Blu-ray]
ギャガ (2016-02-02)
売り上げランキング: 26,596


日本人にとってはあまり馴染みのない、アメリカにおける黒人の歴史を知るきっかけになりました。

1841年に誘拐され、奴隷として売られた黒人の男性の過酷な12年間を描く。実際にあった体験記が原作で、とてつもなく残酷だった黒人差別の歴史が映し出されています。

最後の最後まで辛い状況が続くので、体力と精神力はかなり消耗されますが、力強く生きる主人公の姿には胸を打たれます
日本人として共感しづらい内容ではありますが、一見の価値はアリ。

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(2014)


イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [Blu-ray]
ギャガ (2016-12-02)
売り上げランキング: 8,459


映像の雰囲気がドラマチックで、すごく好きな映画です。

数学者のアラン・チューリングの人生に迫りながら、第二次世界大戦にイギリスで秘密裏に行われていた暗号解読の裏側を暴く。

ベネディクトの演技が素晴らしい。彼の作品は色々拝見しましたが、私はこの作品がダントツに好きです。正直、2014年度の個人的なアカデミー主演男優賞はベネディクトでしたね。(ちなみに賞を取ったのは『博士と彼女のセオリー』でホーキング博士を演じたエディ。)

第二次世界大戦に生きた孤高の天才の生涯を描く。ノンフィクション映画の傑作『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』

博士と彼女のセオリー(2014)


博士と彼女のセオリー [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-02-03)
売り上げランキング: 2,562


エディは繊細な演技がとても上手で、彼らの人間ドラマにすぐに引き込まれてしまいます。

徐々に身体が動かなくなる難病、「ALS」を患った理論物理学者のジェームズ・ホーキングと、その元妻ジェーン・ホーキングの物語。
この物語の舞台は1960年代ですが、「ALS」はいまだに原因が究明されておらず、治療薬も開発されていません。

難病に立ち向かう夫婦の愛に、涙無しではみれません
終わりに向かえば向かうほど、夫婦2人の間にも辛い展開が続いてボロボロボロボロ涙が流れます。
博士の気持ちもわかるし、奥さんの気持ちもわかる。
ラストシーンの美しさに心が一気に浄化されました。

アポロ13(1995)


アポロ13 (4K ULTRA HD + Blu-rayセット) [4K ULTRA HD + Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017-12-21)
売り上げランキング: 3,764


クライマックスで、素直に感動した名作です。

1970年に打ち上げられたアポロ13号に起きた悲劇と、あらゆる知恵を絞って最悪の事態を回避しようと奮闘する人々を、緊迫感満載で描く。
事故の全貌だけでなく、現場とNASA、そして家族、とそれぞれのドラマも丁寧に描かれています。

事故の緊迫感と恐怖が終始リアルに描かれていて、クライマックスのシーンでは、自分も一緒になって喜んだのを覚えています。
あれだけ絶望的な状況に陥っても、なんとかしてみせるという諦めない心がすごい。やっぱり宇宙に行く人、見送る人たちはメンタルが違いますね。

ブラック・スキャンダル(2015)


ブラック・スキャンダル [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-12-07)
売り上げランキング: 14,266


公開当時に劇場にホイホイされ、散々ベネディクトちょい役じゃん!ポスターに入れるほどか?と心の中で騒いだ記憶があります(笑)

ホワイティ・バルジャーという、ボストン南部のマフィアのボスだった男の生涯を描く。舞台は1970年代後半から80年代の10年間、バルジャーがFBIにいる旧友と協力してボストン南部のマフィアに上り詰めるまでが語られます。

ジョニー・デップ見た目がかなり衝撃的になっている本作。
自然な姿のジョニデに最初は違和感を覚えましたが、渋い演技も様になっていて、物語にぐっと引き込まれました。

三者三様の生き様が垣間見える。実際に起きた凶悪犯罪を映画化!『ブラック・スキャンダル』

アルゴ


アルゴ<エクステンデッド・バージョン><noscript><img src=
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-09-04)
売り上げランキング: 15,338


スリリングな展開が続き、最後までハラハラが止まりません。

1979、80年にイランにて起きた、「アメリカ大使館人質事件」を基につくられたサスペンスドラマ。
大使館がデモ隊に占拠される直前に、6人の民間人が脱出していたという情報を得たCIAは、『アルゴ』という架空の映画の撮影をでっち上げ、6人を救出しようとする。

結末は分かっているのに、いつ敵にバレてしまうんじゃないかという緊張感が、最後まで途切れない演出がすごいです。
クライマックスの空港のシーンでは、観ていてどんどん自分の息が荒くなり、脈が早まるのを感じながら、夢中になってみてました。

バリー・シール アメリカをはめた男(2017)


バリー・シール  アメリカをはめた男
VA
Rambling RECORDS (2017-10-18)
売り上げランキング: 28,422


トムがノンフィクション映画に出演するのはなかなか珍しいですね~

優秀な航空パイロット、バリー・シールが、その腕を買われCIAで運び屋として秘密裏に活躍していたという実話物語。
何がすごいって、彼はCIAには内密に、同時進行でパナマの麻薬王の元でも運び屋として活動していたんです。ジャンジャン運んでジャンジャン稼ぐ。お金はしまう場所がないほど稼いだんだとか。

ストーリーは淡々と進みますが、テンポはいいしそこまで下品じゃないので(金がらみのスキャンダル映画は大抵下品)、どの層でも観やすい作品です。
あとトムの半ケツも拝めるぞ!

アメリカ政府が隠していた嘘のような本当の話を映画化!お茶目なトムに釘付け!『バリー・シール アメリカをはめた男』

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)


ウルフ・オブ・ウォールストリート [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-11-26)
売り上げランキング: 1,595


レオ様がマーゴット・ロビーの足に踏まれるという強烈なシーンの印象が強いですかね?まあ、本編通してあんな感じのシーンしかないですね(笑)

投資詐欺とマネーロンダリングで大儲けし、90年代のウォール街を騒がせたジョーダン・ベルフォートの半生を描いたノンフィクション作品。

こういう金儲けで世間を騒がせる人たちって、頭の回転が早い。あと話術が巧みですね。頭が良すぎて、犯罪を犯罪と思ってない感じが、またある意味すごい。
悪いことしながら荒稼ぎするヤバい男たちの中でも、ずば抜けて生活が派手でイカれてます。ヤク吸ってるシーンなんかもうゾッとしますからね。クライマックスに行けば行くほどレオ様が壊れていってて、その演技には唖然としてしまうほど。

クライマーズ・ハイ(2008)


クライマーズ・ハイ [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-01-01)
売り上げランキング: 15,348


公開当時、堺雅人さん目当てで観に行ったけど、よくできたストーリーに、堺さんそっちのけ引き込まれたのを思い出します。

1985年に起きた「日本航空123便墜落事故」を基に、事故の全貌をつかもうと奔走する新聞記者を描いた物語。
当時上毛新聞社で働いていた原作者の横山秀夫氏が、実際に体験した話を基に執筆しているので、すごく描写がリアルで、事故当時の混乱と緊迫感が伝わってきます。

日航機の事故は個人的に興味があって、一時期色々な資料を読みあさっていたのですが、この作品は新聞社側の視点から事故当時の裏側が描かれていて新鮮でした。
熱い人間ドラマにも胸が打たれますし、こういう社会派な作品は、役者の皆さんの熱も感じられていいですね。

誰も知らない(2004)


誰も知らない [DVD]
誰も知らない [DVD]
posted with amazlet at 17.11.01
バンダイビジュアル (2005-03-11)
売り上げランキング: 19,932


公開当初はまだ子どもで、大人になってから観た作品です。

1988年に起きた「巣鴨子供置き去り事件」を基に、母親に捨てられた4人の子どもたちが、必死になって生きていく日々を描いた衝撃作。
こんな事件が実際に起こりうるのかと、いまだに信じられませんね。

あまりにも過酷な状況に、こんなことがあっていいのかと胸が辛くなるばかり。観終わった後は、悪い意味ではない疲れがどっと押し寄せてきました。
子どもたちの自然な演技、中でもやはり柳楽優弥の放つ存在感には目を見張ります。最近またテレビでみかけるようになりましたね。

ゴールド 金塊の行方(2016)


Ost: Gold
Ost: Gold
posted with amazlet at 17.11.01
Original Soundtrack
Varese Sarabande (2017-03-03)
売り上げランキング: 631,970


この作品はここ数年で観たノンフィクション映画の中でも、一番と言っていいほど面白かったです!

1990年代にアメリカ中に混乱を巻き起こした、巨大な詐欺事件「Bre-X事件」の実情を描く。
事件の首謀者と言われたケニー・ウェルスが、破産寸前のところから一気に巨万の富を得て、ウォールストリートのトップに上り詰めて、再び地の底へ急降下するまでがテンポ良く描かれています。

やってることは犯罪なのですが、ケニーの「金持ちになる」という、夢への情熱っぷりにカリスマを感じて惹かれちゃいますよね。きっとマイケルもそんなケニーの熱に当てられちゃったんでしょう・・・
マシュー・マコノヒー気合の入った役作りも素晴らしい!

ドラマティックな実録映画!マシュー・マコノヒーの本気の役作りに感服『ゴールド 金塊の行方』

最強のふたり


最強のふたり スペシャル・プライス [Blu-ray]
アミューズソフト (2015-06-24)
売り上げランキング: 8,212


この作品は人気が高いですよね!ハリウッドでのリメイクも決まってます。

事故で全身麻痺となってしまった大富豪・フィリップと、彼の介護役として雇われた男・ドリスの凸凹コンビが送る友情物語
ドリスは、乱暴で遡行は良くないけど、まっすぐで裏表のない性格に、徐々にフィリップも心を開いていきます。

コメディタッチで2人の友情が描かれていて、徐々にかけがえのない存在になっていく姿をみていると、とても温かい気持ちになります。
フィリップのバースデーパーティのシーンが一番好きですね!

ソウル・サーファー


ソウル・サーファー ブルーレイ [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013-12-04)
売り上げランキング: 62,236


片腕の姿はCG処理してるらしいんだけど、それを感じさせない主演のアナソフィア・ロブの演技に驚きです。

幼い頃にサメに襲われて片腕をなくした少女が、たくさんの経験と家族の支えによって、プロサーファーを目指す物語。

彼女の人生や、考え方、周りの人々の支えに勇気をもらえます。
どうにもならないケガを負って、周囲に圧倒的な差を見せつけられて、絶望的な状況となってもなお、立ち上がる彼女の姿に自分ももっと行動しなきゃなあと反省。

バーニング・オーシャン(2016)


バーニング・オーシャン [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-09-06)
売り上げランキング: 4,288


ピーター・バーグマーク・ウォールバーグがタッグを組んだ、ノンフィクション物語第1弾。

2010年に起きた「メキシコ湾原油流出事件」を基にした、パニック映画。
掘削作業が遅れていたディープ・ホライズン。遅れを取り戻そうと、安全を無視した作業を幹部が働きかけた結果、現場の作業員たちの反対虚しく、事件は起きてしまいます。

原油が流れ出してからのシーン迫力満点
最後の最後まで緊迫感に満ち溢れたカメラワークと映像演出で、体の底から恐ろしさを感じます。気が抜けない。
事件に関しては、現場と上層部の軋轢が、最悪の結末を招いてしまったなと思いました。
日本でもこういったことはよく問題になりますが、きちんとお互いに連携を取るべきですよね。

迫力ある映像と音が迫る!史上最悪の原油事故を映画化『バーニング・オーシャン』

パトリオット・デイ(2016)


パトリオット・デイ [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-11-08)
売り上げランキング: 468


ピーター・バーグマーク・ウォールバーグのタッグで送る、ノンフィクション物語第2段。

2013年に起きた「ボストンマラソン爆弾テロ事件」を基に描いた実話ドラマ。
事件が起きてから、102時間という短さで犯人を逮捕したその裏側に迫ります。

犯人逮捕に対する市民、警察、FBIの熱い思いに胸が揺さぶられます。クライマックスで犯人を逮捕するまでの瞬間の緊張感は、こちらも手に汗握るシーンの連続でした。

テロには屈しない!人々の団結力を感じた実録ドラマ『パトリオット・デイ』

まとめ


第5位:クライマーズ・ハイ
第4位:イミテーションゲーム
第3位:ウルフ・オブ・ウォール・ストリート
第2位:バーニング・オーシャン
第1位:ゴールド 金塊の行方


いかがでしたでしょうか?
悩みに悩みながら5位までランキングをつけてみました。
ストーリーよりも、演出役者の演技でランキングをつけています。
実話を基にしたストーリーとなると、どれも結末がわかってしまうというのがネックですね。
その分、脚本や演出、役者の演技に注目できて、いつもとは違った見方ができるのも面白いです。

1位はここ数年の実話映画で、一番心に残っている『ゴールド 金塊の行方』にしました。
ストーリー構成もうまいし、役者の演技も素晴らしいのでぜひ観てみてください。

最近思っているのは、アメリカのウォール街あたりでぶいぶい言わせたヤツが多すぎるので(笑)、金がらみでもそろそろ違った作品を作ってほしいですね。
そういった点では、『バリー・シール アメリカをはめた男』は金がらみの話でもちょっと違った内容で面白かったです。

実話映画の中だけでも、色々なジャンルの作品があってなかなか興味深いです。
その物語の時代背景を学ぶこともできるので、ちょっとした歴史の勉強にもなりますね。
みなさんも、映画で楽しく知識を深めてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)