失った愛を殺し、そして007になる。これぞボンド!『007 慰めの報酬』

007 スペクターを観に行く前に、予習として「007 慰めの報酬」を見た時の感想です。

20151012214848

007/慰めの報酬 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-10-07)
売り上げランキング: 406


あらすじ



愛する人を失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を追及するうち、新たな悪の組織の陰謀を知る。それは謎の組織の非情な男、ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にして、世界を支配しようとするものだった。


前作「カジノ・ロワイヤル」からの続編。

ヴェスパーの仇を討つため、彼女を陥れた組織を探すボンド。
組織の実態を知るうちに、CIAやイギリス政府も関わっている莫大な資産の取引の実態を知り、阻止しようと任務をこなしていくお話。

続編、というのは007シリーズでは初の試みなんだとか。
時間軸は前作の終わりからそのまま続いていて、ホワイトを捕獲してMの元へ連れて行くところから始まります。

感想


やーーーかっこいいじゃないのボンド!

カジノ・ロワイヤルからは考えられないくらい冷静に、冷酷に
すっかりやばいやつになってましたね。
私は慰めの報酬の方が好みでした。
やっぱり探り合ってる映画より、単純にドンパチやりあってる作品が好きなのかもしれない…。
手の内を考えなくて済むしね(笑)

罪を許す、罪から許される、という前作から抱いているボンドの奥底にあった心情が描かれているのもよかったです。

そして最後に007として本人も自覚を持ち、ようやく組織にも認識してもらえる、原点回帰というポイントもしっかり組み込まれています。

1分たりとも見逃せない!アクション&カーチェイス


やっぱり007には欠かせない要素ですよね!

映画が開始した瞬間から激しいカーチェイス。
そして銃撃戦。
車がベッコベコになってるんですけど。

いやーやっぱお金かかってる映画は違いますね〜。
その車いくらするんだろうって数が大破し路上に転げまわってる。

最初のカーチェイスから逃れたボンドの車もドアがなくなっちゃってるし…その状態でなんで運転できるの??

船の上でもドンパチやって、輸送機借りてからもドンパチやって。
それで無傷なんですから…どういう身体の構造してるの(笑)

傷を負ったボンドガール


ボンドが潜入先で出会った「カミーユ」も復讐のためにグリーンの仲間を追っていたのですね。

意志の強そうな瞳がかっこよかった。
最後に仇を討つシーンは胸にグッときますね。

またボンドに協力したフィールズは、グリーンに殺されてしまうのですが、石油まみれで死んでいるのです…怖い。
これは「007 ゴールドフィンガー」作中の、ジル・マスターソンが(ゴールドフィンガーの愛人をボンドが横取りするのだ!)金粉塗れにされ殺されてしまい、ベッドに捨てられていたのをモチーフにしているようです。

ボンドと肉体関係を持って彼に協力した女性は、それ故に殺されてしまう恒例の流れなんだそうで…007シリーズは全編通した「お約束」が結構多いので、いずれ全作みたいですね〜。

シリーズ最多の海外ロケ


今作は全部で6カ国での撮影が敢行され、これはシリーズで最多なんだとか。
それ故にあちこちでトラブルがあったそうで、ボンド役のダニエル・クレイグも8針を縫う大怪我をしてしまったのだそう。
アクション映画は見る方は興奮して楽しいですが、撮る側は命懸けで大変ですね…ご苦労様です。

まとめ


ようやくヴェスパーの敵討ちもできて、007としての自覚も持つ。
感情に流されず、確実に任務を遂行するクールなボンドへと成長していく様を見られました。

ここからスカイフォールスペクターと繋がっていくのですね。
骨太なダニエルボンド、渋くて素敵です。

「喉が乾いたら飲め。」


007/慰めの報酬 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-10-07)
売り上げランキング: 406

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

YOU MIGHT ALSO LIKE

シェアしていただけると励みになります!

フォローはこちらから!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)