ワクワクドキドキが止まらない!おすすめアドベンチャー映画まとめ12作品



ワクワクドキドキを与えてくれる、「アドベンチャー映画」

宝のありかを探す冒険物語や、謎を解き明かすミステリーチックな物語、大海原を舞台にした大冒険や、スリル満点の展開が続くノンストップな冒険物語・・・
一度観れば、忘れられないほどの興奮を感じられますよね!

今回は、私がオススメしたい「アドベンチャー映画」を、12作品紹介します!
シリーズ映画と、単品映画から選びましたよ。
王道なアドベンチャー映画から、一癖あるアドベンチャー映画を選んだので、誰が観ても面白いこと間違いなし!

グーニーズ(1985)


グーニーズ [Blu-ray]
グーニーズ [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.11.17
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 2,555


これ観ると、子どもの頃を思い出しますね。
どこいくにも、冒険、冒険の連続だったな〜

悪ガキ軍団「グーニーズ」が、海賊のお宝を見つけるために大冒険を繰り広げます。
子どもたちがあの手この手で宝のありかを見つけようとしているのが、かわいくて、応援したくなります!
どのキャラもみんな魅力的なのも、キャラ萌えとしては大変心惹かれます。

夢とか希望とか、そういったキラキラしたものがギュッと詰まっているんですよね〜
ラストは、楽しい気持ちになるハッピーエンドですし、家族で観るのもオススメですよ。

天空の城ラピュタ(1986)


天空の城ラピュタ [Blu-ray]
スタジオジブリ (2010-12-22)
売り上げランキング: 1,324


日本のアニメも、アドベンチャー映画はたくさんありますね!

宮崎駿率いる、スタジオジブリ初の長編映画。
突然空から降ってきた少女と、鉱山で働く少年が、伝説の「ラピュタ」を目指す物語。

大人になって観ても、何度観ても、やっぱり面白い!
純粋な冒険活劇で、ワクワクドキドキしますね!

ジブリの魅力の一つである、背景や、食べ物ロボット飛行機の絵がいいですよね。
音楽や演出、1シーンごとの構図も、無意識化で美しいと感じてしまいます
アニメ映画なのに、まるで実写のよう。やっぱ宮崎駿ってすごいわ。

ナショナルトレジャーシリーズ


ナショナル・トレジャー&ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 アルティメット・5-Disc・セット (初回限定) [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2008-06-04)
売り上げランキング: 69,190


「秘密はシャーロットと眠る」
ニコラス・ケイジと言ったらこの作品なイメージだなあ〜

歴史学者で冒険家のベン・ゲイツが、自分の家系が代々守り続けてきた歴史の秘密を守るため、トレジャーハンティングに繰り出す物語。
主演は、ニコラス・ケイジ

シリーズは『ナショナル・トレジャー』『ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記』の2シリーズ。
実は2作目は観たことがないんです・・・すみません。

1作目は、謎解き要素が多くて、宝のありかを目指しながら、その宝に隠された本当の秘密を知っていくというアドベンチャー映画の王道的展開。
解いても解いても次々に謎が浮かび上がってきて、ハラハラドキドキ!
言葉遊びや科学を使って謎解きをするので、つい画面に夢中になってしまいます。興味深い。

テンプル騎士団フリーメイソンがストーリーに大きく関わっているってのが、またワクワク感を掻き立てられますね〜!

トゥームレイダーシリーズ


トゥームレイダー (初回限定版) [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2002-03-22)
売り上げランキング: 16,718


今回唯一の女主人公シリーズ。アンジーが最高にかっこいい!

考古学者でトレジャーハンターの、ララ・クロフトの、冒険劇を描いたアクションアドベンチャー。
主演はアンジェリーナ・ジョリー。いやあ彼女の全盛期ですよ・・・

シリーズは『トゥームレイダー』『トゥームレイダー2』の2作品。
2018年には、アリシア・ヴィカンダー主演のリブート作品が公開予定です。

ララ・クロフトがかっこいいんですわ。アクションに目が奪われます
アドベンチャー映画らしく謎解きもあるのですが、アクションの華やかさもこのシリーズの魅力でしょう。

1作目で、ララの家へ襲撃にきた武装集団を、華麗にかわしていく彼女をみた瞬間、ドスンとハートが射抜かれました。
特にカーテンを使って敵をかわしていく姿は、自分の部屋で真似するほど記憶に残っています。(もちろんカーテンは破けて、母に怒られました。)

二丁拳銃バイクを使ったアクションもたまらないですね!
ああ、あんなに強くて賢くてたくましい女性になれたら・・・
ララ・クロフトと、『ターミネーター2』サラ・コナーは永遠の憧れです。

センター・オブ・ジアースシリーズ


センター・オブ・ジ・アース [Blu-ray]
ギャガ (2015-12-23)
売り上げランキング: 57,363


どうみても主人公が『ハムナプトラシリーズ』のリックにしかみえないんですよね(笑)
ちなみに中の人は同じ人なんですよ。
この作品は、ブレンダン・フレイザーが、主演とプロデュースを兼任しています。

シリーズは、『センター・オブ・ジ・アース』『センター・オブ・ジ・アース2』の2本が作られています。

ですが、こちらも2作目を観ていません・・・
ドウェイン・ジョンソンが主演なので、気になるんですよね。
今回は、1作目だけ紹介します。

1作目は、ディズニーシーにもあるアトラクション、「センター・オブ・ジ・アース」の元となった小説『地底旅行』を映画化。
地質学の研究をしている主人公が、失踪した兄を探すために、地底探検へと飛び出します。

公開当時は、全編3D映像を使っているということで話題になっていました。
今観るとうーん?と思ってしまいますが、クライマックスの地底から脱出するシーンは迫力があってお気に入りのシーンです。

ハムナプトラシリーズ


ハムナプトラ ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-11-02)
売り上げランキング: 3,597


アドベンチャー映画の中で、私がいちばん好きなシリーズです!

エジプトや中国などの古代文目に隠された、謎や逸話を解明し、蘇るかつての王や皇帝たちと退治するアクションアドベンチャー。
主演はブレンダン・フレイザー

シリーズは『ハムナプトラ/失われた砂漠』『ハムナプトラ/黄金のピラミッド』『ハムナプトラ/呪われし皇帝』の3作。
最初の2作はエジプトが舞台で、3作目は中国が舞台となっています。

エジプト文明好きの母が、昔からよくVHSを観てまして。何度も観させられているうちに、すっかり私もシリーズの大ファンになりました。
古代エジプトの文明や歴史のロマンが、たまらない!

そして主人公たちだけでなく、悪役が魅力的なのもいいですね
イムホテップもスコーピオン・キングも悪役なのにかっこいい!

あとシリーズで忘れちゃいけないのが、スカラベ(笑)
ものすごい強烈な印象を残しますよね。気持ち悪さ爆発です。

1作目の公開当時は、VFXの黎明期。今観ればそりゃお粗末なものですが、当時は全編にVFXを取り入れた作品としてかなり話題になりました。
1999年のVFXといえば、そう、『マトリックス』の公開年でもあります。ここから映画は一気にVFX、CGの時代へと進んでいくのです・・・

というわけで、あまり3作目はハマらなかったのですが、1作目と2作目が最高に面白いので、全然オッケーです。

インディ・ジョーンズシリーズ


インディ・ジョーンズ コンプリート・アドベンチャーズ [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012-09-14)
売り上げランキング: 1,045


アドベンチャー映画といったらやっぱりこれでしょう!

考古学者のインディアナ・ジョーンズの数々の冒険劇を描いた大人気シリーズ。
主演はご存知、ハリソン・フォード

シリーズは『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』の全4作です。

まさに冒険活劇を体現した作品で、古い歴史にまつわる言い伝えや謎を、インディが敵に追われたり追い詰められたりしながら(笑)解き明かしていきます。

1番を選ぶのに悩みますが、1作目か3作目かな・・・(選べてない)
1作目は、若干ホラー要素を感じるのがいいですよね。

アークが開いて、周囲の人々を溶かし尽くすシーンがあるのですが、トラウマ級に怖かったですね。
あれは実際に役者の蝋人形を作って、溶かしながら撮影したんだとか。CGがない時代の撮影の工夫はなかなか興味深い。

3作目は過去の話。若きインディが失踪した父を探しに行きます。
相変わらず冒険しつつも、親子の絆やインディの少年時代を描いていたりと、キャラクターにフォーカスした作品でもあります。

父親役にはショーン・コネリー、少年時代のインディにはリバー・フェニックスと、共演者も超豪華。リバー・フェニックスやっぱ素敵だわ~

ナイトミュージアムシリーズ


ナイト ミュージアム ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2016-11-05)
売り上げランキング: 11,396


舞台となる場所は博物館の中と狭いですが、これもまあ冒険ものかなと判断し、エントリーしました!

博物館を舞台に、主人公の警備員と、夜になると動き出す展示物たちが活躍する物語。
主演は、ベン・スティラー

シリーズは、『ナイト・ミュージアム』『ナイト・ミュージアム2』『ナイト・ミュージアム/エジプト王の秘密』の3作。

博物館の展示物が実は生きていたら・・・考えるだけで、ワクワクする設定ですね!
このシリーズは、全作通してどれも面白いです。

主人公のラリーもいいキャラしてますが、博物館の展示物たちもなかなか魅力的。モアイとかね。
私はカウボーイとルーズベルトが好きです。ロビン・ウィリアムズは本当に良い役者でしたね。

ジュラシック・パークシリーズ


ジュラシック・パーク DVD コンプリートボックス(初回生産限定)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-02-24)
売り上げランキング: 14,315


このおっそろしい恐竜映画を、忘れちゃいけない!

人間によって蘇った恐竜たちが、人間に襲いかかるパニックアドベンチャー。
主演は、シリーズごとに異なります。

シリーズは、『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク2』『ジュラシック・パークⅢ』『ジュラシック・ワールド』の4作。
2015年に公開された、シリーズ14年ぶりの新作『ジュラシック・ワールド』は大ヒット。2017年現在、続編を製作中です。

どの作品も、大抵後半は、アドベンチャーすっ飛ばして、迫力満点のスリルサスペンス状態になっちゃいますよね。
このシリーズは4作とも好きだな〜
やっぱり、ストーリーや演出の王道さ、恐竜の迫力や恐ろしさは1作目が好きかな。

最新作の4作目は、恐竜たちのCGも進化していてすごいのですが、1作目の恐竜の演出もすごいですよね。ぬいぐるみを使っているのに、まるで本物のようなリアルさが上手く表現されています。

キング・コング:髑髏島の巨神(2017)


キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-07-19)
売り上げランキング: 197


ど迫力のキング・コングに圧倒される!

キング・コングと調査団の壮絶な激闘を描いた、大迫力アドベンチャー!
主演はキング・コングといってもいいのではないでしょうか・・・
メインキャストには、トム・ヒドルストンブリー・ラーソンサミュエル・L・ジャクソンと豪華な役者が名を連ねています。

キング・コングといえば、エンパイアステートビルに登っているイメージが思い浮かぶでしょうか。
今回の作品は、キング・コングがいるという島へ、調査のために主人公たちが踏み入れてしまい、結果キング・コングの怒りに触れてしまうというストーリー。

触れてはいけないものには、触れるべきではないということをまざまざと感じさせられます。
もののけ姫に似たような雰囲気を感じます。

2017年の作品なので、CGの完成度もすごいんですよ!
キング・コングの毛並みや瞳、鼻などの細かい部分まできれいに作られているんです。
ぜひクオリティの高い映像にも注目してくださいね。

キング・コングや怪物が大暴れ!迫力満点の映像を是非劇場で『キング・コング 髑髏島の巨神』

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ


パイレーツ・オブ・カリビアン:ブルーレイ・4ムービー・コレクション(期間限定) [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2017-06-21)
売り上げランキング: 2,657


デケデンデンデケデンデンデケデンデンデケデデン!♪
このシリーズは私にとって、青春時代を代表するシリーズです。

ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」をもとに、海軍や海賊たちの大冒険を描いた人気シリーズ。
主演はジョニー・デップ。

シリーズは『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の5作。
このあとも続編が控えているようですが、製作は難航しているようですね。

海軍と海賊たちの冒険、戦い、ワクワクしますね!
海賊って日本人としてはあまり馴染みがないのですが、それでもジャックやウィル、エリザベスのキャラクターはとても魅力的でした。3人の関係性も面白いですよね。
3人だけじゃなく、個性豊かなキャラクターたちはたくさんいて、キャラ萌え属性のある私としては楽しいばかり。

最新作の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』で、久々にシリーズ復帰しましたが、やっぱりあの3人が、ごたごたやってるのが好きだな〜

クライマックスに繰り広げられる、船の上での乱闘も盛り上がりますよね!
画面がわっちゃわちゃするのがたまらない。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』では、戦場での乱闘騒ぎの中で、ウィルとエリザベスが結婚式をやっちゃうんです。シリーズを重ねて、荒々しい性格へと成長してく2人。
ちなみに牧師役は、キャプテンバルボッサ。
バルボッサもね〜いい男なんですよ・・・(泣)

キャラクターたちの衣装も、こってて素敵。
イギリス海軍の衣装って、なんであんなにかっこいいの〜!

6年ぶりにジャックたちが帰ってきた!迫力満点でド派手な演出にワクワクドキドキ!『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

スイス・アーミー・マン(2017)


スイス・アーミー・マン
アンディー・ハル & ロバート・マクダウェル
Rambling RECORDS (2017-09-13)
売り上げランキング: 21,723


シュールで不思議な冒険物語です。

自分の人生に嫌気がさして、海へと飛び出た主人公が、孤島で出逢った「死体」を連れて、2人でサバイバルを繰り広げる奇妙な物語。

主演はポール・ダノと、ダニエル・ラドクリフ
ダニエル・ラドクリフは、まさかの死体を演じています。

正直、かなりシュールでブッとんだ演出が多いので、好き嫌いが分かれる作品です。
まず死体が生き返るし、死体から出るオナラで主人公は海を移動するんですよ。
さらに死体は口から水を出したし、喋ったりと、なんでもやってのける!

王道のアドベンチャー映画が好きな人は、観てもポカーンてなって終わると思います(笑)
実際、映画館で観たとき、ラストに目をまんまるくしたものです
まあ嫌いではないですけどね、あの終わり方も。よくやったと言いたいです!

遭難男と死体の青春サバイバル!下ネタとオナラが生きる素晴らしさを問う『スイス・アーミー・マン』

まとめ


第5位:キング・コング:髑髏島の巨神
第4位:パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ
第3位:インディ・ジョーンズシリーズ
第2位:トゥームレイダーシリーズ
第1位:ハムナプトラシリーズ


1位はぶっちぎりで『ハムナプトラシリーズ』です。
う〜ん、いや『トゥームレイダーシリーズ』も捨て難い。でも『ハムナプトラシリーズ』には、アドベンチャー映画という素敵なジャンルを教えてくれた恩がありますんでね・・・

正直『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』『ホビットシリーズ』も入れるか悩んだんですよね〜

2シリーズとも、ファンタジーとアドベンチャー、どちらの要素もありますよね。私はファンタジー要素の方が強いかなと思ったので、今回はリストから外すことにしました。

アドベンチャー映画って、ファンタジーや、SF、アクションなど色々なジャンルが合わさっていることも多いので、ジャンル分けが難しいですね。
『パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ』を調べた時も、「アドベンチャー・ファンタジー映画」って出てきて参っちゃいました。確かにファンタジーな部分もあるな〜・・・(笑)

ここにない作品で、みなさんの「これはアドベンチャー映画だろうよ!」という作品がありましたら、ぜひ教えてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)