一つの事件に取り残された人々の想いが胸に突き刺さる。濃厚サスペンス『64-ロクヨン- 後編』

『64-ロクヨン- 後編』観に行ってきました!
前編が気になる終わり方だったので、ワクワクしながら公開まで待ってました〜

64-ロクヨン-(後編)

映画初日満足度ランキングも1位を獲得したということでおめでとうございます!

あらすじ



佐藤浩市はじめ、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、永瀬正敏、三浦友和ら日本映画界を代表する豪華キャストが結集し、「ヘブンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久監督のメガホンで、ベストセラー作家・横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編。
昭和64年に発生し、犯人が捕まらないまま迷宮入りした少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生。犯人は「サトウ」と名乗り、身代金2000万円を用意してスーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなど、事件は「ロクヨン」をなぞっていたが……。
後編は原作とは異なるラストへと向かっていく。(映画.comより)


原作は「クライマーズ・ハイ」などの横山秀夫です。
ラストは原作とは違うんですね。



前編の感想です。

感想


期待通りとてもよかったです。見応えあり。
今年になって上映された邦画の中でもナンバーワンと言っても過言ではないくらい良い出来だったと思います。

主人公の三上だけでなく、作中に出てくる登場人物それぞれの心理描写がバランスよく描かれていて、濃厚でずっしりした人間ドラマに浸れました。
私は雨宮にすごく感情移入してしまいましたが、これは観た人それぞれが違う人に同情したのではないですかね。

そしてやっぱり三上の捨てきれない刑事魂が爆発してしまいましたね。ラストは私はダメだろう〜と思ってしまったのですが、もし自分が当事者だったら荒ぶっちゃう気持ちもわかりますね。

冒頭に多少前編の映像も流れますが、前編の内容が劇中に説明されることはないので必ず前編を観てから行くべきですね。

「64(ロクヨン)」に関わった人々の想いが交差した新たな事件


前編のラストからそのまま後編は始まります。
17歳の少女が誘拐される事件が勃発。犯人の要求が「64(ロクヨン)」の事件と同じで三上は驚きます。
三上は報道官として、前編で誓った報道官たちとの約束を守るために単身で事件の捜査に乗り込みます。

当時同じ捜査に当たっていた松岡に頼み込み、捜査車両に乗り事件を追っているうちに、とんでもない事実に気がつきます。
犯人は思いもよらない人だった!三上は驚き、今回の誘拐事件の真相と共に、「64(ロクヨン)」の事件の真相も発覚するのです。

涙ながらに捜査の中止を訴える三上もよかったけど、このシーンの時の三浦友和よかったな〜
「この捜査車両は、ロクヨンの指揮を取っている!!」
迫真の演技でした。

三上は今回の事件が起きたことで改めて一人一人にそれぞれ人生があって、家族がいるんだということを知り、自分も自分の人生・家族と向き合おうと心に誓い、奥さんと夜空を見上げるのでした。

それぞれの視点から見た「64(ロクヨン)」


前編は三上という人間を掘り下げながらストーリーが進んでいきましたが、今回はロクヨンに関わる人々の心の描写が細かく丁寧に描かれていました。

特に殺された娘の親、雨宮の14年を思うと虚しくなりますね。なんだか他人事ではない気持ちになりました。
雨宮は唯一犯人の声を聞いていて、その「声」を頼りに14年間、ひたすらタウンページを頼りにあ行から順に電話をかけ続けていました。14年間毎日、雨の日も風の日も。
一軒一軒電話をかけながら声を確認してるシーンを見ているうちに私が途方に暮れてしまいました。

今回の誘拐を実行した共犯者の中には当時のロクヨンに関わっていた人物もいて、その人はその人で昭和最後の7日間に取り残され、なんとか事件を解決したいという一心が伝わってきました。

三上の激情が溢れ出るラスト


そんなロクヨンに関わる人々の心理描写も素晴らしかったのですが、やはり最後は三上の見せ場でしたね。

三上は犯人を追い詰め、対峙します。
その間に犯人の現在の生活も明らかになるのですが、すでに家庭があり事件を実行した当時、2歳の子どもがいたのです。

「お前にも家族がいたんだろ!なんで殺したんだ!」という三上の問いに、犯人は衝撃の返答をします。
私も観ていて一番憤りを感じましたね。犯人に同情する気持ちは1ミリも湧かなかったですね〜
ただこの後の三上の行動には賛成できませんでした。それは警察で働く人間として、元刑事として、やってはいけないなあと理性的に眺めてしまいましたね。映画としては一番の盛り上がりを見せるシーンなのですが(笑)、ちょっと冷静になってしまいました。

すべての役者に乾杯


こんなに色々考えさせられる気持ちになるのは、ストーリーに加えて役者陣の熱演があってこそだと思います。
この人!っていう突出したのがないんですよ。すべての出演者が同じくらい素晴らしい。
仲村トオルなんか、以前観に行った『さらば あぶない刑事』では先輩に振り回されるナヨナヨした後輩だったのに、ロクヨンでは渋くて厳格なキャラクターになっていてびっくりしました(笑)

決して情熱的ではない。けれど、静かに感情を高ぶらせる。舞台とはまた違った映画というジャンルでこそ光る演技に魅了されました。

まとめ


これぞ邦画だ!と声を大にして言いたい素晴らしい作品です。
前後編濃密で、特に後編は前編の伏線が回収され真相に迫るので、観ていてスッキリもします。

恐らく原作だとこのシーンはもっと詳しく書かれているんだろうな、と思うシーンがいくつかあったので、小説を読んで比較してみるのも楽しいかもしれませんね。

64-ロクヨン-後編 通常版Blu-ray
TCエンタテインメント (2016-12-09)
売り上げランキング: 2,389

64-ロクヨン-前編/後編 豪華版Blu-rayセット
TCエンタテインメント (2016-12-09)
売り上げランキング: 1,124

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)